川崎藍さんの2005年9月レポート

JICのみなさま、
こんにちは。2003年度奨学生の篠原史温です。今回の奨学生レポートの最後を飾るのは川崎藍さんです。

彼 女のレポートを読むと、「Chicago Weekend」という留学生向けの企画があったようで、自分の時にはなかったのでとてもうらやましかったりしました。僕も9月誕生日なので、彼女と同じ くらい盛大に祝われたことを思い出し、心が温まりました。それでは、川崎さんの元気いっぱいのレポートをお楽しみください.

2005-09-report-kawasaki-001.JPG

ICの皆様お久しぶりです。シャンペーンではここ数日の湿度の高い日が続き、日本の残暑を思い出させられましたが、いかがおすごしでしょうか。山のような オリエンテーションを終えた途端に授業が始まり、今度は山のような宿題に追われて気付けばもう十月。地図なしには教室にたどり着けなかった6週間前が遠い 日のように感じられます。多くの先輩方がレポートに書いていらっしゃるように、シャンペーンは自然に囲まれたとても静かな街で(それでも週末はBarに繰 り出す学生でとても賑やかですが)、東京のど真ん中へ毎日通学していた私にとっては、教室への道のりを歩いているだけで心が癒されます。あっという間とい いつつも振り返れば次から次へと様々な出来事が頭に浮かび、何からお伝えしていいか迷ってしまうくらいとても密度の濃い時間を過ごすことができています。 今回は数ある素晴らしい経験の中から三つ、Chicago Weekend 、授業、誕生日について、そして今後の課題を報告させていただきたいと思います。

2005-09-report-kawasaki-002.JPG

1. Chicago Weekend

私の留学生活は文字通りChicago weekendに始まり、これをなくしてこの6週間は語れ
ません。Chicago weekendとは大学の留学生課が今年から始めた企画で、シャンペー
ンに来る前に他の留学生とシカゴに滞在、観光をするというものですした(写真
1)。たった四日間とはいえ他の留学生達はとてもよい関係を築くことができ、こち
らに着いてからも一緒にオリエンテーションを受けたり、ご飯を食べに出かけたり
と、彼らにはあらゆる場面で支えられています。毎日大量の宿題に追われ、ともすれ
ばストレスに潰されてしまいそうな生活ですが、そんな時に遊びに連れ出してくれた
り、一緒に愚痴をいいあったりする仲間ができたことはとても有り難いことです。九
月の半ばには早くもThanks giving(十一月の下旬にある一週間のお休み)に一緒に
旅をしよう!という話題が持ち上がり、既にNYへ行くことが決定しました。初めての
NYを彼らと旅できるなんて、今から楽しみで仕方がありません。このように素敵な友
達に恵まれたおかげで、いまのところホームシックにもならずに楽しく毎日を送って
います。

2. 授業

今学期はESL(英語を母国語としない生徒のためのライティングの授業)のほかに、
Intercultural Communication(異文化コミュニケーション)、Molecular Cell
Biology(分子生物学)、Bioengineering(生物工学)、Jazz Danceを履修しています。
どの授業にも共通して言えるのは、単に知識を詰め込むだけでなく理解を目的とした
教授法であること、さらに教師から生徒への一方通行ではなく、相互で授業を作り上
げていくスタイルであるということです。残念ながら日本の大学ではこのような授業
にめぐりあうことは稀なので、とても貴重な体験をさせていただいています。私が留
学を決めたきっかけは、昨年アメリカの大学を訪れた際に授業中の活発な議論のやり
取りを見て、是非自分もこの環境で勉強したいと思ったことでした。毎回出される
reading assignment やessayをこなすために毎日必死というのが現状ですが、授業中
に発言できた時には自分がまさに夢見ていた環境で勉強しているのだということをと
てもうれしく思います。

