針谷彩花さんの帰国後奨学生レポート

JICの皆様、いかがお過ごしでしょうか。2009年度JIC奨学生の針谷彩花です。7月1日に帰国してから、早くも3か月が過ぎました。10月1日からは大学に復学し、徐々に私の本分を再認識しつつあるところです。
今回の留学は、私にとって二度目の留学になります。高校生の時にも約10か月間、アメリカ・イリノイ州に交換留学しました。その頃から英語が好きで、「将来は英語の先生になりたい」という夢を持っていた私は、喜び勇んで親元を離れ、生まれて初めて日本を飛び出したのです。しかし、現実は厳しく、最初はホストファミリーや学校の先生、友人との意思疎通もままならず、実は寂しさや辛さから何度も日本に逃げ帰りたいと思っていました。結局、なんとか途中帰国はせずに約10か月間の留学を終えたものの、帰国した私の中には「もう二度とあんな思いはしたくない。留学なんて金輪際絶対しない」という強い決意がありました。
そんな私が二度目の留学に挑戦しようと思えたのは、ひとえに大学の先生方の勧めや、両親の「やってみないとわからない」という力強い励ましや、「寂しくなるけど、私もがんばるから彩花もがんばって!」という友人たちの温かい応援があったからです。そして運良くJICの選考試験に合格し、嬉しくも思いましたが、やはりいつもどこかで「受からなければよかったんじゃないか」という後悔と「本当にやっていけるのか」という不安がつきまとっていたように思います。
しかし、出発前の後悔や不安はほどなくして霧散しました。4年前の最初の留学の時とは私の英語力も心構えも、周囲の環境もまったく違っていたためでしょう。すんなり馴染めたとは言えないまでも、毎日の授業は新しい発見の連続でしたし、周囲の人々はバックグラウンドも考え方も一人として同じ人は存在せず、日々の生活はそれまで私が経験したことのない生活でした。一日一日がキラキラ輝いていました。もちろん、楽しいことばかりではなく、苦しいこともありました。日本ではまず絶対にありえない量の宿題を出され、図書館で夜を徹して勉強したこと。ルームメイトや友人と意見が合わず、泣きながら衝突したこと。けれど、きっとそれも留学を良い思い出として記憶するためには必要なのでしょう。2度の留学を経た今なら、留学とは楽しいことばかりではなく、苦しいこともあるから、楽しかった記憶がより強調されて「留学してよかった」と言えるのだろうなと思います。そして2度目の留学から帰国した今、今度こそ私も「留学してよかった」と言えます。当初の不安通り苦しい思いもしたけれど、それ以上の収穫がありました。
今回の留学は、私にとって新たな知識や経験や友人を授けてくれただけでなく、前回の留学の嫌な記憶を払拭してくれ、さらに改めて「夢を持ち、その実現に向けて邁進することの大切さ」を教えてくれました。辛い時、教育実習の最終日に生徒たちと一緒に撮った写真を眺めては「がんばってください」と言ってくれた生徒たちを思い出して「もう一度がんばろう」と自分を奮い立たせることができたからです。「先生になりたい」という夢を最初に抱いたのは、14歳の時でした。その頃から変わらずに「先生になりたい」と思い続けていますが、「どんな先生になりたいか」ときかれたら答えに窮していました。けれど、今回の経験を通して、私は「生徒に『夢を持つことって素晴らしいんだよ。それだけでいつだって前向きに生きる気力が湧いてくるんだよ』と伝えられる先生、そして生徒が夢を追いかけることを隣で応援できる先生になりたい」と強く思いました。
このような素晴らしい経験をさせてくださったJICの皆様方、両親、友人たち、そして大学の先生方には、感謝してもしきれません。これからは「先生になる」という夢を追いつつ、JICの活動にも積極的に参加していきたいです。皆様、本当にどうもありがとうございました。これからもどうぞ宜しく御願い致します。

2009年度JIC奨学生
群馬県立女子大学 国際コミュニケーション学部 4年
針谷 彩花

針谷彩花さんの2010年4月分奨学生レポート

JICの皆さま、いかがお過ごしでしょうか。2009年度奨学生の針谷彩花です。イリノイでは8月にここに来た時のような陽気を思い出す天気が続いています。留学生活も残すところあと僅かとなり、この10か月のまとめの時期となりました。それでは、第3回目のレポートをお届け致します。

