高田修太さんの2012年4月分奨学生レポート

本稿を執筆現在、4月中旬であり、既に今学期も残すところ3週間程度となってしまいました。今回の奨学生レポートは今学期の講義を中心にご報告させていただきます。

その前に、実は今学期にアメリカで大病を患い、救急車で運ばれ入院をしてしまったことをご報告いたします。本当にこの度は多くの方にご迷惑をかけ、ご心配をおかけしてしまったことをこの場を借りてお詫びいたします。同期の他の奨学生3名は勿論、現地の方々をはじめ、日本からもたくさんの方にご協力いただきました。本当にありがとうございます。

2月の後半あたりから次第に体調が悪くなりはじめ、高熱を発し寝込んでいたのですが、ある日の早朝、急に発作を起こしベッドから落下していたようで、それに気づいたルームメイトが救急車を呼んでくれ、およそ1週間大学近くの総合病院に入院しておりました。救急車で運ばれている間や入院はじめの2日は意識がなくほとんど記憶がないのですが、多くの友人がお見舞いに来てくださったようです。何しろ人生初の救急車と入院だったため、それに対する驚きや医学用語が英語でわからないという焦りで、とにかく入院中はわけがわからなかったのですが、全身管を通され薬を飲まされるがままに治療を受け、無事退院いたしました。退院後も1ヶ月ほどは具合が悪く、講義にも出席できない状態で留学生活に1ヶ月のブランクを空けてしまったわけですが、その間も多くの友人やイリノイ大学の日本人の皆さんが助けてくださり、なんとか快復いたしました。現在はなんの支障もなく授業に参加しております。ただ、1ヶ月のブランクは、アメリカの大学ではかなり致命的で、提出していないレポートや宿題が山のようにあり、キャッチアップが相当大変なことになっています。正直なところ、全て完璧にキャッチアップするのは無理だと既に割り切り、TA(Teaching Assistant)や友人に泣きつきながら必死に食らいついているところです。アメリカ人の友人が「1ヶ月休んだら俺ならセメスターオフ(=今学期はキャンセル)にするね」と言っていたのがよくわかります。受けなかった試験などについては考慮されるのですが、そうはいっても1ヶ月講義を受けていないので、ついていくのがかなり困難なわけです。彼らはGPAがとても重要ですからね。それでは、現在泣きつきながら取り組んでいる講義の紹介です。

【今学期の講義】

・CEE 573 Structural Dynamics II

こちらは大学院の講義です。1学期に履修したStructural Dynamics Iの続きとなる講義なのですが、難易度は圧倒的に上がっており、1ヶ月のブランクも相まってひいひい言っています。TAがこちらの事情を考慮して、レポートに締め切りを設けないでくれていますが、休んだ分の量は相当で黙々とこなす毎日です。学期末までに終わらない気がしてなりません。講義内容自体は、地震動や人間によって与えられる構造物への振動による応答の解析で、より実践的な内容になっています。実際に実験室で揺動テーブルを使い模型に振動を与えた結果を解析したり、パソコンでシミュレーションをしたり、と私自身の研究にもかなり関連した内容になっており、難しいですが楽しく取り組んでいます。ちなみに、そういった実験で使う地震動データは阪神大震災をはじめとする日本の地震データもあり、日本が地震大国であることを実感させられます。

・ECE 486 Control Systems

イリノイ大学は、「制御」という分野で世界トップです。そのトップを率いる本大学でその分野を学ぼうと思い本講義を履修しました。私自身の研究にも「制御」がかなり関わっているという理由もあります。このクラスはECE(Electrical Computer Engineering)の学生にも相当きついクラスということで有名で、実際とてもきつく、病気のブランクを埋めるのは不可能、と諦めました(苦笑)講義に加えてラボがあり、ラボの事前レポート、事後レポート、そして講義の宿題、とトリプルパンチを毎週食らっており、提出できなかった分をカウントして絶望感にうちひしがれたからです(笑)宿題自体の難易度は非常に低いのですが、ラボがとても難しく、大学院生のラボパートナーとTAにいつも助けてもらいながらカリキュラムをこなしております。ラボのファイナルプロジェクトとして、振り子の制御の課題があります。振り子をコントロールすることで、180度回転したところで安定させる、という制御に挑戦しています。