なかでも面白いのがIntercultural Communicationです。“国や専門にとらわれない
広い視野を”ということからイリノイ大学では国際関係を専攻しようと考えていまし
たが、このクラスを見つけたときにはまさにこれだ!と思いこちらを履修することに
決めました。授業では、毎回予習したテキストを元にステレオタイプや異文化間の誤
解がどのように起こるのか、それを解消するために何ができるかを議論します。地元
の学生に加え、ドイツ、台湾、メキシコ、韓国そして日本人が教室の中に小さな異文
化空間を形成している様子はまさにアメリカの大学ならではの環境といえます。そし
てこの授業の魅力は、なんといっても実体験を議論に持ち込めるということです。日
本人として、また今まさに異文化を体験している留学生としての視点は毎回興味深く
取り上げてもらえます。最初のころは質問さえも理解できずに発言をためらいもして
いましたが、最近では積極的に発言し議論に貢献できるようになってきました。さら
に、今までだったらステレオタイプに結び付けてしまうような日常生活の中のふとし
た違和感を、この授業で学んだことを通して今までとは違う視点で見られるようにな
り、留学生活ならではの醍醐味といえます。

3.誕生日

九月の半ばに幸運にもここアメリカで誕生日を迎えられ、これまでに無いほど多くの
人に祝ってもらいました。まずは誕生日前夜、ルームメート達が夜中の12時ちょうど
に歌いながらプレゼントを届けてくれました。それまで次の日の宿題に追われ誕生日
のことなどすっかり忘れていたので、驚きと感動で胸が一杯になりました。そして誕
生日当日、授業から帰ってくると寮のスタッフが私の誕生日を祝ってくれたのです。
いくら今住んでいる寮(中根さんや白水さんと同じIllini Towerに住んでいます)の
待遇がいいからとはいえ(実際面倒見がよすぎるくらいなのですが)、まさか全員の
誕生日まで把握しているはずがありません。尋ねてみると、”エレベーターに貼紙が
あったよ”とのこと。なんとルームメート達が私に内緒でポスターを貼っていてくれ
たのです(写真2)。おかげで見ず知らずの人が”Happy Birthday”を言いに部屋ま
で来てくれたりと、イベントを盛り上げるのが大好きなアメリカ人ならではの(?)
祝福を体験することができました。そしてなにより、この出来事は私にとって大きな
意味がありました。というのも、私のルームメートは三人とも地元の一年生なのです
が、当初のつたない私の英語力ではなかなか彼女らの会話の中に入っていくことがで
きず、少し寂しい思いをしていたというのが事実です。しかしこの日をきっかけに一
緒に過ごす時間が長くなり、部屋の居心地がとてもよりよくなりました。

さらに、もう一つ忘れられない大きなイベントがあります。Chicago Weekendの仲間
が、私を含めた九月生まれのためのBirthday Partyを開いてくれたのです。当日は20
人以上が集まり、テーブルの上は各自が持ち寄った料理で埋め尽くされ、盛大なパー
ティーとなりました。彼らと出会えたことで留学生活が何倍も魅力的なものになって
いることは間違いありません。数々の出来事を通し、こんなに多くの人に祝福しても
らえる自分はとても幸せでということを実感しました。

今後の課題

①時間の有効活用
こちらに来る前から耳にしていた“アメリカの学生はよく学びよく遊ぶ”というのは
事実で、平日は夜中まで驚くほどよく勉強しますが(夜中の二時になっても学校のカ
フェテリアでは多くの学生が勉強しています)、週末には一転してパーティーに課外
活動にいそしんでいます。実際私も日本にいるときの数十倍(といっても過言ではあ
りません…)勉強していますが、それと同じくらい楽しい時間を過ごしています。ON
とOFFの切り替え、そして楽しみを見つけるのが上手いな、というのがこちらの学生
に共通して言えることです。時間を有効活用するスキルは、是非彼らをお手本に身に
つけたいと思います。

②交流
上で述べてきたように友達にはとても恵まれていますが、課題をあげるとすれば地
元、アメリカ人の友達がまだ少ないということです。こちらに来るまでに私が出会っ
てきたアメリカ人は、なにかと日本に関心がある人達だったため、仲良くなるのは比
較的簡単でした。しかし多国籍、さらに留学生がいることがめずらしくないここの環
境では、普通に過ごしているだけでは友達になるのが難しいのは事実です。ネイティ
ブスピーカー同士の会話に入っていくのはとても勇気がいることですが、クラスや課
外活動などにおいて自分から声をかける努力を続け、今後はさらに交流を広げていき
たいと思います。