【学習編】
(1)EIL422 – English Grammar for ESL Teachers
今学期、一番苦労した科目です。400番台の科目の難しさは前学期に身に沁みていたはずなのですが、内容がとても興味深かったので履修しました。授業の内容自体は高校で受けた英文法の授業と日本の大学で履修した統語論の授業を合わせたようなものだったのですが、実際にGrammar Tutoring Sessionがあったのが大変でした。私のTuteeはIEIに通う日本人の女の子で、そのため日本人英語学習者がおかしやすい文法ミスなども指摘しやすかったのですが、授業計画はいつも試行錯誤の連続でした。昨年6月に日本の中学校で行なった教育実習で、指導教諭に教案を見て頂く度に「この授業(活動)の目標は何?」「その目標を達成するためにどんな活動が有効だと思う?」と聞かれたことを思い出し、教える対象について指導者側が深く理解していないと学習者を支援できないことを改めて実感しました。

(2)LING225 – Elements of Psycholinguistics
このクラスでは言語心理学の様々な分野について勉強したのですが、特に記憶に残っているエピソードがあります。この科目のレクチャーは韓国人の院生が行なっていたのですが、「ノンネイティブスピーカーとネイティブスピーカーの違いは何だと思う?」という質問に対して、ネイティブスピーカーの学生が「発音」とぼそっと言ったこと、そしてその学生の隣に座っていた学生がくすくす笑っていたことです。発音によってネイティブスピーカーかそうでないか判断できるのはわかるのですが、それに対して笑う学生がいることについて、ノンネイティブスピーカーとしてはなんだか差別されたような気がし、少し嫌な気持ちになりました。

【日常編】
(1)誕生日
3月10日で21歳になり、アメリカでいう成人の年ということで、盛大にお祝いしてもらいました。中でもホールケーキに21本のロウソクを立ててもらったことはとても記憶に残っています。まさかこんなことをしてもらえるとは思っていなかったので、とても感激しました。また、友達からもらったバースデーカードは表面に21の褒め言葉が書いてあるもので、「このカードがぴったりだと思ったの」と言ってもらい、こんな風に私のことを評価してくれる友達がいることに対して感謝し、いつまでもこのように評価してもらえる自分でいたいと思わされた一日でした。

(2)Spring Break
春休みにはシカゴにある友人の家にお邪魔することになっていたのですが、不運なことに風邪を引いてしまい、結局キャンセルしてキャンパスで養生していました。余談になりますが、イリノイの冬の寒さは二度目で慣れていたはずなのですが、実は今回は体調を崩すことが多く、体調を崩せばいつだって心配してくれる家族の存在のありがたさを身に沁みて実感しました。

10か月の留学は楽しいことばかりではなく、辛いこともありましたが、日本の大学では学べないことを学べ、人間としてもより大きく成長できました。10か月間、私を支え続けてくださった家族や友人、そしてJICの皆様には感謝してもしきれません。7月4日の総会では胸を張って私の10か月の留学の成果を御披露できるよう、アメリカを発つ日まで精進したいと思います。

群馬県立女子大学 国際コミュニケーション学部 4年
針谷彩花

針谷彩花さんの2010年1月分の奨学生レポート

JICの皆様、ご無沙汰しております。いかがお過ごしでしょうか。2009年度奨学生の針谷彩花です。前回のレポートから3か月が経ち、季節も秋から冬へと移り変わりました。イリノイは気温が氷点下を下回る毎日が続いています。天気が悪いと寒さも相まって気分が沈みそうですが、留学生活も半分が過ぎ、本当にようやく毎日が勉強・人間関係共に充実して楽しく過ごせるようになってきたところです。それでは、第二回目のレポートをお届け致します。

【学習について】
Finals
幸運にも(?)、秋学期に履修した科目はFinalらしいFinalのない科目ばかりでした。CMN101はスピーチ、ESL115はResearch paper、SPED117はGroup project、そしてEIL489はTake-home examでした。唯一”Exam”とつくEIL489は第二言語習得について10題の問題の中から5題を選んでそれぞれ2ページ以内で解答するというもので、問題の内容としてはいろいろ考えさせられとても興味深かったのですが、様々な本や論文に当たることを求められ、かなり苦戦しました。しかし友人の協力もあり(図書館で一緒に徹夜したのも良い思い出です)、なんとか無事期限内に提出することができました。

