梶恭子さんの2005年最終レポート

JICの皆様、いかがお過ごしでしょうか。日本に帰国して一週間が経過しました。帰国直後は、シャンペーンでの親しい友人たちとの別れに涙し、喪失感に襲 われるばかりでしたが、長い長い一週間をかけてようやく日本に帰ってきた自分を実感し始めました。今では自分がシャンペーン・アーバナで学んでいたという 事実が夢のようにも感じられます。振り返ってみるとUIUCで学んだこの一年は、たくさんの友人と出会い、新しい価値観に触れてたくさんのことを学んだ、 人生で最も濃密な一年間でした。

感度をいっぱいに上げて臨んだ一年間でしたので、シャンペーンでの日々はまるでついさっきのことのようにくっきりと頭に描くことができます。シャンペーン に到着した日初めて見た地平線から地平線まで続くとうもろこし畑、自分が一年住むことになるんだ、と見上げたSherman Hall、張り詰めた糸のように緊張して臨んだ初めての授業、初めてできた友達…つらいことや悩んだりすることもたくさんありましたが、振り返って浮かぶ のは、楽しい思い出ばかりです。特に、シャンペーンで出会ったすばらしい人々には感謝しています。みな驚くほど温かく、到着直後で英語もうまくしゃべれな い私を本当に歓迎してくれ、帰国直前までその温かさは変わりませんでした。Photographの教授や、幼稚園の園長先生、世界各国からの留学生の友 人…尊敬できる人にも何人も出会ったことで自身が一回りも成長した、と胸を張っていえるほどではありませんが、尊敬できる人とのふれあいの中で、自分自身 少しでもその人に近づけるように良いところから学ぼうとしたことで、人間の成長は人と人との触れ合いの中にあるのだと実感しました。

そういう人々との別れはとてもつらく、学期の終わり、お別れのあいさつをするたびに涙が次から次から溢れて来て泣いてばかりいました。そんな中友人が教え てくれたのは、私たちの世代はjet set generationだから離れてもすぐ会える、悲しくないよということです。Jetというのは飛行機を意味し、飛行機を使って誰もがどこへでも行ける時 代に生まれた世代を、jet set generationというのだそうです。かつてはヒトやモノの移動が今ほど簡単ではなかったので一時の別れはともすると一生の別れにもなりましたが、現 代では世界中どこへでも行けるので、いつでもまた会えるよ、とのこと。つまりは人と人とのつながりさえ忘れなければ、会いたいという気持ちさえあれば、い つでも会える時代だとのこと。そのときは「純粋に別れがつらくて泣いているのに、そんな屁理屈こねられても!」と全く納得できなかったのですが、帰国した 今、その言葉には納得するものがあります。というよりも、そういった気持ちを胸に携えて、それでも前に進んでいかなければならないのだなあと思いました。 出会いも別れも経験して、もっとたくさんのことを学んでいくために。

このような機会を与えてくださった原会長始め、JIC運営に携わっておられる皆様、本当にありがとうございました。現在まで過去3回のレポートを通して、 わたしがどれほどすばらしい経験をしてきたか、が少しでもJICの皆様にお伝えできていれば幸いです。このプログラムを通してイリノイ大学でたくさんのこ とを学んでいく未来の人たちのために、わたしも先輩方に少しでも近づけるよう努力していきたいと思います。本当にありがとうございました。

梶恭子さんの2005年4月分レポート

2005-05-report-kaji-001.JPG

JICの皆様、いかがお過ごしでしょうか。シャンペーンは再び寒気に包まれて、昨日今日と、最低気温1度という冷たい風が吹き荒れています。思えばシャン ペーンには春と秋という気候がないように感じられます。8月から留学される皆さんは、夏のシャンペーンでも服装に気をつけていただきたいと思います。

しかし、一月ほど前には、ようやく春の兆しが見受けられ、色とりどりの花があちこちで咲き誇り、それは見ていて楽しい景色が広がって いました。この時期、わたしはまた、「ああ、わたしはは日本人だなあ。」と感じることがあったのでそれについてお伝えしたいと思います。それは、わたしの 中での「桜」事変といわれるものです。

