向修一君の2000年6月分レポート

この留学も、あっという間に終わってしまいました。これまでの一年は JIC の方々のお力があってのものであり、感謝を忘れることはできません。今後はこれからの奨学生のために、自分の任務を果たしたいと思います。

この一年間が、これからの人生の中でどのような意味を持つことになるのか、現時点では予測もつきませんが、今の自分にできる範囲で総括し、ご報告したいと思います。

まず、学業ですが、これは残念ながら成功したとは言えないでしょう。帰国中にお目にかかった室賀先生の、大学の成績とその後は必ずしも比例しないという趣旨のお言葉を、心のよりどころとしたいと思っております。

し かしながら、今後のキャリアに道筋がついたことは、おそらくこの一年間で最大の収穫です。留学前は、いや、留学の半ば過ぎまでは、「とりあえず IT関係の修士号を取る」という極めて漠然とした短期的な目標しか持っていなかったのですが、今年の 2 月にたまたま運よく外資系の IT 企業に就職することが決まり、自分の将来への方向性が固まってきた気がしています。それは単にこれからの職業選択ということにとどまらず、自分の社会に対 する使命感を認識し始めた、というところまで含めてです。

また、この留学の、副産物というには余りに大きな収穫が、今までに知り合えた数 々の友人、恩人です。特に、良識ある何人ものアメリカ人と沢山の話ができたことは、私のなかで見えない財産となるでしょう。それが将来役に立つかどうかは 別として、経験はいろいろできたと思います。

$1,600 で買った車は高速道路で突然止まりました。鹿をひきそうにもなりました。ネズミ捕りにも遭いました。(Urbana の Lincoln Avenue では要注意です!)電話会社の請求書でトラブルがあり、メールで議論したものの結局言いくるめられました。ヤオハン (当時; 現ミツワ) で買って来たウナギを同居人のインド人に食べられました。(もちろん彼にも悪気はないのです。むしろ彼が勝手に食べたことは友情の証明だったと今では思い ます。)多くの教訓が得られましたが、まとめれば “Make no assumptions.” の一言に尽きるでしょう。今では、何事も確かめる習慣を意識的につけているつもりです。

留学当初から、いつかは英語を自然に話せるようになりたいという野望がありました。結論を急ぐなら、これはどうやら一生の課題になりそうです。米国に一年近く住んでみて、進歩の見えない自分に焦りを感じもしますが、実際進歩していないのならばしょうがありません。

こんなところでしょうか。個人的な話ばかりでしたが、最後にここ一年間のChampaign のキャンパスタウンの主な出来事を書いて私の報告書としたいと思います。(情報にはかなり偏りがあります…)

Green St. のランドマーク的存在だった CO-ED シネマは、昨年 7 月に閉館し、今年になってついに取り壊されました。跡地には “600 Technology Plaza” と呼ばれる Beckman Institute に似た建物ができ、レストランや小売店、それにハイテク企業などが入居することになっています。

その向かいに昨年の春、 Gouliard’s というハンバーガー中心のレストランが開店し、評判もよかったのですが、11 月に突然閉店してしまいました。高い家賃が原因との憶測が聞かれました。店長だった Gouliard さんは、最近開店した Downtown Champaign の Farren’s というレストランのキッチンにいるようです。

3 月にキャンパスタウンのバー「Mabel’s」が「女性ダンサーによる大人向け娯楽」を企画するも、学生団体や地元商店主などの反対やそれを受けた Champaign 市条例の改正もあって、中止に追い込まれました。

Champaign の Willard 空港とシカゴの O’Hare 空港を結ぶ American Eagle の路線に、今年中にジェット機が就航します。定期便では初めての就航です。また、Champaign – St. Louis 線を運航する Trans World Express も、飛行機が大型化しました。

Illinois Basketball は Big Ten Tournament では昨年に続いて Michigan Stateに決勝で破れ、NCAA Tournament では二回戦で Florida に破れました。相手はいずれも、今年 NCAA のファイナルに進んだチームです。 (Michigan State が優勝)5 月になって、コーチの Lon Kruger は辞任し、NBA のアトランタ・ホークスのヘッドコーチに就任しました。後任探しが急がれています。

Illinois Football の春のキャンプを締めくくる Spring Game (紅白戦) が4 月 15 日に行なわれ、QB の Kurt Kittner はパスの正確さにやや課題を残すも、随所でロングパスを決めるなど、全体として非常に期待の持てる仕上がりでした。今年の秋は、ホームに California と Michigan を続けて迎えるなど、楽しみな日程になっています。

以上