Spring Semester
春学期は秋学期同様、4科目12単位を履修することにしました。

EALC250 – Introduction to Japanese Culture
EIL422 – English Grammar for ESL Teachers
HDFS220 – Families in Global Perspective
LING225 – Elements of Psycholinguistics

前学期と同様の科目数・単位数ではありますが、前学期と違うのはディスカッションが含まれる点です。前学期は自分の語学力の拙さからディスカッションのある授業を履修することが憚られたのですが、今学期は最後の学期でもあるので、勇気を出して履修することに決めました。また、400番台の授業を再び履修することにしたのも私にとっては挑戦です。前学期のEIL489の経験から400番台のクラスはほとんど殺人的なまでの量のReading assignmentが課されることはわかっていたのですが、EIL422は興味を持っている文法教育についてのクラスであるということ、そして授業を担当される先生が言語学の分野では最も有名であろうNorm Chomskyと一緒に仕事をしたことがあるというとてもすごい方なので、履修することに決めました。春学期が始まって2週間足らずなので授業の内容が今一つ掴みきれないのですが、講義を受けた感触ではどの授業も面白そうなものばかりです。次回のレポートでは、授業の内容についてより詳細な報告ができればと思います。
どのクラスもかなりの量のReading assignmentを課す授業で、既に手帳には学期末までのReading assignmentの予定がびっしり書き込まれています。大変な学期になりそうですが、どれも興味のある科目ばかりというだけでなく、いま勉強すればするほど、将来教師になった時に生徒により良い指導ができると思うので、めげずに頑張りたいと思います。

【休暇について】
Thanksgiving Break
Thanksgiving Breakには、NYへ初の一人旅を敢行致しました。3泊4日という期間はNYを回るには短すぎる期間でしたが、自由の女神やいくつかの美術館を訪ねて素晴らしい芸術に触れたり、ブロードウェイやタイムズスクエアを歩いて都会のパワーに圧倒されたり(キャンパスに引きこもっていたので新鮮な感覚でした)、また私は映画が好きなので「もしかしてあの映画のあのシーンはこの場所で撮影されたのでは?」という場所をいくつも見つけて嬉しくなったり、とても楽しい時間を過ごしました。宿泊場所がハーレムにあるユースホステルだったり、日が落ちた後にセントラルパークを一人で突っ切ったりと今思えばかなり危険なこともしましたが、初めての一人旅は「自己責任」というものを文字通り身をもって体験できた良い経験であったと思います。

photo1.jpg

Winter Break
さて、実は諸事情ありまして、Winter Breakは日本へ一時帰国しておりました。実家へ帰って家族と共に過ごしたり、久しぶりに友人や大学の先生、アルバイト先の同僚や生徒たちに会ったりと、慣れ親しんだ日本の生活に戻ってゆっくり体を休めることができました。
留学から学べることは語学や専門分野の知識だけではなく、母国の良さや家族・友人の大切さなど、普段の生活では意識していないけれど実はとても大切なものもあると思います。一時帰国中は再び家族や友人と過ごせる時間を大切にし、一分一秒を大切に惜しんで過ごしました。
そして一時帰国を終えてアメリカに戻る飛行機が離陸した時、8月に日本を離れた時のことを鮮明に思い出しました。あの時は期待よりも不安が勝り、離陸した瞬間不覚にも目頭を押さえましたが、今回は逆に不安よりも期待が圧倒的に勝り、8月から今までの自分の成長をこれまでになく実感することができました。友人たちには「1年しかいないのに日本に戻るのはもったいない!」と散々言われながらの一時帰国でしたが、5月の本帰国に向けて頑張る原動力を得ることができ、私にとってはとても有意義なものになりました。

あっという間に1月が終わって2月になり、5月の帰国まで残り3か月になってしまいました。夏の総会で少しでも成長した姿をお見せできるよう、残された僅かな時間を有意義に過ごしたいと思います。JICの皆様、これからもご指導よろしくお願い申し上げます。

photo2.jpg

群馬県立女子大学 国際コミュニケーション学部 英語コミュニケーション課程 3年
針谷 彩花

【写真解説】
1.    NYにて。
2.    1月22日(金)のIlliniteにて。フラダンスとタヒチアンダンスのパフォーマンスをしました。実はフラダンスの方は19日(火)に練習を始め、1日1時間の練習を3日間続けただけで観客の前で踊るという事態に。案の定、何度か間違えて恥ずかしい思いをしました……。

