菊池智子さんの2012年1月分奨学生レポート

JIC会員の皆様、お久しぶりです。第36期奨学生の菊池智子です。

前回レポート提出時は目に色鮮やかな紅葉の時期だったと思いますが、木々の葉もすっかり落ち、いよいよ本格的なイリノイの冬到来という印象です。しかし、思っていたほどまだ寒くなく、気温は1月下旬でも日本の冬と同じくらいです(風はもちろん強いですが)。

奨学生4人とも感じていることだと思いますが、もう留学生活も残すところ半分もないのだなと思うと、本当に不思議な気分です。冬休みが明けて1カ月ぶりに戻ってきたキャンパスには以前と同じように学生が溢れ、そんな中で食べる久しぶりの寮の食事さえも懐かしく感じました(嘘だろうと思われると思いますが、事実です。今や、茹でていない生のブロッコリーやカリフラワーのサラダが好物になっています)。

ハロウィーン以来のレポートになりますが、今振り返ってみても実際には勉強や友達とのハングアウトが大きなウエイトを占めているので、「特別」という聞こえはしないかもしれません。しかし、私にとって、普段の「特別ではないこと」がいかに「特別」であるか、また、日本での「普通」がここでの必ずしも「普通ではない」ということを思い知らせてくれるということが、この留学を通して約5カ月感じてきたことです。

 

<ハロウィーン~ボストンキャリフォーラム>

前回レポートでお伝えしたのはハロウィーンの前までだったかと思います。アメリカのハロウィーンというものにイメージは漠然とありましたが、実際にどのようなものだろうと興味津津でした。2週間ほど前から段々ハロウィーンのムードが漂い、パーティーでの仮装はどうするかという話が持ち上がり始めます。寮や街もハロウィーンの装飾が多くなり、授業でも

11月中旬にはボストンキャリアフォーラムという就職活動イベントがあり、私たちもそれに参加してきました。私自身は本心から言うと大学院で勉強を続けたいのですが、一度社会というものを見てからアカデミアに戻ることも考えているため、今回は非常に良い機会でした。私は現在日本の大学を休学して来ており、日本の就職活動に参加することができませんでしたが、ボストンキャリアフォーラムでは200社弱の日本(あるいは外資)企業が3日間で集中的に採用活動を行うので非常に効率的でした。一度に様々な企業の説明会に参加したり、その場で面接を受けられる機会はキャリアフォーラム以外にはほとんどないのではないでしょうか。企業によってはその日のうちに内定を出してしまうところもあるようです。

特に就職活動時期の大学3年生、4年生は是非行くことをおすすめしますが、そうでない2年生以下でも、ボストンの街並みは必見だと思います。レンガ造りの街並みはとても落ち着いた雰囲気ですし、何よりも、シャンペーンでなかなかありつけない新鮮なお寿司を食べることができました。ボストンで唯一日本人の方が経営されているお寿司屋さんだそうです。来年以降、ボストンに行く機会があればぜひお立ち寄りください。URL http://www.osushiboston.com/

 

<サンクスギビング>

1119日~27日まではサンクスギビングで学校が休みだったので、以前から一度は行ってみたいと思っていたニューヨークに足をのばしてきました。普段生活しているシャンペーンとは全く違い、また、シカゴのアーティスティックな建築群ともまた一味違うダイナミックな街だと感じました。タイムズスクエアに行った時は夜の10時頃だったのですが、休日だったせいか人の多さとネオンの眩しさに圧倒されるほどでした。Big Appleと呼ばれるだけあり、本当に様々な人種の様々な階級の人が混ざり合っている、そういう街でした。

特にニューヨークで好きだったのは、お洒落なカフェやレストラン、バーが多かったことです。東京や大阪そして他の大都市にもそのような場所は多いですが、ニューヨークの場合特にモダンで洗練されていながらフランクで賑やかなスタイルのお店が多いと思いました。この雰囲気はBig Appleならでは、という感じがします。

コロンビア大学にも行きましたがとても素敵な大学で、街の中にありながらアカデミックさを崩さず落ち着いた空間でした。少し建物の中にも入ってみましたが思っていたより校舎も格式高い造りになっており、いつかこの大学で学ぶためにまたニューヨークに戻って来たいとさえ思える魅力を感じました。

 

<ファイナル試験>

ミッドタームやファイナル試験では「英語すらままならないのに英語で学科試験なんか受けられるのだろうか」という不安を抱えながら臨みました。しかし結果としてわかったことは、英語で試験を受けて良い点数を取るということは、英語の問題ではなく内容理解度の問題であり、やはり言語は違えど、どれだけ勉強したかによって決定するということです。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、言語の面でのディスアドバンテージは言い訳にならないということを思い知りました。試験のやり方は様々で、チームでプレゼンテーションをした授業、レポート、筆記試験もあり、中にはこれらの2つ以上を課す授業もありましたが、特にチームで動くプロジェクトはアメリカ人の友達とも仲良くなることができ、ミーティング等忙しくはありましたがとても楽しかったです。

また、私は日本語の授業でTAのアシスタントをさせていただく機会があり、日本に興味のある学生たちにビジネスの場での会話を教えたり、実際に面接官としてファイナル試験ではevaluation(成績評価)にも関わらせていただきました。これもまたとない貴重な体験として秋学期の良い思い出となっています。

 

Spring Semester開始、授業内容>

いよいよ、Spring Semesterが始まりました。今学期履修しているのは以下の6クラスです。

PS101 Introduction to US Government & Policy

ECON103 Macroeconomics

BADM199/395 Entrepreneurship and Enterprise Development

ECON202 Economics Statistics

ENG360 Lecture in Engineering Entrepreneurship

CHLH465 Environmental Health

今季は前回よりもビジネスや政治といった科目に注力して履修しています。一番面白いと感じるのは BADM199/395Entrepreneurship and Enterprise Developmentです。その名の通りアントレプレナーシップを学びますが、定義やマインドセットなどの講義から始まり、実際に起業するときに必要になってくる素養や思考方法について学びます。最終的にはプロジェクトとして3~5人の班をつくり、起業計画を行う予定です。

その他に、Political ScienceMacroeconomicsの授業も取っていますが、特に政治学については文化的にアメリカの根底と言える部分を垣間見ることができるので、Reading Assignmentは多く大変ですがその分得るものが多い授業です。以前から少し感じていたことではありますが、やはりアメリカは学生でも政治への関心が高いという印象を受けます。学ぶという受け身の姿勢ではなく、様々なイデオロギーに関して進んで議論していくスタイルの授業で、4か月経った今でも自分はまだまだだと痛感させられる瞬間です。そもそも日本にいるときはあまり政治に関心がなく、選挙もただ何となく行っていたのですが、アメリカでの選挙というのは国の一大イベントであり(現在もちょうどその期間ですが)、国民それぞれがポリシーをもって政治に参加しているようです。違う国の政治を勉強するにあたって、自分がいかに自国の政治について無知であるかも身をもって感じることができました。

春学期はまだまだ始まったばかりなので、これから自分なりの要領を模索していいペースで勉強に取り組んでいけたらと思います。

いつもレポートやビデオを楽しみに見てくださるJICの皆様の存在は、アメリカ生活で日本とつながる大きな心の支えになっています。残り4カ月を切りましたが、後悔の無いように、日本に帰って良い報告ができるように頑張ります。