江崎歩さんの2004年1月分レポート

JICメンバー各位、

大田(’01-02 LAS)です。

JIC奨学生としてUIUCへ留学中の江崎歩さんからのレポートが届きましたので、皆様にフォワード致します。

クリスマス休暇の旅行では、ハプニングにあいながらも、心に残る旅ができてよかったですね。また、今学期は”Terrorism,Disaster and Health” というセミナーを受講されるとのこと。次回もまた興味深いお話を聞かせていただけるのを楽しみにしています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2004年 1月分レポート
江崎歩
筑波大学医学専門学群6年
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

JICのみなさま、あけましておめでとうございます(というには季節外れになっ
てしまいましたが、、)。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。早いもの
で、私の留学生活も既にその半分が過ぎてしまいました。前回みなさまにレポー
トをお届けしてからの主な出来事といえば、楽しかったサンクスギビング休暇
とクリスマス休暇の旅行、そして、学期末のレポートやファイナルに追われる
毎日でしょうか。とにかく、いつの間に春学期が始まってしまったのかわから
ないくらい飛ぶように時間が過ぎた3ヶ月間でした。今回のレポートではみな
さまに、クリスマス休暇の旅行と、授業のことについてお話したいと思います。

<Advebture of four brave girls…>

物語は、私がESLのクラスメイトである韓国人の女の子の一人に「冬休みは何
をする予定?もしまだ何も決めてなかったら、一緒に旅行しようよ。」と誘っ
たところから始まりました。彼女の2人のルームメイトも一緒に、4人で行くと
いうことならOKとのこと、彼女らとも仲良くなりたかった私にとってその申し
出に対する返事はもちろんOKで、ボストン、ワシントンDC、ニューヨーク周遊
(?)旅行の計画が始まったのです。ところが、パッケージツアーならともか
く、4人で旅行の計画を一から話し合うというのは想像する以上に大変です。
予算のことにはじまって、重要だと思うことが一人一人みんな違うので話はな
かなか進まず、全員とても楽しみにしているにも関わらず出発の5日前になっ
ても泊まる場所が決まっていない、というとんでもない状態になってしまいま
した。

結局、(こんな話をJICのレポートに書くのが適切なことなのかどうかわから
ず少し不安なのですが)泊まる場所が最後までなかった夜が1回、駅に明け方
の3時に着いてしまって行くところがなく夜明けを待った朝が1回、電車に20時
間前後揺られて電車の中で眠った夜が3回というはちゃめちゃな旅になり、周
りの人たちを驚かせ、心配させる羽目になってしまいました。最初からそんな
計画だったので当然と言えば当然なのかもしれないのですが、これまた面白い
くらい、予想外のハプニングが次から次へと起こるのです。電車の席が予約で
きていなくて、最初に行くはずだったボストンに行けなくなったり(結局旅行
の予定を延ばして最後にボストンに行きました)、ようやく手に入れたと思っ
た切符が翌日の切符で(駅員さんが間違えたのだけれど、私たちは気づかなかっ
た)改札で追い返されたり、、、。それでも、どうしてあんなに楽しかったの
かわからないくらい、忘れられない、最高の思い出になりました。

状況が困難になったときに、それがお互いの関係を深めるときもあれば、壊す
ときもあると思います。私たちの場合は、常に助け合えるように、お互いを思
いやれるようにとみんなが願い続けられたおかげで楽しい時間を共有すること
ができたのだと思います。そういう友だちに出会えたことに、心から感謝して
います。一生の友だちでい続けたいというのが、今の願いです。

さてさて、旅行の中で苦行のような側面についてばかり書いてしまいましたが、
もちろんこの3都市はどれもとても素晴らしいものでした。ただ、ニューヨー
クでの厳しすぎるセキュリティチェックには嫌な思いをさせられることがしば
しばではありましたが。テロリズムに対するニューヨーク、またアメリカの反
応については、今学期取っている”Terrorism,Disaster and Health”というセ
ミナーコースを通してもう少し考えることができればと思っています。