針谷彩花さんの2009年10月分奨学生レポート

JICの皆様、こんにちは。2009年度奨学生・針谷 彩花です。

早いもので、アメリカに来てから既に2か月が経ちました。何度か失敗も重ねましたが、ようやく生活スタイルも確立し、日々の生活にも少しずつ余裕が出てきたところです。それでは、第一回目のレポートをお届けします。

【イリノイ大学の印象】
「とにかく広い!」というのが第一印象でした。こちらに着いて最初の一週間は、地図があっても目的地にたどり着けなかったほどです。東西南北の感覚が掴めず、Illini Unionに行くつもりが反対方向に歩いていたこともありました。しかし、地図さえ覚えてしまえばイリノイ大学はとても住みやすい場所だと思います。何よりバスが発達しているのには感動しました。Red, Yellow, Blueなど様々なラインがあり、北回り・南回りなどの区別もつかず、最初の頃は逐一運転手さんに「このバスは○○へ行きますか?」と聞いて確認してから怖々乗車していましたが、今ではもう慣れたものです。

harigaya10-2.jpg

ま た、留学生が多いことにも驚きました。キャンパス内を歩いていると、アメリカ人だけでなくアジアの人々や中東系の人々もよく見かけます。中でも特に中国人 を見かけることが多く、中国に留学していると錯覚しそうなくらいです。日本人は少ないと聞いていましたが、今年は珍しく多いそうで、20人近く日本人の知り合いがいます。留学先で日本人とばかり一緒にいるのはよくないと聞きますが、助け合える存在が近くにいるのはいいことだと思いました。

【住まい】
現在、私はArmory HouseというPrivate Certified Housingに住んでいます。Global Communityとも迷ったのですが、様々な条件(食事や設備、立地条件など)を考慮してここに住むことに決めました。結論からいえば、Armory Houseは私にとってあまり良い環境とは言えませんでした。Armory Houseに は留学生が多く住んでいるのですが、特に中国・韓国からの留学生が多く、彼らは同じ国からの留学生とばかり関わりあい、それぞれの母国語で話すため、アジ ア人とアメリカ人・その他の国からの留学生とでコミュニティが完全に分かれている印象を受けました。唯一の日本人である私は中国語も韓国語も理解できない ためアジア人のコミュニティに入れず、またアメリカ人からは中国人または韓国人とみなされているのか相手にされず、結果的にArmory Houseではとても寂しい日々を送ることになってしまいました。
Armory Houseは食事もおいしく、立地もよく、私にとってとても住みやすいことは確かなのですが、より充実した生活を追求するため、来学期はアパートをSubleaseできないかと考えているところです。

【授業】
今学期、私は4科目12単位を履修しています。
1.    CMN101 – Public Speaking
2.    EIL489 – Theoretical Foundations of Second Language Acquisition
3.    ESL115 – Principles of Academic Writing
4.    SPED117 – The Culture of Disability

中でも特に興味深いEIL489とSPED117についてレポートします。
EIL489は私が最も興味を持っている第二言語習得論についてのコースです。秋学期に難易度の高い400番台の授業を履修することには非常に不安があったのですが、第二言語習得論に最も興味があるので思い切って履修することに決めました。この授業が一番興味深いのですが、履修決定前の不安通り一番大変なクラスです。毎週100ページ近い量のReading assignmentを こなさなければならず、また授業中の活発な議論や教授のイギリス英語を理解するのは私にとって至難の業です。あまりの大変さに「どうしてこのコースを履修 したんだろう」と後悔することもありますが、それでもやはり第二言語習得論はおもしろい!私は将来英語教師になりたいと考えているのですが、そこで役立ち そうな知識を身につけることができるので、時々は泣きごとを言いながらも楽しんでいます。
SPEDというのは「Special Education」のことで、日本語に訳すと「特別支援教育」になります。教育実習で車椅子を使っている生徒と出会ったことから特別支援教育に興味を持ち、SPED117を履修することに決めました。SPEDと 銘打ってありながら、このクラスは一番レベルの低いクラスのためか「特別支援“教育”」というよりも、むしろ「障害と共に生きていくとはどういうことか」 を考えさせられるような授業内容です。授業では障害について扱った映画やテレビ番組を見たり、実際に障害者の方をクラスにゲストスピーカーとして招いてお 話を聞いたりと、障害を持っている人々が日々の生活で直面している問題を実感することができました。特に「Sound and Fury」 というドキュメンタリー映画が私にとって衝撃的で、「健常者は障害者に健常者の価値観を押し付けていないか」「障害と共に生きていくことは本当に不幸せな ことなのか」「幼い子どもの意思を親はどうやって尊重したらいいのか」など、本当にいろいろなことを考えさせられました。このコースを通して、障害を持っ ている人々に対する私の意識は変わりました。現在、障害を持った子どもが養護学校ではなく普通の学校に通うケースが増えています。将来教職を目指す私に とって、このコースは障害のある生徒をどのようにして支えていけるか考えるために、とても良い機会になりました。