③課外活動
この六週間を振り返ってみると、とても充実していたとはいえまだ日々目の前のこ
とに精一杯だったという感じをうけます。実際これまでほとんど英語を話したことの
無かった私にとって、英語で日常生活をするというだけでもとても大変なことであ
り、最初のころは授業など到底理解できないのではないかと心配したほどです。しか
し、つたない英語の質問にも丁寧に答えてくれる教授やTA、悩みを相談すれば親身に
なってアドバイスしてくれる留学生課のスタッフ、そしてなにより多くの時間を共有
している友達の支えのおかげで、ようやく心に余裕を持つことができるようになって
来ました。よって今後は目の前に迫ったことをこなすだけでなく、それぞれの活動に
おいて明確な目標を設定し、できる限り多くのことを吸収するということが課題で
す。そのために、勉強だけでなく課外活動にも積極的に参加していきたいと思いま
す。

最後になりましたが、日本では味わえない体験が出来るJICのプログラムに参加でき
たことをとても誇りに思います。このような素晴らしい機会を与えてくださった皆様
には心から感謝しています。自分が特別な立場にいるということを胸に、さらに多く
のことを吸収できるよう頑張りますので、次回のレポートもご期待ください。

中根純香さんの2005年9月レポート

JICのみなさま

こんにちは。私は2003年度JIC奨学生の篠原史温と申します。
今年から奨学生のレポートをみなさまにお届けするという大役をいただきました。
さて、記念すべき第一号は中根純香さんのレポートです。
ルームメイトの素晴らしさや、スピーチの大変さなど、ちょうど2年前の私自身の経
験と似通っている部分が多くあり、非常に共感を覚えるレポートです。
それではみなさん、純香さんの秋空のようにさわやかなレポートをお楽しみくださ
い。

2005-09-report-nakane-001.JPG

JICの皆様、いかがお過ごしでしょうか。2005年度の奨学生としてイリノイ大学で勉強させていただいている中根純香です。こちらはつい最近までは日本 と変わらないくらい暑い日が続いていましたが、ここ1週間は徐々に涼しくなり秋が近づいていることを感じます。8月の半ばにシャンペーンに到着してからの 1ヶ月半は本当に密度が濃く毎日が充実していたので、何をレポートでお知らせしようかずいぶんと悩みましたが<シャンペーンでの生活全 般><授業と余暇><留学生としてイリノイ大学で勉強することの素晴らしさ>について書いていきたいと思います。

<シャンペーンでの生活全般>

私はこちらに来るまでイリノイ大学がどんなところか全くイメージが湧かずにいました。アメリカに来ること自体が初めてだった上に、アメリカ=NYという安 直な固定観念を持っていた私にとって「トウモロコシ畑に囲まれたキャンパス」は想像することが難しかったのです。しかし、到着した3日後にはすっかりシャ ンペーンを気に入ってしまいました。ただ、ILLINOISと書かれた服を着て歩いている人の多さには驚かされます。日本では考えられないことなので最初 は圧倒されましたが、私も負けずにオレンジ色のILLINOISトレーナーを着て彼らに溶け込んで(?)います。

私は現在クオッドから 数ブロックのところにあるIllini Towerというプライベートの寮に住んでいます。Illini Towerに住んでいると言うと、「あそこは寮じゃなくてホテルだよ」とよく言われますが本当にその言葉通り良くも悪くもまるでホテルのような寮です。こ の寮では3~4人が一つの部屋をシェアするというタイプなのですが、バスルームはもちろんキッチンやリビングルームまでが部屋の中に揃っているためとても 快適に生活することができます。しかし一方では全てが部屋の中に揃っているため皆部屋に閉じこもりがちになり、あまり自分の部屋以外の人との交流がないの が「アメリカの寮生活を満喫するぞ」と勢い込んでいた私にとっては物足りなくもあります。

とは言え、ルームメイトにも恵まれ寮生活はと ても充実しています。私のルームメイトはイリノイ出身の2年生2人で、二人ともとても明るく毎日賑やかです(写真)。実は私は今日テストがあり、こちらで 初めてのテストということでかなり前から2人に「どうしよう、どうしよう…」と嘆いていたのですが、今朝起きてみると洗面所の鏡に”Good luck on your test, sumika”と書かれた紙が貼ってあり、テスト前で最後の詰め込みをしなければいけないのにも関わらず、感激して胸が一杯になってしまいました。このよ うに賑やかで優しいルームメイト達のおかげであまりホームシックにもならずに充実した寮生活を送ることができています。

<授業と余暇>

「アメリカの大学生はよく勉強する」日本でよく耳にしていた言葉は本当でした。私は今学期はESLを含めて4つの授業を取っていますが、どの授業も宿題や 次回までに読まなければならない文章が多くて日本の大学とのギャップを肌で感じています。日本の大学ののんびりしたペースに慣れていた私にとってはもう一 度自分を鍛えなおす良い機会なのかな、と思って前向きに取り組むようにしています。

今受講している授業の中で一番面白いのは Public Speakingの授業です。私は日本でもサークルで英語スピーチをやっていたため最初は軽い気持ちで取ったのですが、とても密度の濃い授業だということ が分かり毎回気合を入れてスピーチの準備をしています。この授業では全部で6回スピーチをするのですが、観客が全員ネイティブスピーカーだということで緊 張感が数倍になる上に、原稿の内容(論理性など)も重視されるので原稿作りから発表前の練習まで必死になってやっています。

このように、PaperやReading assignmentに追われる毎日ですが息抜きの機会には事欠かないせいか追い詰められている感じはあまりしません。ウィークデイには友達との食事、 WIMPE(できたばかりの新しいジムです)でのダンスのレッスン、コスモポリタンハウスのコーヒーアワーなどが良い気分転換になっています。そして週末 にはフットボールを観戦したり(スタジアムがオレンジ色の服を着た人で埋め尽くされるのは圧巻でした)、皆で料理を作って持ち寄りパーティーをしたり(私 は焼きそばと杏仁豆腐をつくりなかなか好評でした)と、思い切り楽しんでいます。

中高生のころから「勉強と遊びのメリハリをつけなさ い」とはよく言われてきましたが、よく遊びよく学ぶアメリカの大学生はまさにこのメリハリのお手本のようです。この「メリハリ」は人生を豊かにするものだ と思うので、良い習慣として身につけて是非日本に持ち帰りたいと思います。

<留学生としてイリノイ大学で勉強することの素晴らしさ>

ここ1ヶ月半シャンペーンで過ごしてつくづく感じるのは「イリノイ大学は留学生にとって本当に過ごしやすい」ということです。このことはアメリカに到着し た直後に特に感じました。今年からStudy Abroad Office (留学生の為のオフィスの1つです)の主催でChicago Weekendというイベントが始まったのですが、これは参加を希望した留学生はシャンペーンに行く前にシカゴのオヘア空港に集合して4日間シカゴ観光を して皆でシャンペーンに向かうというもので、その4日間で他の国からの留学生とも仲良くなりアメリカ生活の不安も軽減されて、このイベントが始まった年に 留学できて本当にラッキーだったなと思います。その後も何かあるたびにStudy Abroad Officeの方がサポートしてくださったので到着した当初は本当に心強かったです。

そして、それぞれの授業でも自己紹介を兼ねて先生 を訪ねると「日本からの学生が受講してくれてとても嬉しい。何かできることがあれば手助けするから」というようなことをどの先生からも言われ、実際に沢山 の質問を抱えてOffice hourに行っても一つ一つ丁寧に答えてもらえるのでとても有難いです。そして、そのように好意的に受け止めてもらっていると、「期待に応えるぞ」とやる 気も湧いてきます。

最後に何よりもJICの奨学生としてイリノイ大学で学べることの素晴らしさは忘れることは出来ません。教職員の方な どに「JICを通して留学している」と話すとこの制度を知っている方も多く、改めて伝統のある奨学金なのだなと気が引き締まります。そして、他に一緒に やってきた3人の奨学生がいることもJICを通してイリノイ大学に留学することの素晴らしさの1つです。疲れている時でも他の奨学生に会うと話しているう ちになぜか大笑いになり元気を取り戻しているのは不思議ですが、本当に色々な面で支えられていることは確かです。彼女達と一緒にイリノイに来ることができ て本当に良かったな、とこの1ヶ月半を振り返ってつくづく思います。

勉強をしている合間、キャンパス内の道を歩いている時などちょっとした瞬間に「この大学に留学している自分は本当に幸せだな」と思うことが多々あります。 そしてこのような機会を与えて下さったJICの皆様には本当に感謝しています。残り8ヶ月もあっという間に過ぎていきそうですが、できるだけたくさんのこ とを吸収して帰れるように1日1日を大事に過ごしていきたいと思います。