<授業について>

1ヶ月の休暇をはさんでしまった今、ファイナルの時期に自分がどんな風に過
ごしていたのかすらはっきりと思い出せずにいます。でも、新学期が始まって
みてひとつ言えることは、自分でははっきり意識していなくても改めて考える
とこの5ヶ月で自分は随分変わったなあということです。今でもときどき、タ
イミングを失ってしまってしようとした質問をしそこなうこともしばしばです
が、少しずつ、話を中断させてでも質問ができるようになってきたし、みんな
の議論が速すぎて完全にはついていけず、「これってもうすでに議論されたあ
となのかな?」と気になっても「自分が思ってることをとりあえず発言するこ
とは正しいことなんだ」と思えるようになってきました。

今学期は、Healtheducationevaluation, Health Statistics,
Macroeconomics, Interpersonal communication,”Terrorism,Disaster and
Health” の5科目に登録しています。どれも自分が学びたいと思ったものを受
講することができたので、とても満足しています。残り4ヶ月のここでの生活、
たくさんの人と出会うことも然りですが、帰国後はしばらく十分にはできなく
なる(帰国したら、医学部の卒業試験を受けさせていただく予定でいます)、
広い分野から見た”健康”について考え学ぶことができればと思っています。

<おまけ>

しおんくん(篠原君)が、友情について書いていたのを読んで、私も少し書い
てみたくなりました。先に書いた、一緒に旅行したクラスメイトですが、私に
とっては、韓国人と日本人で共有できることが多いのはとても自然なことに思
えましたし、2つの国の関係の歴史についてもそれほどは深く考えず「いつか
きちんと話してみたい」と思っていました。ところが彼女にとっては、日本人
と仲良くなるということはアメリカに来る前は予想できないことだったし、ま
してや第2次大戦のことを話せるなどとは思いもよらないことだったのです。
彼女に韓国料理をおごってもらいながらとても自然に(?)第2次大戦中と戦
後の日本と韓国のことについて話したあとで彼女のそういう思いを耳にして、
国境を越えて本当の友達になることは、努力を必要とすることなんだなと思い
知らされました。それでも、話ができたことに感謝し、これから先も、もっと
もっと友情を育てていけることを願っています。

実は、国籍が一緒だからといって少ない言葉でわかりあえるというのも錯覚な
のかもしれません。ここに来て、相手をケアする気持ちを言葉で表現すること
の大切さを日本にいることき以上に実感しています。しおんくん、すみこちゃ
ん、ちかちゃんとの友情を続けていくためにも、日本人同士の間でも照れずに
(すでに、私たちは照れるということを忘れてしまっていますが)相手をケア
する気持ちを伝え合って、支え合っていければいいなと思います。

砂子知香さんの2004年1月分レポート

JICの皆様、こんにちは。大田(’01-02 LAS)です。

秋学期からJIC奨学生としてUIUCへ留学中の砂子知香さんからのレポートが届きましたので、皆様にフォワード致します。

砂子さんの学期末の猛勉強の様子を読んで、カフェのコーヒーの香りや、試験前の殺気だった(?)雰囲気を思い出された方も多いのではないでしょうか。イベントや旅行なども楽しまれている様子。気候の厳しい頃ですが、体に気をつけてがんばって下さいね。

次回のレポートも楽しみにしています!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
2004年1月分レポート
砂子 知香
一橋大学法学部4年
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

がんばるぞっと意気込んで始まった秋学期も、課題提出と試験勉強に追われ
ているうちに終わってしまいました。どの授業もクイズにペーパーにと、中間
テストや期末テストのような大きいものの他に、学生に課されるワークの多い
こと、そして、その一つ一つに細かく点数が付けられるのです。まるで日本の
高校生のような生活をしていました。とにかくやるべきことがたくさん!授業
が大変で忙しくて…と、一時は疲れ果てていましたが、つまらないと感じたク
ラスは一つもありません。教授がやる気なだけに、私達も必死になれるのです。
院生のTA(アシスタント)が付いている授業も少なくありません。そして、勉
強をする場所も至る所にあり(日本で思い付くのは、図書館くらいですけど)、
どこに行っても本を開いている学生を見かけます。このように、勉強をするに
はこれ以上ないほど恵まれた環境が整っています。 ウィークデーにがんばっ
た分、週末はのんびり過ごしました。遅くまで寝ていて一日ボ~ッとしたり、
友達とご飯を食べに行ったり。留学生を対象にしたイベントもたくさんあって、
どんどん参加していました。いろんな国の人と出会えうことで、自分の興味も
広がります。また、大きいスーパーがキャンパスから離れたところにあるため、
半日を費やしてお買い物に行ったり。あと、映画は日本の半額以下で見られま
す。

