塚本美由紀さんの2000年5月分レポート

長かったファイナルの期間も終わり、ようやく一段落することができました。今、大学ではサマーセッションIの時期ですが、私は休みを取って、LAサンタモニカに来ています。こちらはイリノイと比べて日差しは強いものの、海が近いせいか、乾燥した気持ちのいい気候です。

さて、今回の留学を振りかえってみると、密度が濃く、余りに早く9ヶ月が過ぎたことに驚きです。特にspring semesterでは、前学期よりも高 いレベルのクラスを取ったこともあり、課題に追われたまま、いつの間にか学期が終わってしまったというのが正直な感想です。

Majorの 広告の授業では”Advertising research method”, “Advertising creative strategy and tactics”という広告に欠かせない授業を2つ取りました。両方ともグループワークを含む課題があり、貢献はほとんど出来ませんでしたが、 Lectureだけでは味わえない体験をすることが出来ました。特に、 creativeのラボの授業は思い出深いです。一番最初の授業では、新しいアイディアを出すことの大切さと難しさを知るために、”nail file” の新しい使い方を考えるという課題を即興でやったのですが、私は ”nail file”自体が何だか分からないという始末でした。ただ、大学院生のTAやクラスメートが親切で、分からないことがあると教えてくれたので、学期中に 困ったことはありませんでした。アメリカでは「求めれば与えられる」というのは本当だと実感しました。この授業では、様々な媒体(プリント、ラジオなど) の広告を実際に作った上で、批評しあうので実践的で役に立ったと思います。また、マックのQuark-Xpressを使うので、コンピュータのスキルを思 いがけず上達させることが出来ました。

他に印象に残った授業は、POLS 241 “Emerging Nation”です。私は日本の大学では政治学科だったこともあり、興味を持って履修しましたが、日々のリーディングに加え、エッセイが6回、タームペー パーが1回とかなりの勉強量でした。このクラスは帝国主義の歴史に始まって、現代の第三世界の問題点を様々な角度から分析するという内容でした。時代的に は400年、地理的には旧ソ連を除いてほとんどの世界を扱うので、とても壮大ですが、その分第三世界共通の問題を、大きな枠組みで捉えることが出来るよう になりました。更に、基本的かつ必須の情報を頭に入れた上で、それをツールとして議論に使うことの大切さをこの授業では学びました。この授業が私に与えた 影響は大きく、将来的にはボランティア活動などを通じて、授業で得た知識を、現状を改善するために使いたいと思わせる内容でした。

私は日 本の大学を既に卒業しているので、今年は大学生5年目の年だったのですが、このような授業に出会えて、イリノイでの勉強は大きな財産になりました。生活面 では、寮に暮らしたこともあり、多様な人間に出会えたことが大きいです。これは単に人種だけではなく、性格や考え方の違い、ライフスタイルの違いを含みま す。一例としては、障害者やゲイの人達などです。障害者については、私の後期のルームメイトが車椅子を使っていたこともあり、身近な存在だったのですが、 彼女は一度も障害者というのを感じさせることはありませんでした。健常者と全く変わらないので、私も特に意識せず接していました。ただ、冬に2回ほど降っ た雪は大敵だったようです。歩道の雪は除雪されるので問題はないのですが、今度は除雪された雪が車道と歩道の境界にたまっていて通りにくいという話を聞き ました。大学では建物のバリアフリーが進んでいますが、それでも健常者が気づかないところで障害者に不便なところが出てきてしまうという現状を目の当たり にしました。

その他の点では、友人は、数多くは出来ずに焦ったこともありましたが、かえってその分何人かとは深いつきあいが出 来、最終的には良かったと思っています。生活の場が近いと、自分をさらけ出さないで済ますというのは不可能で、日本よりもある意味、他人に「本当の自分の 姿」を見せていたような気がします。イリノイの寮生活は、私の留学生活で欠かせない部分であり、これからの人間関係を考える上で、大切な経験になったと思 います。

最後に、このような貴重な1年を過ごす機会を与えてくださったJICの皆様に深く感謝したいです。ありがとうございまし た。今後の予定としては、サマーセッションを受講した後、アカデミックトレーニングのビザを使って、こちらでインターンシップをしたいと考えていますが、 まだ雇用してくれる企業が見つからないので、どうなるか分かりません。引き続き、企業に履歴書を送って反応を待つという作業を続けていくことになりそうで す。

2000年 5月19日

塚本美由紀さんの1999年11月分レポート

こちらに来てから、3カ月余の月日が経ちました。初めはキャンパスの広さに圧倒されて、地図が手放せませんでしたが、今ではすっかり慣れて行動範囲も広がってきました。遠方にあるJapanHouseも、イベントがあるたびに訪れています。

