2004年11月8日室賀先生からの礼状届く

2004年11月8日,イリノイ大学名誉教授の室賀先生から、JICの原会長と会員の皆様に,平成16年度春の叙勲記念品贈呈に対しての礼状が届きました.

イリノイ大学日本同窓会会長 原さん

大変遅くなりましたが、お祝いのお言葉と記念品を頂いて恐縮しております。シカゴの領事館の前総領 事の坂場三男さんが推薦して下さったのですが、非常に判りにくい分野での研究ですので説明が難しくて苦労しました。その後長期にわたり担当された領事の折 橋正樹という方が日本の本省に対し根気よく説明戴いたおか げです。

Googleで “Saburo Muroga”、或は“室賀三郎”と打ち込むと英語と日本語の二通りのデータベースが出て来ます。内容もかなり違います。“Muroga”、或は“室 賀”と姓だけを打ち込むと私に関する前に最初に映画監督の室賀厚、次に室賀不動産、室賀温泉、室賀絞会社など一杯出てきます。訳の判らない研究などやっ ている穀潰しの研究者よりはるかに社会には重要なのだということのようです。

1960年にアメリカのIBM Research Centerに移るまでNTTに1950年から十年位居ましたが、その間1954年にイリノイ大学に半年留学しIlliacをふんだんに使ったおかげで 当時日本では知られなかったコンピュータ技術を講義やら雑誌や本に書きまくり、1990年代の日本の情報産業の立ち上げに走り廻ったことも功績に入ってい ますが、面倒を見た学生が成功しているのを見るのは大変うれしいです。Dell、SGI、Sunの副社長になったのもいますが、最近では世界第二の委託半 導体チップ製造会社のUnited Microelectronics Corp. (UMC)のCEO になった学生もおり、Wall Street JournalやNew York Timesに時折その学生の名を見るのは楽しい限りです。

昨年5月に神田学士会館でやって頂いた記 念退官の会合では何と150人の方々にお出で頂いたのは感激でした。最後にお会いしたのが50年前という方々も多く、私はその全部の方を知っている筈が最 後にお会いしたのが50年前ということになるとお互いに誰だか判らないという人々が半数位ありました。長い列を作って御挨拶を頂くということになったた め、待ち切れなくて途中で帰られた人々も多く、私としては御礼状の差し上げようもないという申し訳のないこ とになりました。

日本には叙勲のため5月7日から20日までいました。今年1月2日に前立腺を削り取る手術をし、手術の時に前立腺に癌があることが判り、9週間X線の 照射を毎日(週末を除き)7月末まで受けましたが、今は殆どもとの健康状態に戻りました。

ひとまず御礼まで。