そして、結果に関わらず、今期をやりきった自分へのご褒美として、冬休み
はN.Y. に旅行しました。広い広いアメリカを見るいい機会となりました。キャ
ンパス・ライフとは全く違った都会での生活をしてみて、いいリフレッシュと
なると共に、アメリカ社会の新たな面を垣間見ることができました。やはり、
キャンパスは限られた人々の空間であり、その意味で落ち着いた平和な場所で
す。それがN.Y.ではアメリカ中、世界中から人が集まって来ています。当たり
前のことだけれど、世の中にはいろんな人がいることを実感しました。 既に
春学期が始まっています。アメリカに来てこれまでに経験した全てのことが今
の自分を作り、ここに至っているのですよね。前学期よりは少し余裕を持って
周りに目を向けられるようにしたいです。

次のレポートではどんなことを皆様にフィードバックできるのか楽しみです。

篠原史温君の2004年1月分レポート

JICメンバー各位、

大田(’01-02 LAS)です。

JIC奨学生としてUIUCへ留学中の篠原史温くんからのレポートが届きましたので、皆様にフォワード致します。

篠原くんらしい見事な表現で、クリスマスやキャンパスでの交流の様子が生き生きと伝わってくるレポートです。皆様どうぞお楽しみください。篠原くん、ありがとう!次回も楽しみにしています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2004年 1月分レポート
篠原史温
東京大学システム量子学科修士課程一年
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

どうもご無沙汰しています。2003年JIC奨学生の篠原史温と申します。今回は
二回目のレポートということで、「クリスマス」「今学期の授業」「友情」に
ついて書こうと思います。

「クリスマス」

僕はAllen Hallという学部生の寮に住んでいるため、大きな休みがくるたびに
一時退寮することになっています。ほかのみんなは実家があるのでそこに帰れ
ばすむだけなのですが、僕の実家は日本にあるのでちょっとした「ホームレス」
になってしまいます。そこでThanksgivingの時と同様に最愛の(?)ルームメ
イト、Andrewの家にクリスマスが終わるまでお邪魔することにしました。

学期が終わってクリスマスまでの間は本当になーんにもしないでダラダラ過ご
しました。学期中、特に期末試験前、は死ぬほど勉強で忙しかったので「(生
産的なことを)何もしない」ことの喜びを生まれて初めて実感できました。

クリスマスパーティーはAndrewのご両親、お姉さんとその旦那さん、Andrewの
最愛の彼女Debbieと僕の7人でしました。TurkeyとCranberryという超アメリ
カンなごちそうを食べたあと、プレゼント交換をしました。プレゼント交換な
んて小学生以来なのでとても新鮮でした。プレゼントをそれぞれの人の性格に
合わせて選ぶ喜び、他の人がプレゼントを開けたときの反応を見る喜び、そし
て自分がもらったプレゼントを開ける喜び。すべてがここ10年間以上忘れて
いた新鮮な喜びでした。こういう良いアメリカの習慣はぜひ日本に持ち帰りた
いなと思っています。

僕は日頃からJet Li(中国系映画俳優)がいかにクールかをAndrewに話してい
たためか、”Romeo Must Die”という映画のDVDを彼からプレゼントされました。
かなり嬉しくて冬休み中に買ったばかりのノートパソコンで何度も観てしまい
ました。この時期に一番感動したことは、Andrewの一家が僕のことをまるで家
族の一員のように温かく迎え入れてくれたことです。僕の実家では親族同士で
集まることはあっても、親族以外の人(この場合、僕やDebbie)をそういう場
に迎え入れたことはありませんでした。僕はこの冬休み中にほかにも二つの家
庭を訪問したのですが、どこでも「熱烈歓迎」されました。