富山の実家の裏の山では、春には何千本という桜がいっせいに咲きみだれ、山全体がピンク色に染まり ました。わたしが通う一橋大学は、駅から大学の門まで続く桜並木知られ、春は桜のアーチの下を歩くだけでもうため息がでます。桜と春、春と桜は一心同体の 間柄。そして、冬は-15度にもなったシャンペーンにもようやく春が訪れ、20度を越す日も増えてきたころ、わたしはあることに気が付きました。 「イリノイには・・・・・・・・・さくらが無い!!!!」 桜を見ない春なんてまるでカレールーのないカレーのようです。桜を見ずに春を実感することができないのです。チューリップもパンジーもマグノリアも素敵で すが、やっぱりわたしは桜で目で愛でたいのです。そんな中ようやくキャンパス内で一本よれよれと咲く桜を見つけ、大はしゃぎしていると友達が、不思議そう な顔をしていたのでわたしは桜の魅力を力説しました。カラオケソングで一番多いタイトルは「さくら」百円玉にも「桜」、日本の国花「桜」、夜に散る桜の花 びらを見て芸術家はいく つもの詩を詠みました。日本人ならとにかく「さくら」「さくら」「さくら」、と。 そこで花見の説明をしたら彼が一言。「Public Spaceでお酒を飲むのは、法律違反じゃないのか!?」8ヶ月間で初めて文化の差というものに打ちのめされそうなった瞬間かもしれません。さくら禁断症 状が出ていたわたしは、アメリカ人の友達にも尋ねてみました。すると、春は桜、とまでは言わなくても、アメリカでも桜で有名なところがあるし、総括してア メリカ人も桜が好きとのこと。ワシントンDCの春は桜で街がピンク色にもなるとのこと。さらに彼が言うには、DCの桜は日本人が友好の印として植えたもの だそうです。日本人ほど桜が好きな民族は希少のようですが、桜はイギリスにも韓国にも名所があるということが後日わかり、シャンペーンにも桜が増えたらす ばらしいな、と思いました。

バスケットボール

皆様ご存知の通り、今学期のUIUCはバスケットボール一色に染ま りました。キャンパス中がオレンジ色になったというのは全くおおげさではありません。どのお店の窓にも「Fighting Illini」(バスケットボールチームの名前)の文字が躍り、バスケットボールフィーバーは5月5日の、NCAA決勝戦(日本で言えば、甲子園の決勝で しょうか)で頂点に達しました。皆様ご存知のAlma Mater像も決勝前にはチームのユニフォームに衣替えし、片手にはバスケットボールを持ってキャンパスの盛り上がりを体現するほどまでになりました。結 果は残念ながら準優勝になりましたが、みな口々に”We are still No.1!!!”と叫び、決勝戦の後のグリーンストリートは、深夜までオレンジ色のTシャツを着た数千人の学生たちで埋め尽くされました。わたしも Illini Unionの大スクリーンで声をからして応援しました。そのときの一体感は今 まで経験したことのないもので、スポーツの力がいかに偉大なものかを実感しました。Fighting Illiniと書かれたオレンジ色のTシャツは、一生の思い出になりそうです。

幼稚園でのアルバイト

今学期は、 少し生活にも余裕がでてきたこともあり、学期初めからキャンパス内の幼稚園でアルバイトを始めました。3歳から5歳までの子どもたちの食事を世話したり、 一緒に遊んだり、授業を手伝ったり、お給料をいただくのが申し訳ないくらい楽しいお仕事で、次の授業に向かうバスを何度か逃してしまうこともありました。 最近ではキャンパス内にある去年できたばかりの新しい美術館で、子どもたちとフィールドトリップに行ってきました。到着するとすぐ、美術館の係員の人が一 言。 「今日はみんなで『ちーぐいーるいーえー』 を作ります。日本のアートです。こうやって薄い紙をちぎって、重ねて糊で貼ってBEAUTIFUL!!!!」 それは「ちぎり絵」でした。 昔幼稚園でわたしも体験したものです。先生たちがHopesと呼ぶ子どもたちも色とりどりの紙と糊を手に必死で格闘していました。糊を使わずに単に重ねて 喜んでいる子もいれば、 一点集中して紙を重ね続ける子や ひたすら紙をちぎっているだけの子や、糊だけ塗っている子など様々。このアルバイトを始める前は、子どもはあまり得意ではなかったのですが、色んな発見が あって毎日新しいことに気づかされたり、忘れていたことを思い出したり。非常に貴重な体験をさせていただき、今学期が終わると同時に子どもたちに会えなく なるのがとても寂しいです。