授 業の方は、希望通りの授業が取れ、満足しています(広告2教科、統計、ESL)。まだまだ先生の言葉を一字一句理解するには至りませんが、教科書で予習を してから授業に出るので、全体的な内容は理解できます。OHPを使う先生も多いので今のところはそんなに問題もないです。ただ、宿題とテストの多さには当 初やはり驚きました。特に統計の授業では、Marardというプログラム(←パソコンがここまで普及しているというのがアメリカらしいところなのですが) を使ってオンラインで提出する宿題が毎週あり、平日は課題に追われる毎日です。また、広告の授業では、アメリカの広告事情について教授が具体例をだしなが ら説明をしてくれるものの、広告主が何を作っている会社なのかという予備知識がないので苦戦することが今だにあります。テレビを見るのも勉強のうちとして 少しずつ慣れていきたいと思っています。 広告という、文化に関係する分野を勉強しているからかもしれませんが、こちらに来て「1つの国に長く住むことの 意味」を考えさせられるようになりました。日本にいる時は、日本に住むことについて、別に何の価値も見い出さなかったのですが、離れてみて日本に20数年 暮らしてきた履歴というのが、1つの貴重な財産であることに気づきました。毎日何気なく暮らしているようでも、メディアを通して社会の様子を知り、それを 1つの知識として蓄積し、周りの人と同じ文化を共有するということはすごいことです。例えば、こちらだとジョークを理解するのにも、背景の知識がないので 分からず、笑えないということがよくあります。アメリカに長く暮らしているわけではないので、これは仕方のないことなのですが、同じ文化(狭い意味での文 化ではなく、娯楽なども含めた広い意味での文化)を共有していたら、コミュニケーションがどんなにスムーズで深い内容のものになるかと思うことがよくあり ます。 ただ、折角こちらで勉強する機会を与えていただいたわけですから、文化の違いを楽しめるようになっていきたいと思います。ここでの生活は、本当に 「国際的」な点が魅力的です。留学生も世界各国から集まっていて、アメリカにいながらさまざまな文化に触れられる点がすばらしいと思います。アメリカ人で も、キューバからの移民の人など、多様な人間が揃っていて、今まで聞く機会のなかった話が多く勉強になります。逆に私の方も日本人の代表のような扱いを受 けることが多いので責任が重いですが、自分ができる範囲で日本について語るようにしています。

今、唯一抱えている問題は寮(SnyderHall)についてです。undergraduateの寮なので、周りにアメリカ人がいるという点では恵まれているのですが、私の
場合、ルームメートが日本人になってしまい、あまり生活の変化が実感できない点が残念です。今、部屋の変更願いを出しているところですが、寮が満室状態なので、今学期中は移動できなさそうです。来学期に期待したいと思います。

最近は時間が過ぎるのが、とても早く感じられます。Thanksgiving(今週の水曜日からの授業がお休みです)が過ぎると、今セメスターはほぼファ イナルを残すのみになります。留学生活もこのままだとあっという間に過ぎてしまいそうですが、時間を大切にして、吸収できるものは全て吸収する位の勢い で、欲張りに行動していきたいと思います。

塚本美由紀さんの2000年1月分レポート

99年度奨学生の塚本美由紀です。日本では、慶応義塾大学法学部政治学科を99年3月に卒業し、今は学生5年目の生活を送っています。留学では授業のみな らず、生活全般が新しい体験なので、毎日が新鮮です。今だに英語の面で苦労することは多いものの、エスニシティーの問題が日常的にとりあげられるなど、ア メリカならではの話題は多く、友人から刺激を受けることも多くあります。

こちらでは広告を中心としたコミュニケーションに関する分野を 勉強しています。奨学金のプログラムがLAS学部限定なので、希望通りの授業をとれるかが心配の種だったのですが、今のところは、教授との交渉で問題なく 授業を受けています。将来的には、広告か広報の分野で働きたいと思っています。外務省では、日本の国家イメージを対外的に組み立てるというプロジェクトが あるそうですが、私もそのような仕事に加われたらと願っています。

前学期は、ESLを1つ含めて講義形式の授業を4つ取りました。 ディスカッションはなかったので、教授や学生の考え方に啓発されるということはありませんでしたが、広告について基本的な理論や実践的な例を学べたので、 意義があったと思います。毎日の生活では、やはり教科書を読むということに一番時間を割いていました。そのおかげで、文字に抵抗感がなくなったというのは 1つの大きな成果です。

文字といえば、最近目につくのが、東洋ブーム(?)なのか、漢字入りの洋服です。GAPでは「体育部」という文 字の入ったTシャツを売っていたという話を聞きましたし、私自身も「軍」と書いてあるズボンをはいた人を見かけました。使う文字をもっと選んで欲しいとい うのが率直な感想なのですが、こうしたところからアジアに対する関心が深まれば、それはそれでいいのかもしれません。

昨日までの冬休み の間は、メリーランドのアメリカ人知人宅に1ヵ月近く、お世話になりました。ワシントンDCのダウンタウンからメトロという地下鉄で40分ほどの距離の家 だったので、ほぼ毎日スミソニアンの博物館に出かけては、展示物を見たり、絵画を見たりと贅沢な時間を過ごしていました。クリスマスをアメリカ人の家庭で 迎えることが出来たというのは大きな収穫だったと思います。家族同士で、プレゼントを交換し、お互いのことを気づかうというのは素敵な習慣だと思いまし た。

アメリカに1年間いられることで、経験することは本当に多いです。今学期は、少し慣れたところなので、ディスカッションの授業も取り、頑張っていきたいと思っています。

1月18日 塚本美由紀