「なんでこの人たちはこんなに良い人たちなんだろう?」「どうしたら僕自身、
これくらい良い人間になれるんだろう?」こっちに来てから人々の優しさに触
れる度にそんなことを考えてしまいます。今までは優しさを「受信」するばか
りだったので、今年からは積極的に「発信」できる人間になりたいと強く思う
ようになりました。このようなことに気づけたのも、JICの皆様のが僕たちを
ここに送り出してくれたからだと思うと、皆様に感謝しても仕切れません。

「今学期」

今学期は先学期と同様にComputer ScienceとSpeech Communicationの能力を強
化していこうと思っています。Computer Scienceは前回の続きのような授業を
とっていて実際のプログラミングを通して「コンピューターがいかにして情報
を処理しているか」を学ぼうと思っています。プログラミングの課題がかなり
つらそうなので積極的に先生やTeaching Assistantに質問に行く予定です。

こっちに来てから勉学のことで一番驚いたことは勉強をするためのリソースが
とてもしっかりと整っているということです。先生がオフィスアワーをもうけ
ているのはもちろんのこと、Teaching Assistantが補講を開いて学生の理解を
助けるし、ウェブページは毎回の授業のポイント、授業中に用いたスライド、
テストの過去問を貼付けています。「こんなにしっかりと『教育』を行ってい
る大学は日本にあるのだろうか?」とふと疑問に思いました。

僕はもともとコミュニケーションが専門ではないのですが、先学期たまたまス
ピーチのクラスをとって以来、コミュニケーションに興味を持つようになりま
した。「どのようにしたら様々な人と円満な関係を築き上げられるか」が僕の
個人的な課題です。今学期は実際に討論をするクラスと個人間のコミュニケー
ションを扱うクラスの二つを受講します。どちらも実際に体と頭を使って学ぶ
スタイルの授業なので今からわくわくしています。でもきっと大変です。

「友情」

イリノイに来てから5ヶ月間が経ちましたが、何よりの財産は友達だと思って
います。僕はもともと友達を作るのがそんなに得意ではないのですが、ここで
はなぜかいっぱいできます。僕の友達は大きく、「アメリカ人」「韓国人」
「日本人」の3つのカテゴリーに分けられると思います。

アメリカ人の友達は主に同じ寮の友達か、日本に興味がある(または行ったこ
とがある)友達かに分かれます。本当にはじめのころは彼らが喋る内容を全て
理解するのが大変だったのですが、今ではかなり慣れてジョークを言い合った
りしています。そういうとき、この寮を選んで本当に良かったと思います。も
し僕がほかの場所に住んでいたら彼らには絶対出会えなかったと思うと、運命
を司っている神様に感謝せざるを得ません。日本に行ったことがある友達と話
すのも僕の大きな楽しみの一つです。昨日映画”Lost in Translation”を友達
の部屋で観ました。この映画は日本に滞在している二人のアメリカ人の人生を
描いているのですが、日本に一年間住んだことがある友達とは日本のことにつ
いて結構盛り上がれました(他の二人は超つまらないと言っていましたが)。

留学生の中では韓国人が大多数を占めています。一ブロック歩けば韓国人(ら
しき人)を見かけるほどです。先学期の英語のクラスメイトつながりでいっぱ
い韓国人の友達ができました。先日はお好み焼きと焼きそばを作ってみんなで
食べました。そのあと日本のTV番組「ごきげんよう」でやっているさいころゲー
ムをしました。さいころのそれぞれの面に「お題」が書かれていて(例えば
「初恋の話」といったような)、さいころを振った人はそれらの「超個人的な」
お題について話します。そこで「自分たちについて」という題目でみんなで話
をしたとき、いかに自分たちがいい関係を築き上げていっているかを実感しま
した。まだまだこれからも、一生つきあっていける友情を築くのが目標です。

一緒に来たあゆみちゃん(江崎さん)、すみこちゃん(中村さん)、ちかちゃ
ん(砂子さん)とはあいも変わらずに仲良くつきあっています。それぞれ性格
が違うところがうまく行く秘訣なのかな?と思っています。よく晩ご飯を一緒
に作ったりして食べたりするたび、「この4人で来れてほんとよかったよねー」
とか言っています。彼女たちとも一生かけがえのない友達でいたいと思うし、
いれると思います。日本にいたら結構離れたところに住んでる4人がイリノイ
では近所に住んでいるというのはなんとも不思議です。

長々と書いてしまいましたが、ここに書いたことはこちらで感じたり考えたり
したことのほんの一部です。本当にいい経験を毎日させてもらっています。こ
こにいる一日、一時間、一分、一秒がとても意義深いものであると、一生誇り
に思えるものであると確信しています。イリノイで勉強したり、多くの人に出
会ったりできる機会を与えてくださったJICにとても感謝しています。本当に
ありがとうございます。

中村寿美子さんの2004年1月分レポート

JICメンバー各位、

大田(’01-02 LAS)です。

JIC奨学生、中村寿美子さんからのレポートが届きましたので、皆様にフォワード致します。ファイナルの様子、イリノイでのクリスマス、休暇中のの旅行でアイオワの農場を訪れ、「地球に優しい」生活を体験された興味深いお話も書
かれています。

体調を崩されているようですが、どうぞお大事に。今セメスターもご活躍ください!

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞
 2004年1月分レポート
中村寿美子
大阪大学人間科学部ボランティア人間科学講座4年
∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

JICの皆様、ご無沙汰しております。私は、授業がはじまって一週間、冬休
みの覚めやらぬ興奮のせいか、はたまた授業再開の緊張のせいか、早々に風邪
をひき寝込んでしまいました。第2回目のレポートをこんな状況のなかでお送
りすることになるとは・・・もうだいぶとよくなりましたが、体調管理はほん
とにしっかりしなければいけないのだと改めて痛感しております。(そんなこ
んなで、このレポートの提出も締め切りぎりぎりになり、申し訳ありませんで
した)

さて、寝込んでいるうちに、砂子さんと篠原くんのレポートを先に読ませてい
ただきました。思い出を共有している身にとっては(勝手に自分でそう思って
いるだけかな。。。。)、「そうそう」とうなづくことばかりでした。特に、
この留学生仲間の4人が互いにとてもよい関係を築いていることに本当に私も
感謝しています。

第1回目のレポートを書いたあとから、ファイナルの時期を経験し、冬休み、
そして新学期再開と、熱のある体でいろいろと思い返してみると本当にたくさ
んのことがありました。ファイナルの時期は勉強に疲れたら冬休みの旅行計画
を立てるというように、うまくストレスを発散しながら勉強に取り組めたので
はないかな、と思っています。授業の雰囲気をつかめたのもあると思いますが、
10月始めのミッドタームの時期よりも心持ちスムーズに勉強できました。そ
れにしても、いつもレポートは提出期限ぎりぎり・・・でした。前回のレポー
トに書いたジャーナリズムの授業のファイナルペーパーなんかは5時締め切り
のところ、4時50分過ぎまで図書館でプリントアウトしており、その後猛ダッ
シュで先生のオフィスへ。。図書館の生暖かい空間から、外の冷たい空気を一
気に吸い込んでしまったため、あやうく呼吸困難になるかと思われたくらい、
自分でも滑稽な自分の姿でした・・・。先生は例のごとく笑って「OK,Su
miko~~」と一言。なんとか前期セメスターの最難関を越えた、という感
じでした。

冬休みは母が友人とともにアメリカまで来てくれました。24日に到着、25
日は私の住んでいるコスモポリタンクラブにシャンペーンに残っている友人2
0人ほどを招いて、日本食メインのクリスマスパーティをしました。母たちが
こちらに来てくれなかったら出来なかったことだし、また、私がコスモポリタ
ンクラブに住んでいなければできなかったこと、そして、イリノイ大学での生
活をかけがえのないものにしてくれているこの友人たちがいなければできなかっ
たことなのだなぁと思うと、本当に感動的なひと時でした。

母たちはシャンペーンには4日間程滞在したのですが、その間もたくさんの人
にお世話になりました。母の友人が元ソーシャルワーカーをしていたというこ
とから、シャンペーンのナーシングホームを見学したり、また私のホストファ
ミリーと一緒にお食事をしたり・・・。その度に暖かいシャンペーンの人の心
に触れられるような気持ちがしました。それから、不思議だったのは、シャン
ペーンをこの“私”が案内しているという事実です。こちらにきてまだ半年も
経っていないけれど、それなりにこの街で生活し、それなりにこの街のことを
知って、だんだんと第二の故郷と呼べるほどになっている・・・そういう気が
しました。

最初はどこへ行くのも地図が離せなかった私ですが、母たちの先頭にたって
「ここがね、あそこがね」と説明しながら歩いている自分が不思議でもあり、
なんだかちょっと誇らしくもありました。それにしても、リスを見つけてはカ
メラを向ける母を見て、私も最初のころのリスへの素直な感動を忘れつつある
のだなぁ。。。とそのことは少しショックでしたが。。シャンペーンからはシ
カゴに行き、そこで新年のカウントダウンをしたあと、アムトラックを使って
スプリングフィールドと友人のいるセントルイスを訪ねました。ガイドブック
には載っていない旅になりましたが、ほんとうに一生の思い出です。

母が帰ったあとは、これまたアムトラックの乗り継ぎ、アイオワまで知り合い
のかつての英語の先生だった方のお宅にお邪魔しました。その方は今では農場
を経営されており、言葉どおりの「地球に優しい」生活をされています。ソー
ラー発電、風力発電、暖炉はもちろんのこと、けっしてごみを出さない生活、
けっして無駄を出さない生活の実践者とも言える方でした。私はそこに一週間
滞在させてもらい、自家製パンやヨーグルトを作ったりしながら、これから地
球のためにしなくてはならないこと、たくさん教えてもらいました。今までど
れだけ、無駄を出しながら生活してきたか、反省すること多々・・・でした。

でも、それと同時に、この消費社会・使い捨て社会のアメリカの中で、徹底し
て環境保全をしている人たちもいるのだと思うと、ほんとにこのアメリカは、
様々な考えの人が共存する社会なのだなということを改めて感じました。

ちょっと指を拭いただけで紙ナプキンを捨ててゆく人と、汚れても最低1週間
は」同じ布ナプキンを使用する人がいる、この両極端な人がいる社会・・・そ
れら二者が交わりあうことはないんだろうか、と考えると少しさびしくなりま
す。私がお邪魔した農場での暮らしは「地球に優しい」生活の頂点のようなも
ので、普通の人にはなかなかできないかもしれない。少なくとも、キャンパス
での生活では無理です。それならば、もうちょっと自然なかたちで自然に地球
に寄り添って暮らしていく方法はないものか、それを探すのが今年の新たな目
標になった気がします。

アイオワの農場からシャンペーンに戻り授業が始まるまでの一週間、私はこの
目標に燃えました。どうやったら身近なところでごみを減らせるだろう、どう
やったら身近にリサイクルできるだろう、、、そして自分でパンを焼き、考え
ました。でも、なかなか難しい。そうこうしているうちに、授業が始まって、
あわわという間に風邪をひいたのでした。この週末は、この一週間の授業の遅
れを取り戻すのに必死になりそうです。レトルトのスープを飲みながら、「ど
うしたってごみは出るんだけど・・・」とちょっとがっくし。

でも、この冬休みの経験はいつか必ず役に立つと思っています。授業のことを
書く予定が、冬休みの思い出語りに」終始してしまいました。というのも、実
は風邪のせいで、なんとか授業には出席しているものの、その内容
は・・・・。。。この週末はこの一週間の遅れを取り戻すのに必死になりそう
です。それでは、長々と自分のことばかり書いてしまいましたが、またあと半
年、一生懸命がんばりたいと思っています。

これからもよろしくお願いいたします。