・CS 105 Introduction to Computing with Application to Business and Commerce

こちらは、Microsoftのソフトで使用可能なプログラミング言語Visual BasicやデータベースであるSQLを扱うクラスです。大人数講義で、毎回パワーポイントを使用したクラスで非常に講義自体は退屈なのですが、宿題が実際に自分でプログラムを書いたり読んだりするために非常に面白いクラスと言えます。ただ、100番台のためにまわりが1年生や2年生の学生が多く、全くついてこられていなかったのか、中間テストの平均点が絶望的に低くてものすごく驚きました。先生も驚いたようで、敗者復活戦のような、間違った問題を提出したらスコアバック!みたいなCrawbackという制度を急遽設けており、これにも驚かされました。YouTubeの発祥地と呼ばれるイリノイでComputer Scienceのクラスを取れたことも、ちょっとだけ嬉しいなと思っています。

・CEE497 Independent Study(引き続き研究)

研究グループでの自分の研究に関する単位認定です。現在最終的に提出するレポートを執筆しているのですが、幾分「理系的な」レポートを英語で書くのが初めてのため、大変苦労しております。所属していた研究グループでは多くの事を学ばせていただきました。同僚の大学院生とのパーティや共に夜遅くまで宿題に取り組んだ日々も良い思い出です。日本での研究室活動より先に、アメリカで研究活動を体験したため、ちょっと変わった理系学生としての経験を詰めたのかなと思っております。帰国後は卒業論文を書くため、こちらでの経験を活かして残りの学部生生活を送ることができればと思います。

また、2月上旬にはイリノイ大学のCivil Engineeringの学部の3つの研究グループ合同で合宿をし、研究発表等を楽しみました。

takada_201204_011.jpg

【アメリカの病院について】

せっかくなので、アメリカの病院で体験したことについて、少しだけお伝えさせていただきます。

まずは、医学用語に大変苦しめられました。内臓の名前や身体の部分の英語名をはじめ、症状や薬の効能などまで、とにかく普段は使わないようなボキャブラリーばかりで、たった1週間の入院期間にも関わらず、相当数の医学用語を覚えてしまいました。退院後も病院との電話がかなり多くそこで覚えた用語を発揮する機会もあり、しばらくそういった言語漬けの日々でした。

それ以外にも、驚いたことはたくさんあります。例えば、病院食です。病院食というと、少し素っ気なく、身体に優しそうな食べ物というイメージがあったのですが、こちらはスパゲッティやハンバーガーまでもメニューに存在し、「そんなもん病気の時に食べるわけないでしょ!」と思いながら試しにスパゲッティを注文したらアメリカ的な量で提供されて当然残しました(笑)

集中治療室に入っていたため、常にナースが待機していたのですが、かなりの頻度で注射や薬を投与されていました。日本で入院したことがないのでわかりませんが、とても対応は親切で、大変お世話になりました。また、アメリカの医療費は相当高い、ということで有名ですが、加入していた留学生保険のおかげで全てカバーされたため、自己負担は一切ありませんでした。しかし、送付されてきた請求書を見て愕然としました。救急車は、1000ドル程度だったのですが、その他の医療費、全て込みで数万ドルです。信じられませんね。アメリカの平均学費2年分くらいでしょうか…(苦笑)これからの奨学生の皆さんは民間の保険会社に加入してから留学をすることを強くお勧め致します(笑)

takada_201204_02.jpg

余談ではありますが、今年のイリノイは近年稀にみる暖冬だったようで、3月の時点で25℃超えの日も少なくありませんでした。そのせいか、日本館近辺に植えられている桜の木も3月半ばには満開になり、例年よりも相当早い開花となったようです。日本館では先代の館長の郡司先生に大変お世話になり、春休みの間は桜も楽しませていただきました。春休みは、授業のキャッチアップをしなくてはならなかったためにキャンパスに滞在していたため、幸運にも満開の時期に鉢合わせまして、とても美しい桜を見ることができてよかったです。

takada_201204_03.jpg

次回は、こちらでお世話になっている日本館の話や、期末試験等の話についてお伝えできればと思います。残り少ない留学生活ですが、楽しんでいきたいと思います。

高田修太さんの2012年1月分奨学生レポート

 

早いもので既に第二回のレポートの時期となってしまいました。前回のレポートでは、主に「生活」と「講義」について書かせていただきましたが、今回は前回カバーできなかった「試験」や「休暇」について書かせていただこうと思います。

 

本題に入る前に、宣伝になってしまいますが、現在、米国大使館後援の下で、別のブログを書かせていただいています。留学に興味をお持ちの方、小山八郎奨学制度に興味をお持ちの方など、楽しんでいただける内容を書くよう心がけておりますので、以下のリンクを参照していただければと思います。

 

 

 

http://blog.livedoor.jp/educationusa/tag/%E2%80%9CShuta%E2%80%9D

 

特に反響を頂いた記事は、留学時の経済的事情に関してのものです。学費や生活費など、アメリカは物価が安い国ではないため、やはりそれなりにかかってしまうとは思います。(ですが、勿論当奨学制度は学費は免除ですから、圧倒的に安価に済んでいると思います。)その件だけでなく、他にも色々と書いているので、是非ご覧ください。なるべく、奨学生レポートとの内容重複は避けております。

 

 

 

<講義・試験について>

 

さて、先学期に履修した講義は以下の通りです。

 

CEE472 Structural Dynamics

 

ECE310 Digital Signal Processing

 

SHS120 Children, Communication, & Language Ability

 

CEE497 Independent Study

 

(・ENG360 Lecture in Engineering Entrepreneurship

 

講義内容は前回の奨学生レポートに書かせていただきましたので、試験内容などに言及したいと思います。

 

ENG360に関しては、期末試験を受験したくなかったため、途中でDropしてしまいましたが、聴講はしていました。詳しくは前回のレポートを参照していただければと思います。

 

 

 

CEE 472 Structural Dynamics

 

 こちらのクラスは、中間試験・期末試験がありました。この他に毎週の宿題が成績に加味されます。中間試験は非常に出来が良かったのですが、期末試験では他の科目との関係で学習に時間が割けず、満足行く結果にならなかったことが残念です。試験内容は、初見の系から運動方程式を立て、振動のインプットを与えられたときのアウトプットを求める、といったものや、地震の応答などです。

 

ECE310 Digital Signal Processing

 

 この講義は昨年までECE410で、今年から数字がダウングレードされたものでした。ですが宿題内容等は一切変わらず、宿題の量・質共に一番苦しまされたクラスでした。2週間に1回ある小試験と期末試験が総合で評価されるのですが、期末試験の量が尋常でなく、3時間の制限時間をフルで使うことになってしまい、最後まで苦しんだ科目となりました。(なんと、大問が20個以上…。)

 

SHS120 Children, Communication, & Language Ability

 

 こちらの試験は、中間試験を2回、期末試験が1回というもので、全てマークシート形式でした。50問の選択肢問題であり、そこまで真面目にやらなくても、平均点以上が取れるような非常に簡単なテストでした。その他には途中のレポートや、課題図書を読んだ感想や分析等がありましたが、やはり1・2年生向けの授業だけあって、それなりの負荷でした。

 

CEE497 Independent Study

 

こちらは講義ではなく、研究です。現在、こちらの大学ではSmart Structure Technology Laboratoryという研究室に所属しており、オフィスを使わせていただいています。毎週、この研究グループのミーティングに参加して研究内容をプレゼンテーションする他、別の日に自身の研究に関するミーティングを大学院生と共に行っています。講義の課題に追われてなかなか自分の研究を進めることができないことが多く大変もどかしいのですが、なんとかアメリカでも研究生活をエンジョイしています。研究室グループのメンバーとは、週末のパーティをしたり、一緒に勉強をしたり、と仲良くやっています。

 

現在はリアルタイムハイブリッドシュミレーションというものを研究しています。「制御」の分野を勉強する必要があるのですが、自分にバックグラウンドがなかったため、こちらもなかなか思うように進まず、自分の力不足を強く感じる毎日です。

 

 

 

 

 

また、今学期は以下の講義を履修しています。

 

CEE 573 Structural Dynamics II

 

ECE 486 Control Systems

 

CS 105 Introduction to Computing with Application to Business and Commerce

 

CEE497 Independent Study(引き続き研究)

 

 

 

先学期は非常に座学が多かったため、今学期はLaboratoryのクラスのあるものを受講することにしました。はじめは4つ履修していたのですが、友人や先輩に、Laboratoryのあるクラスを4つは不可能だと言われ、さっそく1つDropしてしまいまして、現在の履修状況になっています。CEE573に関しては、大学院、ECE486に関しては院・学部共通講義ということで、大学院生の中に混ざって勉強をさせていただいています。彼らは僕と違い、大学入学時からその分野を学んできているため学習歴に3年くらいの差があり、Laboratoryのクラスなどでは非常に助けられる場面が多いのは事実なので、より精進しなくてはと思っております。詳しい科目内容については、試験等と併せて、次回の奨学生レポートにて報告させていただきます。

 

 

 

<休暇について>

 

学期中、間に1回は長期休暇があります。夏学期はサンクスギビング、冬学期は春休みといったものです。1週間以上の休暇で、かつ寮には住めなくなる(院生向けのShermanなどは住めるのですが、学部生向けの寮は追い出されてしまいます)ため、旅行せざるを得ませんでした。サンクスギビングでは、はじめはセントルイスに友人と行き、その後シカゴ郊外にあるアメリカ人ルームメイトの家にお邪魔し、アメリカならではのサンクスギビングを楽しむことができました。そこで頂いたターキーは今まで食べたターキーで一番おいしいと思えたほどで、大変楽しい時間を過ごすことができました。また、セントルイスは、非常に治安が危ない街ということで不安だったのですが、思ったほど治安は悪くなく、名物である巨大アーチを観光し、ビール醸造所でビールを飲みまくる(無料!)ということを体験し、休暇を満喫しました。その後は、シカゴ郊外のアーリントンハイツに住む友人の家に1泊しました。アーリントンハイツは日本人が多く住んでいることで有名で、Mitsuwaという日本のスーパーマーケットや日本人医者のいる病院、ヘアサロンなど、非常に日本人が住みやすいエリアです。そこで久々に髪をカットし、日本食も堪能しました。休暇の最後では、シカゴのダウンタウンへ行き、奨学生である中村さんと共通のアメリカ人の友人たちと観光をしていました。過去、日米学生会議というプログラムに参加した際の友人だったのですが、当時を思い出し非常に楽しい時間となりました。

 

 

 

(写真1:シカゴのマリリン・モンロー像で友人と)

 

(写真2:セントルイスの有名なアーチとCity Hall

 

 

 

また、サンクスギビング前ではあるのですが、インディアナ州のパデュー大学と、ボストンにも行ってまいりました。パデュー大学と言えば、近年ノーベル化学賞を取った根岸英一先生のいらっしゃる大学で一時期有名になったかと思います。今回は研究に関するカンファレンスに連れて行っていただきました。ここでは本当に自分の未熟さを感じ、悔しい思いをしましたが、更なるモチベーションにもつながったと思います。

 

ボストンでは、有名なボストンキャリアフォーラムに参加し、ハーバードの友人を訪問しました。久々に会う友人たちとのひとときは大変楽しいもので、課題に追われて疲れている日々での大事な息抜きとなりました。

 

 

 

<その他>

 

最近は、学期初めで比較的課題も少なく、空いた時間にジムに通っており、体力作りに励んでいます。もう大学4年生になってしまったため、1年生のときのような無茶(お酒に関しても、勉強時間に関しても…)ができなくなってきていることをアメリカに来てから非常に感じています(笑)そのため、ちゃんと規則正しく運動をしようと思っている次第です。このキャンパスにはARCCRCEという大きなジムが2カ所あり、主に自分はCRCE(通称「サーシー」)に通っています。筋トレマシーンやランニングマシーン、ジョギング用のトラック、ラケットスポーツ用のボックスルーム、室内サッカー場、バスケットコート、アクアティックセンターなど、これが学生なら無料で使えるというのはかなりお得です。お気に入りはアクアティックセンターで、プールやジャグジー、ウォータースライダーなどがあり、運動後のジャグジーでリラックスをよくしています。ARCには競技用プールがあり、オリンピックサイズかつシンクロナイズドスイミング用のかなり深いプールで泳ぐことができます。しかもサウナ付きです。ウォールクライミングの施設もありますし、卓球場もあります。とにかく、この田舎街で大したレクリエーション施設がない中で、このジム施設はかなり充実しており、学生の憩いの場になっているものだと思います。

 

 

 

(写真3:インターネットで見つけたAquatic Centerの写真です。青いのがウォータースライダー。)

 

 

以上、簡単ではありますが、1月のレポートとさせていただきます。1学期を終えて、思うところはたくさんあり、2学期にその反省を活かさなくては、と強く感じております。今後ともよろしくお願いいたします。

高田修太さんの2011年10月分奨学生レポート

東京大学工学部4年の高田修太です。10月の奨学生レポートを報告させていただきます。早いもので1学期の半分が過ぎ、既に折り返しとなりました。10月に入ってからは、だんだんと寒くなってきており、冬物のコートが手放せない毎日です。そんな中でも、平気で半袖で歩いているようなアメリカ人を横目に見ながら、体感温度の違いをひしひしと感じております。

東京大学では、社会基盤学を専攻しておりました。社会基盤というと難しく聞こえるかもしれませんが、いわゆる土木工学という分野です。今回、本奨学制度に応募させていただいた理由は、イリノイ大学アーバナシャンペン校が、世界有数の社会基盤(Civil Engineering)における名門校であったから、ということがあります。現在は、Civil Engineeringの講義を中心に工学部の学生として授業を履修しております。講義に関しては、後ほど詳しく述べさせていただきます。

今回の留学が始まる前に、既に何度かアメリカは旅行などで訪れていたこともあり、ある程度勝手は知っているつもりではありましたが、キャンパスライフとなるとわからないことだらけで、現地の人々に助けられながら8月は過ごしておりました。アメリカ行きの飛行機で隣り合った方が偶然イリノイ大学現地の日本人学生で、シカゴのオヘア空港でお話をして、かなり気が楽になったのを覚えております。寮についた当日は、あまりの部屋や寮のエアコンによる気温の低さに辟易し、ベッドのリネンもないまま床に着きました。その日はオヘアからシャンペーンまで乗るはずのバスが1時間ほど遅れて、予想以上の長旅となってしまったために相当疲れていたので、エアコンに凍えながらも熟睡できました。その後、先述の通り様々な人々に助けられながら現在に至ります。

<生活について>
寮は Illinois Street Residence(ISR)のトリプルルームに住んでおります。ルームメイトはアメリカ人と中国人の2人で、かなりインターナショナルです。遊びにくる友人たちも当然アメリカ人や中国人で、非常ににぎやかな部屋になっています。来たるサンクスギビングの休暇では、アメリカ人ルームメイトの家にもう一人のルームメイトと遊びにいく予定です。幸い、彼らはとても良い子たちで、いつもたわいもない話をしながら、わいわいと部屋で盛り上がっています。トリプルルームの良いところは、3人の部屋なので会話が盛り上がることでしょうか…(笑)逆に、悪いところは1人の時間があまりない、ということでしょう。そして、やはり狭いです。2人部屋よりも、1人当たりのスペースは小さくなっています。
ISRという寮は、Engineeringの授業が開かれる建物や、大学の中心地とも言えるUnionにも比較的近く、立地が非常に良い寮です。また、地下にもコンビニのような売店や小さなジム、図書館、プレイルームもあり、かなり気に入っています。毎週水曜日のISRのディナーはAsia Nightといってアジアの料理が提供されるため、その日はあらゆる寮からアジア人たちが料理を求めてやってきているため、大変混雑しています。あまり日本食は出されないのですが、大福が出たときは少し感動しました。

<講義について>
現在履修している講義は以下の通りです。
CEE472 Structural DynamicsⅠ
ENG360 Lecture in Engineering Entrepreneurship
ECE410 Digital Signal Processing
SHS120 Children, Communication, & Language Ability
CEE497 Independent Study