【クラブ活動】

harigaya10-11.jpg

Quad Dayにて様々なクラブに参加してきたのですが、今現在活動に携わっているのは以下のクラブです。

1.    Ka Melia Hula Club
「せっかくアメリカにいるんだし、思い切って何か新しいことに挑戦してみよう!」と思った私が選んだのは、なぜかダンスでした。Ka Melia Hula Clubは女の子ばかり10人未満の小さなクラブで、日曜の夜に1時間、フラダンスとタヒチアンダンスの練習をしています。女の子ばかりで小規模なところが日本の大学を彷彿とさせ、とても居心地がいいです。10月24日にはKrannertで初めての発表会があったのですが、それに向けての練習はなんと本番3週間前から始まり、練習の回数は週2回 に増やしたのみ。あまりの練習量の少なさに「本当に大丈夫なのか」と心配することしきりでしたが、なんとか形になりました。本番当日はとても緊張しました が、楽しんで(それも一度も間違えずに!)踊ることができました。今後も様々な発表会などが予定されているそうなので、これからの活動を楽しみにしていま す。

harigaya10-3.jpg

2.    Global Partners
読む・書く・聞く・話すという英語の四技能の中でも「話す」ことが特に苦手なので、Global PartnersというクラブでConversation Partnerを頂きました。小さい頃にアメリカに移住したブルガリア人の女の子で、そこにもう一人タイ人のFreshmanの男の子も加わり、週一回程度3人で会っています。

3.    Foreign Language Club
Conversation Partner 第二段です。けれどFLCはGPとは少し違い、こちらが一方的に教わるのではなく私も日本語を教える、いわゆる”Language exchange”の形になります。FLCでも英語の会話練習のために女の子のConversation Partnerを頂きました。そして私は日本語を教えるのですが、なんと女の子ばかり6人の大グループ!こちらは連絡が来たのがつい最近のためまだ6人全員で顔を合わせたことはないのですが、とても楽しみにしています。

4.    International Illini
イリノイ大学に交換留学中の学生と、イリノイ大 学から外国へ交換留学を経験した学生を繋ぐクラブです。交換留学生同士の交流会を企画してくれたり、アメリカの文化を楽しむためのイベントを企画してくれ たりします。このクラブが最も交換留学生にとって楽しいイベントを提供してくれるクラブではないでしょうか。10月13日に行われたPumpkin Carvingのイベントでは、人生で初めてハロウィンのためにカボチャを彫りました。最初のカボチャ選びに失敗して(オレンジ色の濃いカボチャを選ぶのがポイントです)30分を無駄にし、その後2時間近くかけてようやく完成させることができました。ハロウィンは日本にはないイベントなので、本番(?)の31日を今から楽しみにしています。

harigaya10-4.jpg

一年前の今頃、本奨学生制度応募のための書類の準備に奔走していたことを今でも覚えています。家族や友人に応援され、応募文と履歴書を何度も書き直し、大学の先生方には遅くまで添削して頂いて、申し込み締め切り直前まで推敲を重ねました。
それを思い出すと、私は今、家族や友人、大学の先生方、そしてJICの皆様の支えがあってこそアメリカにいることができるんだと感謝の気持ちで胸が一杯になります。与えられた機会を最大限に活かし、これからもがんばっていきたいと思います。

群馬県立女子大学 国際コミュニケーション学部 英語コミュニケーション課程 3年
針谷 彩花