鹿山ゆかりさんの2013年2月分奨学生レポート

JICの皆様、そしてこのレポートを読んでくださっている皆様、ご無沙汰しております。第37期奨学生の鹿山ゆかりです。
シャンペーンの冬は予想通りとても寒く(友人曰くこれでも暖冬だそうですが)、膝までの長いコートとブーツ、イヤーマフラーは必須です。とはいえ最近はあたたかくなってきており、リスをたくさん見かけるようになりました。春が近づいていることを実感しています。

リスもびっくりの寒さ!

今回のレポートではI. 期末試験、II. 今学期の授業について、III. その他について書きたいと思います。

I.期末試験
12月に入ると、キャンパスの雰囲気は期末試験モードになり、図書館や寮のラウンジ、キャンパス内のカフェなど大学のあらゆるところで勉強している学生を見かけるようになりました。サークルが勉強会を開催していたり、寮では試験期間にマッサージサービスがあったり、Writers Workshop(留学生向けにレポートの文法等の添削をしてくれたり、レポートの資料探しの相談に乗ってくれるところです)が夜の10時から2時までwalk-inでの添削を受け付けていたりと、試験のサポートに関する情報も多く見られる(聞く)ようになりました。
私は実技試験の他にレポートやプレゼンテーション、Book Review等が課されたため、期末試験期間は他の学生と同じく図書館と寮を往復する毎日を送っていました。

II.今学期の授業について
今学期履修する授業の中からいくつかを紹介したいと思います。

★GLBL 392 International Diplomacy and Negotiation
タイトル通り、外交と交渉について学ぶ授業です。通常の授業に加えて週1回のディスカッションがあり、毎回とても楽しみにしています。学期途中からオンラインのシュミレーションシステムを使って他大学の学生と外交の交渉を行うようです。私のクラスはブラジルを担当することになりました。

★HRE 199 Leadership in Global Engagement
様々なゲストスピーカーを呼んで文化やリーダーシップついて学ぶ授業です。毎回リーディングが課され、授業ではそれについてのディスカッションが中心です。また、この授業をとっている学生の半数が澳門大学から来ているため、彼らからマカオについて様々な話を聞くことができます。
授業外では澳門大学の学生とイリノイ大学の学生がペアを組んでテーマを決めて研究を行います。結果は4月にあるUndergraduate Research Symposiumにて発表の予定です。

★SOCW 199 Community-Based Service Learning
イリノイ大学とTap in Leadership Academyが提携して行われる授業です。学生がシャンペーン市内の中学校(Franklin Middle School)と高校(Centennial High School)に行き、放課後数時間、チューターとして生徒の相談に乗ったり勉強を教えたりするというものです。
このプログラムは中高生に学外で刺激となる場を作ることを目的としてできたそうです。研修では、このセッションに参加するのは学校の勉強だけでは物足りない学生から授業について行けない学生まで様々であること、学校の授業ではないので生徒とたくさん話をしてほしいこと、また英語が母国語でないために勉強について行けない・勉強への意欲がわかない学生がいるので彼らのフラストレーションを取り除いてほしいというリクエストなどを聞きました。
先日、中学校に行ってきました。学生たちの課題をいくつか見て、アメリカの教育は(少なくともFranklin Middle Schoolでは)アウトプットを重視している印象を受けました。プレゼンテーション等、クラスでの発表の機会が非常に多いのです。また、授業内でパソコンを使うことが奨励されており、課題が知識の習得だけでなく情報リテラシーを高めるためのものとなっていました。例えば、私が担当した生徒のBlack Historyの課題は設問と共に調べ方のヒントが書かれていましたし、理科の授業ではプリントの最後に「これら答えを得るにはどのように調べるのが良いか」という設問がありました。

tutoringの様子。一対一、もしくは一対二で教えています。

III.その他
イリノイ大学では毎日どこかでイベントや講演会、交流会などが開かれています。行ったものの中から印象深かったものを紹介したいと思います。

★セサミ・ストリートの声優、Caroll Spinneyさんの講演会
11月の終わりにUnionにてCaroll Spinneyさんの講演会がありました。彼はアメリカで(もちろん日本でも)大人気のテレビ番組“セサミ・ストリート(Sesame Street)”のビッグバード(Big Bird)役とオスカー(Oscar the Grouch)役を務めていらっしゃる方です。会場には学生のみならず子供からお年寄りまで多くの人が集まっており、セサミ・ストリートの人気の高さを改めて実感しました。
Spinneyさんは自分の生い立ち、セサミ・ストリートの仕事について、役者としての喜びについて、涙やユーモアを交えて語って下さいました。オスカーのパペットを持って「オスカーとして」挨拶してくださりました。パペットを持ってオスカーになりきる時の彼の表情の変化は言葉に表せないほど迫力がありました。講演後、Spinneyさんとお話しする機会があったのですが、「日本からはたくさんのファンレターを貰っているんだ。いつも勇気づけられているよ」と笑顔で話してくださいました。
セサミ・ストリートは私がおそらく人生で一番最初に触れたアメリカの文化であり、彼の講演を聴くことで自分と英語の関わりの原点のようなものを思い出しました。

★Philippine Student Associationのイベント
友人が入っているというフィリピン学生協会(通称PSA)のイベントに行ってきました。イリノイ大学には様々な国の学生組織(学生協会)があります。様々な国について学んだり、そこに住む友人を作ったりするには最高の環境であると思います。
このイベントは公演とディナーの二部で構成されており、公演ではフィリピンの民族舞踊、PSAの学生によるダンスや国歌斉唱など、内容盛りだくさんでした。このイベントはフィリピンについて伝えるだけでなく、チャリティを目的としているようです。収益金の寄付先、フィリピンのストリートチルドレンについてもしっかりと紹介しており、大変内容の濃いものでした。
PSAのような学生協会は学生間の交流だけでなく、学生達が自分のルーツを確かめるのに役に立っているようです。私の友人が「アメリカで普通に生活していると自分のルーツについて知る機会はほとんどない。PSAに入って良かったと思う」と言っていたのが印象的でした。

こちらはTIA(Taiwan Intercultural Associationの旧正月のイベント。

★競技ダンス
数日前に社交ダンスの体験講座に行き、とても楽しかったので今学期は競技に出ることに決めました。競技ダンスの大会はレベル別に部門が用意されており、どのような人でも参加することができるそうです。今は3月の頭にある大会に向けて練習をしています。
競技と言っても練習の雰囲気は和気藹々としており、それぞれが自分の好きな(必要な)メニューをこなしているという感じです。

雪が降った翌日のQuadの様子。とても綺麗でした。

留学生活も残り3か月となり、時の経つ早さに驚いています。多くの方からのサポートに感謝しながら、多くのことを学んで帰国したいと思います。