田村篤司君の2000年1月分レポート

留学報告書3 (00.01)
東京大学法学部3年
専攻 経済学
田村 篤司

あけましておめでとうございます。そしてついに新しい千年紀ですね。千年紀を単位に話しをすることなど僕にはできませんが、来る年一年一年がよりよい年であってほしいと思います。

今回はあらためて自己紹介をするようにということなので、それから始めさせていただきます。生まれは佐賀で、まもなく長崎県佐世保市へ、それから福岡県久 留米附設中・高を卒業してと、九州北部で育ちました。友達からよく「おまえは九州男児やね」(性格のこと)と言われます。
東大では法学専攻ですが、マクロ経済にも興味があります。また一方で教育・犯罪といった問題についてもよく話しをします。中央銀行を含め、官庁への就職を考えています。
趣味はサッカーをすること、ジャズをひたすら聞くこと、メールを書くこと、買物をすることです。

秋学期の最後の数週間は、勉強と試験とに集中しました。結果はまずまずといったところです。
冬休みは日本に帰らず、クリスマス前後の1週間ほどを留学生のためのあるプログラムに参加しメリーランドのある一家で過ごさせていただいた後、同じように 留学している高校時代のクラスメートと会い、アメリカ東部をあちこちと旅行しました。贅沢なことだと思いますが、やはりいろいろといい勉強にもなったし、 楽しい思い出にもなりました。今回はそのことについて書きたいと思います。

メリーランドに滞在していた時の一番の見所はワシントンDC でしたが、意外な発見だったのがアナポリスでした。十ヶ月間だけ合衆国の首都だったこの港町は、アメリカの古い町並みをそのままに残していて、とても小さ な街だけれどやさしく美しい街でした。ちょうどクリスマスシーズンだったこともあり、かわいくて小さなお店でのショッピングが楽しかった。きっとボストン もこういう都市なのだろうと想像しています。
アトランタでは、アメリカの光と陰がくっきりと意識されました。危険な匂いのするダウンタウンは、 イリノイにはなかなかない黒人独特の文化が感じられ、一歩離れると荒廃した寂しいストリートになります。その一方、郊外のミッドタウン以北には白人の中上 流階級が安全でクリーンな街を形成していて、豪華で大規模なショッピングモールが賑わいをみせています。企業のオフィス群もダウンタウンからそうした郊外 へ移っているように思えました。 またアトランタではたまたま、ノルマン・ロックウェル展がやってきていて、さっそく見に行きました。アメリカ人に広く愛 された彼は自分にとって最も大好きな画家でもあり、あまり絵画を解しない自分にとっても十分以上に楽しむことができました。
世界一のテーマパーク大国オーランドでは、童心に戻って疲れるまで遊び(しかも半袖でOK)、アメリカ人の創造力(想像力)の豊かさ、そして「人を楽しませる、笑わせることの上手さ」にあらためて感心させられました。
ニューヨークでは、ミュージカルが一番の楽しみでした。ミュージカルを見るのは初めてで、Catsを見たのですが、思っていたよりずっと面白くて、「あわ てて」次の夜もまた見に行くことにしました。それが旅行最後の夜だったのですが、なんと第一列目のまさに真中の席というチッケットにあたり、Miss Saigon の迫力のある舞台を十分に楽しめました。そのほか、エンパイアステートから見る夜のNYの美しさには圧倒されました。ここでは日本料理も毎日食べにゆき、 お腹も満足したというところです。

というわけで、この冬休みは十分楽しむことができました。なお、塚本さんとはボルティモアとNYとで二回、全く偶然に出会い、驚きました。
ただ一方で、日本の友達からは就職活動を始めたという話(昨年内に就職の内定が出たという話も)や、国家公務員試験や司法試験の話などが届いていて、自分 だけモラトリアムを一年延ばしていることの贅沢さを感じています。新しい学期が始まりますが、今学期はもっとしっかり勉強しようと思っています。

塚本美由紀さんの2000年1月分レポート

99年度奨学生の塚本美由紀です。日本では、慶応義塾大学法学部政治学科を99年3月に卒業し、今は学生5年目の生活を送っています。留学では授業のみな らず、生活全般が新しい体験なので、毎日が新鮮です。今だに英語の面で苦労することは多いものの、エスニシティーの問題が日常的にとりあげられるなど、ア メリカならではの話題は多く、友人から刺激を受けることも多くあります。

こちらでは広告を中心としたコミュニケーションに関する分野を 勉強しています。奨学金のプログラムがLAS学部限定なので、希望通りの授業をとれるかが心配の種だったのですが、今のところは、教授との交渉で問題なく 授業を受けています。将来的には、広告か広報の分野で働きたいと思っています。外務省では、日本の国家イメージを対外的に組み立てるというプロジェクトが あるそうですが、私もそのような仕事に加われたらと願っています。

前学期は、ESLを1つ含めて講義形式の授業を4つ取りました。 ディスカッションはなかったので、教授や学生の考え方に啓発されるということはありませんでしたが、広告について基本的な理論や実践的な例を学べたので、 意義があったと思います。毎日の生活では、やはり教科書を読むということに一番時間を割いていました。そのおかげで、文字に抵抗感がなくなったというのは 1つの大きな成果です。

文字といえば、最近目につくのが、東洋ブーム(?)なのか、漢字入りの洋服です。GAPでは「体育部」という文 字の入ったTシャツを売っていたという話を聞きましたし、私自身も「軍」と書いてあるズボンをはいた人を見かけました。使う文字をもっと選んで欲しいとい うのが率直な感想なのですが、こうしたところからアジアに対する関心が深まれば、それはそれでいいのかもしれません。

昨日までの冬休み の間は、メリーランドのアメリカ人知人宅に1ヵ月近く、お世話になりました。ワシントンDCのダウンタウンからメトロという地下鉄で40分ほどの距離の家 だったので、ほぼ毎日スミソニアンの博物館に出かけては、展示物を見たり、絵画を見たりと贅沢な時間を過ごしていました。クリスマスをアメリカ人の家庭で 迎えることが出来たというのは大きな収穫だったと思います。家族同士で、プレゼントを交換し、お互いのことを気づかうというのは素敵な習慣だと思いまし た。

アメリカに1年間いられることで、経験することは本当に多いです。今学期は、少し慣れたところなので、ディスカッションの授業も取り、頑張っていきたいと思っています。

1月18日 塚本美由紀