現在は始まった期末試験の勉強に終われる毎日ですが、これが終わればあとは帰国するのみになりました。 今までやりのこしたこともたくさんありますが、その分予想していなかった新しいことにも挑戦でき、結果としては満足しています。総括は5月中旬になる最終 レポートでお知らせいたします。それまでみなさまお身体にお気をつけください。

2005-05-report-kaji-002.JPG

Illini Unionで決勝戦を観戦するUIUC学生

2005-05-report-kaji-003.JPG

試合後のグリーンストリートを数千人の学生が練り歩く

梶恭子さんのニューズレター用奨学生レポート

シャンペーン・アーバナの豊かな自然に囲まれたイリノイ大学に留学して早10か月目になりました.日本の大学では社会学を専攻していますが,イリノイ大学では専門分野に縛られず,さまざまな分野の授業を履修できたことが何よりも貴重な体験となりました.専門以外の分野に挑戦したことで勉学に対する自分の可能性を広げることができましたし,何よりも挑戦すること自体に大きな意義があったと思います.

今年はイリノイ大学のバスケットボール部が全米選手権の決勝に進出,幸運にも大学挙げての一大応援イベントに参加することができました.大学のみならず,街全体が一丸となって応援したときの興奮と感動は,何よりも大切な思い出の一つとなりました.

こちらでの生活も残すところ数週間となり,目下期末試験に向けて勉強中です.有終の美を飾れるよう,精一杯頑張りたいと思います

梶 恭子
一橋大学 社会学部社会学科 3年
専攻分野 マスコミュニケーション

梶恭子さんの2005年1月分レポート

岡沢 (LAS02-03, EALC 04-) です。
奨学生の梶さんからのレポートが届きました。
梶さんは写真の授業を取っているそうです。面白そうですね。
専攻以外のアートや音楽、スポーツなどの本格的な授業に挑戦できるのも、
UIUCの良いところだと思います。では、お楽しみ下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2005年 1月分レポート
梶 恭子
一橋大学 社会学部社会学科 3年
専攻分野 マスコミュニケーション
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
JICのみなさま いかがお過ごしでしょうか。
シャンペーンは本格的な冬まっただなかといった呈ですが、最近ではマイナス10度
くらいの寒さなら、何とか乗り切れるくらいに慣れてきました。前回レポートを提出
してから、気温が急激に下がったのと同じくらい、ジェットコースターのようにいろ
いろな経験をさせてもらいました。

まず、12月はわたしにとって別れの季節でした。1セメスターだけの、同じ寮の友
人が大勢、国に帰ってしまったからです。彼らはイリノイに着いて初めて寮でできた
友人だったので、わたしは本当に、なんだかおいていかれたような気がして、自分も
どこかに帰りたくなってしまいました。みんな同じ日の同じ時間に旅立っていってく
れれば、別れも一時に済んでしまうのに、みんな驚くほどバラバラの日、時間に旅立
つので、何度も何度もさよならを言うのがとてもつらかったです。違う国に、自分の
ことを想っていてくれる友達がいるってことはとても幸せなことだけれども、やっぱ
り別れのつらさは好きになれませんでした。

クリスマスは、シカゴ郊外にあるアメリカ人の友人のお宅にお邪魔しました。アメ
リカで迎える初めてのクリスマス!ということでかなりわくわくしていたのですが、
予想以上に盛大で、最初はあっけにとられるほど、にぎやかなパーティーでした。
パーティーが、というよりもその場の人々が、ということですが。親戚が集まるとは
聞いていましたが、21人も集まるとは聞いていませんでしたから。しかも全員が驚
くほどにぎやかなのです。わたしが中学生のとき、担任の先生に「梶さんは鉛筆が転
がっても笑い転げるね」といわれたことがありましたが、一族全員そのノリです。
20代のわたしが負けるわけには、と思い必死にテンションあげっぱなしでした。大
きなクリスマスツリーの下におそらく50個近いクリスマスプレゼントが山積みにさ
れていて、みんなで一つ一つ、大騒ぎしながら開いていく過程は、まさにアメリカの
クリスマス、といったカンジでした。プレゼントの山の中にはちゃんとわたしの名前
が書かれたプレゼントも3個ありました!グレービーソースにマッシュポテト、クリ
スマスケーキにジンジャークッキーで過ごすアメリカのクリスマスは、改宗しようか
な、と思うくらい楽しかったです。この友人も、一月の頭にスペインに留学してしま
い、またさようならを言わなくてはいけませんでした。

冬休みの締めくくりには、ニューヨークに行ってきました。わたしにとってはこれが
二回目のニューヨークだったのですが、ニューヨークの辞書に「飽きる」という言葉
は絶対にありません。マンハッタンを東西南北に5日間奔走して、それでもやはり時
間が足りず、空港に向かう帰りのバスぎりぎりの時間まで、ニューヨークを精一杯満
喫しようと努めました。なにせシャンペーンに戻れば二日後には新学期が始まります
し、それでなくてもニューヨークのような大都会に来れるチャンスは、めったにない
のですから。寮に帰ってみると、お父さんのように慕っていた韓国人の友人が、突然
国に帰ることにしたから今日旅立つ、とのコト。あまりに突然&ショックすぎました
が、帰るという人は帰るので、徹夜で空港までお見送りに行きました。

というわけであっという間に始まった新学期です。今学期のテーマは、古川さんと
同じく、「やりたいことをやる」と決めていました。デッサン入門のクラスが突然閉
鎖されるというハプニングもありましたが、以前から興味のあった環境学の授業と、
写真の授業、スピーチコミュニケーシションの授業と、ESLを履修することにしまし
た。

今学期最大の楽しみは、写真入門のクラスです。完全マニュアルのカメラを使って
撮影、現像まで全て自分でやるというとってもすてきな授業です。クラスは毎回2時
50分週2回という総じて長時間の集中を要する授業なのですが、毎回毎回新しい知
識が身について、とても短く感じます。写真現像の授業を日本の大学で受講すること
はまず不可能なので、毎回小さなことも聞き漏らすまい、と一生懸命メモをとってい
ます。写真現像に関する専門用語が英語なので、そこが少し大変ですが。

最近気がついたことなのですが、わたし(の顔?)はどうもアメリカ人、というか
日本人以外の人にはどうやら頼りなく見えるらしく、どの授業でも必ず誰かに「大丈
夫?わかる?」から始まる内容で話しかけられます。日本にいるときは、お酒を買う
にも必ずIDを求められた童顔を恨めしく思ったりもしましたが、こちらではいろん
な人が助けてくれるので、少しだけトクをした気分です。シニアというと必ず驚かれ
るので一体自分は何歳に見えるんだろうかと思いますが。もちろん頼ってばかりでは
いけませんよ!と自分に言い聞かせています。

このようにイリノイの風の様にあっという間に二月に突入してしまいました。来年
の奨学生も決定したと聞き、月日がたつのは本当に早いものだとしみじみしてしまい
ます。しみじみする間もなく、宿題にとりかからなければなりません。それでは次の
レポートまで、みなさまお変わりなくお元気でいらっしゃってください。

梶 恭子

梶恭子さんの2004年9月分レポート

JICの皆様

岡沢(02-03,LAS)です。

今年度奨学生の梶恭子さんからのレポートが届きました。

ただ今、大学はミッドタームの真っ只中です。日に日に寒くなる中、勉強もいよいよ本格的ながんばり時になってきました。梶さんはスピーチの授業の様子とイ リノイの田舎生活の快適さについてレポートをしてくれました。スピーチの授業はとても大変そうですが授業を落とさず、ちゃんと続ける事が素晴らしいです ね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2004年 9月分レポート
梶 恭子
一橋大学 社会学部社会学科 3年
専攻分野 マスコミュニケーション
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

JICの皆様いかがお過ごしでしょうか。
こちらはいよいよ冷え込んで、イリノイの厳しい冬を想像させるような寒さになってきました。シャンペーンに到着したときは、うだる様な暑さだったことを思 い出し、こちらに来てからもう季節が変わるほどの時間が経ったという事実にただただ驚くばかりです。到着してからの一月半は文字通り矢のように早く過ぎて いき、ほんの昨日着いたばかりのような気さえします。この一月半の間に経験したこと全てが真新しく、目を見張るほど新鮮なことばかりで、どれからご報告し て良いのか決めかねてしまいますが、やはり授業の様子を中心にシャンペーンでの生活をお話したいと思います。

今学期は、English as a Second Language というWritingの授業の他に、日本の大学で専門に学んでいるCommunication関連のSpeech Communicationのクラスを二つと、Advertisingのクラスを一つ履修しています。どの授業もそれぞれ日本の大学で決して見られない、 専門的で興味深い内容なのですが、今回は中でも一番大変なPersuasion and the arts(Speech Communication)という授業についてお話したいと思います。

Persuasion and the artsというこの授業のタイトルを見た瞬間「これだ!」と思ったわたしは、満席の表示にもめげずに(先輩方のアドバイス通り)交渉のために直接教授の元 を訪れました。どうしてもこの授業をとりたいという意思を伝え、結果、30人のクラスの31人目として無事登録することができたのです。そして第一週第二 回目の授業の際、手渡されたレジュメを見て唖然としました。毎回100ページ近いreading assignment に加えてassigned episodeとしてビデオを見ていかなければならない旨が書かれていたのです。”this course is rigorous and demands considerable preparation for each class ”という一文を目にし、このクラスはnativeにとっても大変ハードな授業であることに気がついたのです。ドロップするなら今だ、という心と、せっかく 教授に直接交渉して履修させてもらったのだからドロップしては申し訳ないという日本人的な心と、授業の新鮮さに驚く気持ちがせめぎあい、次々に学生がド ロップしていく中、気がつくとドロップのdeadlineの日を飛び越えてしまっていました。大変な授業を履修してしまいましたが、熱意のある学生ばかり が残っているので授業は大変内容の濃いものです。もちろん留学生はわたし一人なので、教授もわたしが発言すると、大きなリアクションで反応してくれます。 学生と教授が相互に学びあうことを目的としたアメリカの大学のスタイルは非常に興味深く、自己嫌悪におちいったりもしますが、最近では日本の大学の何倍も 刺激的な授業をなんとか楽しめるようになってきました。

わたしは現在キャンパスの中央に位置するSherman Hallに暮らしています。到着してしばらくは寮に友人もできにくく、一人部屋ということもあってかなり寂しい思いをしていました。しかし最近では寮の内 外に友人ができ、むしろ部屋に一人でいる時間が貴重になっているという幸せな状況です。シャンペーンには何もない、という話を聞きすっかりそのつもりで やって来たのですが、不思議なことに全く退屈せずに毎日を過ごしています。シャンペーンは東京よりずっと暮らしやすい、というのは奨学生に共通する見解な のでしょうか。キャンパスの周りに広がるトウモロコシ畑ですら今のわたしには魅力的です。

このようなすばらしい機会を与えてくださっ て、本当にありがとうございました。日々、自分はJICに選ばれた、歴史ある奨学金制度の代表なのだということを誇りにがんばっています。これからもこち らでの生活、一日一日を貴重なものととらえて精一杯勉強したいと思います。どうか見守っていてくださいね。それでは、季節の変わり目、どうぞご自愛くださ い。