池谷香子さん2011年1月分奨学生レポート

JICの皆さま、こんにちは。2010年度奨学生の池谷香子です。

一面真っ白だったQuadから鮮やかな緑が顔を出し、シャンぺーンもようやく春の様相です。暖かさに気持ちが緩むと同時に、留学生活も残り少なくなってきたことに焦りや寂しさも感じはじめています。まだまだ先は長いと思っていた先学期や冬休みを思い出しながら、今回のレポートをお届けします。

まずは先学期の授業でとてもアメリカらしいな、と思ったことがあったのでお伝えします。

SAME133 Introduction to the World of Islamという授業での話です。この授業では、中世のイスラム国家建設から、現代のアメリカにおけるムスリム移民までの世界的規模でのムスリムの拡大がテーマであり、週2回のレクチャーと週1回のディスカッションによって構成されていました。毎回の課題図書の量も多く、内容の非常に細かいアカデミックな授業でした。ところが、シラバスではペーパーとされていた期末課題が、直前になって教場試験に変更されたことにより、一部の学生の反感を買ってしまいました。これは受講生の出席率の悪さに対する教授の対抗策だったようですが、期末試験前日になって受講生のメーリングリストが、シラバスの変更は許されるべきではないと学部長に抗議をするという話でもちきりになりました。試験前日にもかかわらず、署名を集める方法、抗議する内容などについてのメールがひっきりなしに流れ、こんなことをする時間があるなら勉強すればいいのに…と思いながらもアメリカの学生の行動力に感心し、私もメールを確認せずにはいられませんでした。そして、抗議に反対し教授を擁護する学生がいることにも驚きました。日本では、急なシラバスの変更があっても学生は多少文句を言うくらいだと思います。ましてや、多くの学生が教授を批判するなか、反対の意見を述べることはなかなかできないでしょう。結局は試験がそこまで難しくなかったこともあり、ごく一部の学生が陳情を述べただけで終わったのですが、さすが自分の意見を主張することが当たり前の国だ、と感じた面白い経験でした。

また、JICの先輩方も多数受講されている、CMN101 Public Speakingも記憶に残る授業となりました。スピーチの原稿の書き方、スピーチ中の振る舞いを学び、実際にクラスメートを前にしていくつもスピーチをこなす授業です。アメリカ人の学生ばかりの中に一人入ってしまい、最初の頃は他の学生の話す内容が全く理解できず、自分のスピーチの前日は緊張のあまり、突然高熱が出て授業を休めないだろうかと毎回考えるほどでした。話すスピードが明らかに遅く、その分内容も少なくなってしまうため評価が下がるのではないかと心配でしたが、スピーチのフォーマットの指示がとても細かく、指示通りに内容を埋め、しっかりと暗記して授業に臨めば評価されるという採点システムに救われました。そして他の学生がフィードバックを紙一面にぎっしりと書き、励ましてくれることも助けになりました。学期末には、学生が投票で決めるMost Improved Personにも選ばれ、今となっては受講してよかったと思っています。

サンクスギビングと冬休みは、アメリカを西へ東へと大満喫しました。

サンクスギビングはカリフォルニアへ行ったのですが、シャンぺーンから乗り換えのためダラスへと向かう飛行機でアクシデントに見舞われました。離陸後30分ほど経ってから機長によるアナウンスで、機器の故障により高度を上げられないので、シャンぺーン空港に戻ると言われたのです。万が一に備えて着陸前に燃料を使い切らないといけない、ということでシャンぺーン上空を猛スピードで旋回したうえ、後部座席の赤ちゃんが大声で泣き叫ぶので、このまま帰れなくなるのではないかと狼狽してしまいました。そんな状況でも、いつものことのように平然としており、寝ている人までいるのに驚きました。後でわかったことによると、原因は整備不良だったようです。着陸は成功し、今こうしてレポートを書くことができているわけですが、それ以来アメリカの国内線に対する不信感・恐怖感が消えることはありません。

冬休みはまるまる一カ月シャンぺーンを空けてニューヨーク、ワシントンDC、フロリダを回ってきました。ニューヨーク滞在中には、空港や電車が完全にストップする大吹雪に見舞われるなど、またトラブルの絶えない旅でしたが、年越しをディズニーワールドで迎えるなど大いに楽しみ、秋学期の疲れを取ることができました。

そして冬休みは、留学とは切っても切れない「別れ」の季節でもありました。

1学期のみの交換留学生、冬卒業の学生、そしてイリノイ大学から海外へ留学する学生が皆シャンぺーンを離れてしまいました。

私のルームメイトも台湾からの1学期間の留学生だったため、12月末に帰国してしまいました。彼女は電気電子工学科の4年生で、日本のアニメが大好きで日本語を勉強していたため、私とルームメイトになったことをとても喜んでくれたようです。むしろ私の方が知らないことが多く、アメリカで台湾人から日本のアニメについて教わるという面白い寮生活でした。毎日お互いに日本語・中国語を1文ずつ教え合ったり、一緒にカラオケに行ったりと仲良くしていたため、彼女の帰国後部屋がとても寂しくなってしまいました。しかし、帰国後も連絡を取り合っており、日本と台湾で会う計画も立てています。

このように、他の国からの留学生と仲良くなれたことも、留学で得た大きな収穫です。それぞれの国でトップレベルの大学から来ている学生も多く、世界中にネットワークを築くことができるということが留学の意義の1つであると思います。イリノイで過ごした仲間は、帰国後、大学卒業後も大切な宝物になることでしょう。

今学期はHIST472 Immigrant AmericaやLLS281 Construction of Race in Americaなど、アメリカにおける移民や人種問題に関する授業を中心に受けています。未だにディスカッションの授業で発言がなかなか出来ず、もどかしい思いもしますが、先学期に比べて確実に授業の内容の理解や授業への参加が深まっていると感じます。

春学期は休みも少なく大変ですが、残り少ないイリノイ生活を悔いなく過ごせるよう、ますます授業に遊びにと充実した日々を送っていきたいと思います。

池谷香子さん2010年10月分レポート

JICの皆さま、ご無沙汰しております。2010年度奨学生の池谷香子です。

アメリカに到着してから今日でちょうど3カ月目だということに気付き、時間の流れの速さに驚くとともに、この3カ 月で私は何かしら成長できたのだろうかという焦りを感じはじめました。この奨学生レポートを書くことで、皆さまに近況をご報告するだけでなく、私の今まで の留学生活を振り返り、残すところ半年近くなったこれからの留学生活をどのように過ごすか考える機会にしたいと思います。
1.シカゴからの帰り、長距離バスが道中で原因不明のトラブルで2時間止まった際に。
3カ月の留学生活の中で、日本に帰りたいと唯一思ったのはアメリカに到着した日だけでした。デトロイトで乗り換えてシャンぺーンへ入る予定でしたが、飛行機の遅延と入国審査の長蛇の列のせいで、シャンぺーン行きの飛行機を逃してしまったのです。スーツケースを2つ抱え、係員に聞きに行けば「私は関係ない!」と怒鳴られ、次の飛行機が現れるまでの3時間はアメリカに来たことを心底後悔したことを覚えています。結局無事に到着できたのですが、夜遅くなったためにシャンぺーンでも「Taxi?」と声を掛けてくる運転手に付いていかざるをえず、初日は生きた心地がしませんでした。しかし、この経験を初日にしたことで、それ以降は大抵のことは驚かずにやり過ごせるようになったと思っております。そして、来年以降の奨学生の皆さま。デトロイトでの乗り換えは1時間半では無理だということを覚えておいて下さい。

このようにショックから始まった留学生活でしたが、その後は友人たちの優しさに毎日助けられながら過ごしています。JICの先輩方も何名か所属されていた、Global CrossroadsというLiving-Learning Communityに私も住んでいるのですが、寮の友人たちの助けなしでは私の新生活は始めることさえできませんでした。1人では5往復でやっとのほどの荷物を、一度で部屋へ運び入れてくれたResidential Advisor(フ ロアの管理をするボランティアの学生)。なかなか英語に自信が持てないでいた私に、積極的に声を掛けてくれるフロアメイトたち。一緒に旅行にも行き、何時 間でも話していられる各国からの交換留学生の友人たち。困ったときには必ず助けてくれる日本人の友人たち。そして、落ち着きのない私の生活を温かく見守っ てくれるルームメイトのGrace。今まで彼ら、彼女たちに助けてもらった分を返していきたいというのは、これからの留学生活の目標の一つです。

Labor Dayを利用してシカゴを、ボストンキャリアフォーラムのためにボストンを訪れる機会がありました。シカゴへは中国、台湾、香港、オーストラリア、そして日本からの交換留学生の友人たちと一緒に行ったのですが、総勢16人 という大所帯でアクシデントも多く、とても楽しい旅行になりました。日本にいた頃は、中国や韓国など、日本とあまり良い関係にない国々出身の学生と仲良く なることができるのかと疑問に思っておりました。しかし、実際にこちらに来てみると、やはりアジア系の学生と一緒にいるときの方が居心地の良さを感じま す。また、現地の学生もやはり、白人は白人、黒人は黒人、アジア系はアジア系で固まっているというのが実際です。多民族が混在してはいるものの、完全に混 ざり合うことはない、アメリカの人種のサラダボウルとしての現実を目にし、多民族国家はどうあるべきか考えさせられる毎日です。

ボストンは2時 間ほどしか観光する時間が作れなかったのですが、ボストンで最も古い教会や、独立以前に議論を戦わせた集会場などを回ることができ、世界史好きにはたまら ない街でとても楽しむことができました。また同時に、アーバナ・シャンぺーンに留学していることの意義を考えるきっかけにもなりました。多くの日本人留学 生は東西の海岸沿いに集中しているため、車がなくてはどこにも行けず、主食は肉、基本的にTシャツ とジーンズしか着ないというとても「アメリカ的」な土地で学ぶことができる、そのこと自体がとても貴重なのではないでしょうか。平日は授業の課題に、週末 は遊びに追われる日々で、大学の中で生活が完結してしまいがちですが、ようやくこちらの学生生活にも慣れてきた頃なので、大学を超えたことにも目を向けて いかなければと思っております。

11月に入ってから急に課題に追われはじめ、レポートというよりは日記のような取りとめのない内容になってしまいましたが、少しでもイリノイ大学での生活の楽しさが伝わっていれば幸いです。3カ月間を振り返って、このような機会を与えて下さったJICの皆さまに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。せっかくの機会をますます有意義なものにできるように、今一度気を引き締めなくてはと思っております。次回はもっと成長した姿を皆さまに伝えられればと思っておりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
フットボールの試合にて。
一橋大学社会学部4年 池谷香子