勝田梨聖さんの2014年9月分奨学生レポート

JICの皆さま、ご無沙汰しております。そして、レポートを読んでいらっしゃる皆様、はじめまして、神戸市外国語大学 国際関係学科 三年生在籍の勝田梨聖と申します。この度は、第39期奨学生として1年間、イリノイ大学アーバナシャンペーン校で留学する機会を賜り、幸甚に存じます。

こちらイリノイ州へ渡ってから一か月以上経過したことがとにかく信じられませんが、予想以上に早く環境に適応でき(いや、むしろ海外にいるという感覚すらあまりない気がします)、気温の変動にも少しばかりは慣れ、迫りつつあるMid-term examsの準備をしながら本レポートを書いている次第です。

 

今回の9月レポートでは、

  1. 留学までの経緯

II.授業

III. キャンパスでの生活

に分けてご報告したいと思います。

 

I.留学までの経緯

今こうして、アメリカという異国の地で、そして現地の大学で学生と一緒に学んでいるなど、一年前では想像もできないことでした。もっとも、私は大学入学時から漠然と「留学したい」という思いを抱えていたものの、具体的に何を学びたいか、何のために高額を投資してまで留学するのか、などと言った疑問に答えることはできませんでした。

「とにかく留学すれば何か見つかるかもしれない。」むしろ、そんな気持ちにすがっていた節があるように思えます。

 

大学一年生の秋、大学で募集していた交換留学制度(二年生9月からの一年間)に応募してみようと踏み切り、チューターの教授にサインを求めて研究室へ行ったときのことでした。留学の志望理由、将来へどう活かすか、あれやこれやと説明したものの、それを聞いた教授の返ってきた返答は「どうしてそんなに急いでいるの?」でした。どこかで耳にしたことのあるような継ぎ接ぎの言葉での志望理由や、はっきりとしない留学の目標を、どうやらその教授は見抜いていたようで、そんな「とりあえず留学してみよう」という気持ちの公立大の学生が、市民の税金を使わせていただいてまで留学する意義が見えてこない、と言われました。当初は、それでも自分なりによくよく考えて出した結論のつもりであり、反抗期のように「分かってもらえなかった」なんて実は思っていたりもしましたが(笑)、それでもやはり心に引っ掛かる部分もあり、交換留学は断念することにしました。

 

そして自分の中での大きな転機が訪れます。大学二年生に入り、国際協力の活動に取り組むようになりました。もともと国際関係学科に入学したのも、途上国支援に興味があったからでしたが、この活動を始めて、日本での活動以外にも、実際にアジアの途上国や村々を訪問、視察し現地の人々と交流する中で、途上国の開発について考える機会も多くなりました。と同時に、現在在籍する大学では、深く開発について掘り下げる授業が残念ながら少なく、メディアや本、知り合いのNGOの方々や他大学の教授、また同じく国際協力団体を運営する学生同士の関わりのなかで、経験をもとに国際協力について考える機会が多くなったのです。そして、学生団体の弱みや限界、開発に関する自分の知識不足をひどく痛感するとともに、将来もっと本格的に開発に携わっていきたいと考えるようになり、より学術的な分野での「途上国開発」を学ぶため、海外の大学で学ぶという道を再び目指すことになりました。

 

もちろん留学をきっかけに新たな興味を持ち、想像していた道とは正反対に進むこともありますし、あまり偏狭に留学前から決めすぎるよりかは、どっしりと広く構えていた方が良いと思います。それでも、留学の基本的な目的を見つけ、それを達成する手段として、恵まれたことに、JICの皆様が私に留学の機会を与えてくださったおかげさまで、望んでいた開発の授業や国際関係学を学びながら、とても充実した日々を過ごしています。(ちなみに、かのチューターの教授はなんと三年次から私のゼミの先生となり、留学することを伝えたところ、「ほら、急がずに待っていてよかったでしょう」とのお言葉をいただきました。)

 

長々と語ってしまいましたが、これからの一年は、日本での環境では経験できないような活動や授業を通して、より一層自分の興味を掘り下げ、またあわよくばもっと足を動かして、新たな面白いことを見つけられればと思っています。

 

II.授業

秋学期は、履修登録期間中にあれやこれやと授業に顔を出しましたが、以下の授業を受講することにしました。

CMN101: Public Speaking (Prof. Laura Gallant)

PS241: Introduction to Comparative Politics (Prof. José Antonio Cheibub)

PS240: Comparative Politics in Developing Nations (Prof. Matthew S. Winters)

GLBL250: Development (Prof. Kate Grim-Feinberg)

 

CMN101: Public Speaking (Prof. Laura Gallant)

この授業は過去の奨学生の方々も多く取っていらっしゃり、おすすめだと伺ったので受講することにしました。私以外全員ネイティブスピーカー、または在米歴の長い生徒で、なんとなく最初は気が引けていましたが、クラス外でも”HEY, RISE!!”なんて声を掛けてくれるので、今はとてもリラックスしながら授業を受けています。ただ最も苦労するのは授業内の即興スピーチであり、脳内で瞬時に構成を考えて喋ろうと思ってもなかなか上手くはいかず、残念な結果に終わって悔しい思いもすることも…。それでもネイティブが(勿論のこと)自由に言語を操り、効果的な言い回しやデリバリー技術を交えながらスピーチする姿には毎回学ぶものが数多あります。最近のスピーチでは6分間のデモンストレーションがテーマで、日本人であることを活かし、風呂敷を使ってバッグを皆の前で作りました。たった一枚の布でカバンを作ることに対し、”Are you kidding?” と訝しげでしたが(笑)、無事成功し良い反応を得られました。そのほかにも、リュックの詰め方、背負い方のデモンストレーションを1人ずつ行いましたが、本を投げ入れる”Throwing Method”や逆に異常なほど丁寧に扱う”Treating with Care”など個性のある即興スピーチを見たり発表したりできる、とてもユニークな授業です。

 

PS241: Introduction to Comparative Politics (Prof. José Antonio Cheibub)

この授業では、先進国、発展途上国、中進国における政治体制、経済の仕組みなどのバリエーションをまず比較し、そして何故その違いが生まれるのか、またその違いによってどのような結果が生まれるかを考察していきます。そのような”Why?”や”How?”の疑問に答えるために仮説を立て、その仮説を立証するために方法論を交えながらデータを分析していきます。基本的にはその国の経済レベルや国民の自由度などを参照しながら、主にProf. Cheibubが論文で発表したD&D (Democracy and Dictatorship)measureを用いてリサーチを進めているのですが、民主主義か独裁主義か判断する前提として、民主主義の最低限必要な要素は何か、選挙にどんな条件が必要か、そしてそれらを基に考えると、例えばボツワナは民主主義か独裁主義か…、こういった疑問をデータを根拠に考えていきます。また、数字を分析するだけでなく、周囲の学生と議論する中でも、自分1人では気付けなかったような新しい考え方を得ることもあります。日本では、GDPやGNIなどのデータをこれほど細かく比較をしながら政権について考える機会があまりなかったので、理論的な根拠を手掛かりにWhy?やHow?について思考するのはとても興味深いです。

 

PS240: Comparative Politics in Developing Nations (Prof. Matthew S. