室賀三郎先生を偲ぶ会を開催致しました

室賀三郎先生は,2009年12月9日に米国カリフォルニア州オークランドの病院で逝去されました.84歳でした.心よりご冥福をお祈り申し上げます.

2010-03-28-nl-dsc_0027.png

室賀三郎先生は1954年に渡米され,1964年から2002年8月までの38年間イリノイ大学アーバナシャンペン校で教鞭をお執りになりました. この間,日本からの多数の留学生や,大学や企業等の訪問者の方々をご指導下さいました.その後2006年に先生がカリフォルニア州オークランドへお住まいを移さ れた後も,2008年の8月には情報処理学会の歴史特別委員会の皆様によるオーラルヒストリーのインタビューに対応していただく等,我 が国のコンピュータ産業界の父としての存在感は変わることがありませんでした.こ れまでの室賀先生のご恩に感謝し,お別れを申し上げるため,2010年3月28日(日)に東京・神田錦町の学士会館にて「室賀三郎先生を偲ぶ会」を開催いたし ました.

当日は,室賀洋子様とご長男の室賀英輔様にご参加いただいた他,先生にお世話になった70名の皆様にご参集いただき,盛大な会となりました.

偲ぶ会はJIC原会長による開会の辞に始まり,ILLIAC IV開発時代(1966年~)より先生にお世話になった 加藤満左夫様の献杯を経て,室賀洋子様からご挨拶のお言葉をいただきました.その後,思い出の写真をスライドショー形式で上映した後,参加者の皆様に先生 の思い出 を語っていただきました.

思い出の中には,先生の指導の厳しさに関するものが多かった一方,留学に際して推薦状を書いていただいたり,現地での生活立ち上げ時に多面的なサ ポートをしていただいた思い出に関するものが多く,改めて,先生の優しさに感じ入る参加者の皆様が多かったのではないかと思います.また,先生は我々日本 人の留学生に対してだけこのようなサポートを行っていたわけではなく,中国等からの留学生に対しても同じであったというお話しもお聞かせいただきました.

また,2000年以降に留学して先生のお世話になった方にも多数参加していただきました.先生の退官直前にLogic DesignとIntroduction to VLSI の講義を受講した方にも,思い出を語って いただきました.1990年代以前に先生のお世話になった多くの方々は,若い世代にまで先生のご遺志が受け継がれていることに,安心なさったことと思われます.このように,世代を超えて大切なことを共有することができる機会を提供できる,それが同窓会の良いところなのかもしれません.

「室賀三郎先生を偲ぶ会」の心は,今後も毎年7月に実施するリユニオンパーティ等で受け継がれていくことでしょう.

2010-03-28-muroga-memorial-dsc_0332.png

「室賀先生を偲ぶ会」開催のお知らせ

 室賀三郎先生が昨年(2009年)12月9日にご逝去されました.謹んでご冥福をお祈り申し上げます.

室賀先生は1954年に渡米され,1964年から2002年8月までの38年間イリノイ大学アーバナシャンペン校で教鞭をお執りになり,その後2006年にカリフォルニア州オークランドへお住まいを移されました.この間,日本からの多数の留学生や,企業等の訪問者の方々をご指導下さいました.これまでの室賀先生のご恩に感謝し,お別れを申し上げるため,下記の通り「室賀先生を偲ぶ会」を開催いたします.

当日は,室賀洋子様とご長男の室賀英輔様にご参加いただけます.室賀先生にお世話になった方々多数の皆様方のご参加をお待ち申し上げております.

「室賀三郎先生を偲ぶ会」開催のお知らせ

  • 開催日:2010年3月28日(日)正午~15:00
  • 会場:学士会館 東京都千代田区神田錦町3-28,  地下鉄「神保町」駅徒歩1分,「竹橋」駅徒歩5分
  • 会費:1万円 (カード支払い,あるいは当日会場にて現金払い)
  • 申し込み方法(次のいずれかをご利用下さい)
    • ホームページ(←ここをクリックして必要事項をご記入ください)
    • 電子メール(次の内容を,masa@furuichi.com宛てにお送りください
      • 氏名
      • 参加人数
      • 先生とのご関係や想い出等
      • 連絡先(住所,電話番号等)
  • 申し込み期限:3月13日(土)までにお申し込みください※申し込みは締め切りました

主催:イリノイ大学日本同窓会 担当:古市昌一 (イリノイ大学日本同窓会副会長,MS in CS 1994, masa@furuichi.com)

【訃報】室賀三郎先生ご逝去

古市(‘92-94 MS in Computer Science)です.

悲しいお知らせです.

室賀三郎先生先生が12月9日にご逝去されました.

先生は,1964年にイリノイ大学へ移ってから2002年8月に退官されるまで,長年にわたってイリノイ大学のComputer Scienceにて論理回路の自動合成等の研究でご活躍されました.その間,日本からの数多くの留学生が室賀先生のお世話になり,毎週水曜日のお昼にDCL(Digital Computer Lab)で開催された「室賀ランチ」に参加された経験のある方は,何百人にも及ぶのではないでしょうか.

謹んで御冥福をお祈り致します.

古市昌一

<室賀三郎先生の主な関連URL>

→ http://www.makaimedia.com/muroga/bio.htm
→ http://www.illini-club.jp/hp/?p=129
→ http://www.illini-club.jp/hp/?p=663
→ http://museum.ipsj.or.jp/pioneer/muroga.html
→ http://museum.ipsj.or.jp/en/pioneer/muroga.html


Masa Furuichi, Prof.,  Nihon University
http://www.furuichi.com, http://www.illini-club.jp
http://www.su.cit.nihon-u.ac.jp/lab/furuichi/

Dr. Kenichi Miura received a 2009 Seymour Cray Award!

スーパーコンピュータの分野で世界的な権威の三浦謙一氏(MS and PhD in CS, 1971, 1973)が2009 Seymour Cray Awardを受賞され,2009年11月18日にOregon Convention Centerで授賞式が行われましたのでご報告いたします.

三浦謙一氏は在学中にILLIAC IVプロジェクトに参画して並列計算機の礎を築き,学位取得後は富士通(株)及びFujitsu America, Inc. でベクトル並列型のスーパーコンピュータ開発を牽引され,2002年には富士通研究所(株)のフェローに就任されました.2003年からは,国立情報学研究所教授として,グリッドコンピューティングを中心とした研究開発プロジェクト(NAREGI: National Research Grid Initiative Project,RENKEI: Resource Linkage for e-Science)等のリーダとしてご活躍しています.

おめでとうございます!

CS(Computer Science)イリノイ会開催のお知らせ 2007年2月19日

市(1992-1994 MS in CS)です。

来る2月19日(月)に、1994-1997年頃コンピュータサイエンス学科に在籍していた方々を中心とした会(CSイリノイ会)を下記の通り開催いたします。多数の方のご参加をお待ちしております。

参加ご希望の方は、幹事のIPA 牧内さん(k-makiu@ipa.go.jp)、副幹事のベリングポイント(株)加茂さん(jun.kamo@bearingpoint.com)および連絡員の古市(masa@furuichi.com)までメールでご連絡下さい。



日 時: 2007年2月19日(月) 19時~
場 所: ごはん酒房「然の家」 巣鴨北口店
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-5-4 巣鴨会館 3F
(03)5961-4623

連絡先:
牧内(k-makiu@ipa.go.jp)【幹事】
加茂(jun.kamo@bearingpoint.com)【副幹事】
古市(masa@furuichi.com)【連絡員】

以上

室賀三郎先生と洋子夫人に感謝する会を学士会館で開催

2003年5月17日(土)、東京学士会館において「室賀教授と洋子夫人に感謝する会」を開催致しました。300人を越す皆様にお集まりいただき、大変盛況のうちに終えることができました。室賀三郎先生は2002年8月にイリノイ大学を退官されました.先生は1964年秋以来同大学で教鞭を執られるかたわら世界的にも著名な業績を残され、そ の一方では奥様とともに多くの日本人留学生、来訪者を親身にお世話くださいました.そのような室賀三郎先生と室賀洋子様に対して,このように多数の方とと もに感謝の気持ちをおつたえすることができました.どうもありがとうございました。室賀教授と洋子夫人に感謝する会室賀教授と洋子夫人に感謝する会

2002年5月26日(日) イリノイ大学室賀教授を囲む会を都内で開催

2002-05-26-muroga-001.jpg

五月晴れの日曜のお昼,フォーシーズンズホテルで,一年振りに来日された室賀教授を囲む会を開催致しました.この春学期に先生は最終講義を終え, DCL で我々が講義を聴講する機会はもうないようです.ですが,27日にイリノイへお戻りになった後も,PhD学生の指導やVLSIの第2版執筆などで,引き続 きお忙しい毎日をお過ごしになるようです.次に来日される際にはまた皆で集まろうと約束し,庭園で写真を撮って散会しました.

2002-05-26-muroga-002.jpg

(写真は後列向かって右から荻野さん,古賀先生,松尾先生,森先生,室賀先生,立田先生,原さん,村井先生,古市,前列右から宮崎先生,旭さん,青山さん,大山先生,中里先生)

山下栄吉様(Ph.D.‘66)がDistinguished Alumnus Awardを受賞!

山下榮吉(Ph.D.‘66現在電気通信大学名誉教授)が2000年度Distinguished Alumnus Awardを受賞し,記念式典の様子をレポートしていただきました.
名誉ある賞の受賞,おめでとうございます!2000-09-16-yamashita-001.jpg

<イリノイ大学に招待されて>
山下榮吉(Ph.D.‘66現在電気通信大学名誉教授)

今年の4月、イリノイ大学 Department of Electrical and Computer Engineering の Alumni AssociationからDistinguished Alumnus Award を授けるので授賞式に出席して欲しいとの手紙が参りました。その主旨は社会で活躍した卒業生を認めたいとのことです。このAward は1970年に創設され毎年4名ぐらい受賞してきたようです。受賞者の名前は学科事務室の外壁に刻まれていました。今年の受賞者は6名でしたが、その中に J. S.Kilby氏(BS ユ47, 名誉博士‘88、 2000年度ノーベル物理学賞授賞、イリノイ大学では11人目のノーベル賞受賞者)が含まれていたのは驚きでした。

※写真:向って左からColeman名誉教授、筆者、J. Kirby氏

2000-09-16-yamashita-002.jpg 3日間の授賞行事は9月14日のグレンジャー図書館 におけるレセプションから始まり、15日夜はクラリオンホテルで150名程の出席者の夕食会形式で授賞式が行われました。旧知の先生方も何人か居られ、多 くの方は退職後の人生をこの大学町で楽しんで居られるようでした。16日の朝は9時頃からのフットボール試合前祭のテントパーテイと11時からのフット ボール試合に招待されました。カリフォルニア大学バークレイ校との試合で、結果は17対15でイリノイの勝利となりました。17日には久しぶりのイリノイ 大学にお別れして、東京に向かった次第です。

2000-09-16-yamashita-003.jpg

※ 写真:Chuang教授夫人、室賀教授夫人、郡司先生、家内、筆者

2000-09-16-yamashita-004.jpg2000-09-16-yamashita-005.jpg

2000-09-16-yamashita-006.jpg 2000-09-16-yamashita-007.jpg

5月20日(土)イリノイ大学室賀教授を囲む会を開催

2000-05-20-muroga-001.jpg

18:00~20:45、イリノイ大学Department of Computer Scienceの室賀教授の来日歓迎会を、東京・京橋のメルシャンサロンにて行いました。この8月からイリノイ大学に留学予定のJIC奨学生4名全員にも参加していただき、奨学生激励会との合同開催となりました。総勢30名の方が集り、室賀先生や旧友、そしてこれからイリノイに留学される奨学生達と楽しい時間を過ごすことができました。

2000-05-20-muroga-002.jpg