今学期履修した講義は、最後のIndependent Study以外、全てレクチャー形式のもので、試験やレポートによって評価されるものがほとんどです。アメリカの大学の講義は予想通りハードで、慣れるまでに相当時間がかかったのは事実です。あり得ない量の課題の量と英語のリーディングに泣きそうにながらも8月、9月とかけてだいぶ自分なりのペースや力の入れ加減を理解し、うまく過ごせていると思います。それでは個別の講義に関して書かせていただきます。
・CEE472 Structural DynamicsⅠ
所謂、動力学というもので相当分厚い教科書を使って勉強しています。評価は中間試験・期末試験・宿題、という至って日本的な評価方法です。この講義、この大学のCivil Engineering and Environment Majorの大学院生の必修科目らしく、ほぼ大半が大学院生で、学部生は10人もいません。そんな中で学部生として奮闘しています。日本で学ぶとすれば、振動工学という分野になると思います。1自由度系から多自由度系における運動方程式をどう解くか、ということが講義の根幹にあたり、構造物の振動解析などを行います。宿題では数値解析ソフトのMatlabを利用する問題が多いのですが、イリノイ大学の学生はMatlabが無料で購入できるという特典があり、その恩恵を受けながら、大学院生の友人たちと協力しながら宿題と戦っております。
・ECE310 Digital Signal Processing
信号解析という分野にあたる講義です。フーリエ変換・Z変換を中心に、離散化された信号の解析やシステム、フィルターの設計について扱います。毎週の宿題に加え2週間に1回の1時間の試験があり、ヘビーな講義です。2人の教授が何週かおきに教えてくれるのですが、中国人の教授の英語が中国語にしか聞こえず、リスニングに大変苦労しています。アメリカ人の友人に聞いたところ、彼にとっても相当聞きづらいらしいのですが…。

・ENG310 Lecture in Engineering Entrepreneurship
こちらの講義はエンジニアリングに関する起業の講義です。履修生のうち半分ほどがビジネス専攻の学生なのが特徴でしょう。いわゆるIT起業をした人がプレゼンテーションをし、それを聞く講義です。あるときは現役のイリノイ大学1年生が来てプレゼンをしていましまた。彼は起業家支援財団から相当の資金を得たらしく、これから新しいサービスをローンチするということで非常にエキサイティングな学生で、本当に映画「ソーシャル・ネットワーク」の一部を垣間みたような気になりました。教授曰く、一応ビルゲイツにも声をかけているらしいのですが、いつ彼が来るかは未定だそうです…。

・SHS120 Children, Communication, & Language Ability
この講義はひとつくらい100番台の授業を履修してみよう、ということ(100番台は1年生が多いので)と、言語系の講義を以前から学んでみたいと思っていたので履修を決めました。教官曰く、この講義のフィールドとしてはPsycho Linguisticだそうです。子供がどうやって言語を学ぶのか、ということを中心に講義は進められます。バイリンガルの子供はどのようにしてバイリンガルになるのか?といったことが大変興味深かったです。また、他の学生は英語のネイティブスピーカーであり、英語の文法や単語は体系的に学んでいない一方で、私たち日本人は英語を体系的に学んでいるため、その違いから生まれる感覚の差も大変面白かったです。具体的には、「この単語はなんで名詞ってわかるの?」と聞かれるとアメリカ人は明確な説明ができないのですが、私ならば「前置詞があるから」だといった理由で答えることができますよね。そのような言語学的な観点の違いが非常に興味深いです。また、この講義が一番英語が大変です。ひたすら80分ほど先生がスライドを使って話し続けるのでキャッチアップするのに苦労しています。

最後のIndividual Studyというのは研究室での研究です。こちらに関しては次回のレポートにて詳しく述べさせていただきます。

<その他について>
アメリカに来てから初めての祝日のLabor Dayは大学が休みだったために、少し足を伸ばしてアイダホ・ワイオミング州に位置するイエローストーン国立公園に行って参りました。イエローストーンは火山地帯で、アメリカ初の国立公園です。とても硫黄の匂いが鼻をつきましたが日本の温泉地帯を少し思い出し、恋しくなったのも事実です。また、アイダホ州のState Fairなるものにも遊びにいきました。体に悪そうなアメリカンフードを食べながら競馬をしました。日本でしたことのない競馬をまさかアメリカでやることになるなど思いませんでしたし、こんなに惨敗するとも思っていませんでした(笑)
この他にも週末は友人にパーティに誘われたり、日本人同士で鍋をやったり、映画館に行ったり…と勉強以外も十分に楽しんでいます。

長々と書かせていただきましたが、すこぶる健康にアメリカでも過ごしております。これに換えてご支援、ご協力いただいている皆様はじめ、我々を送り出してくださったJICの皆様に向けての10月の報告とさせていただきます。今後ともよろしくお願い致します。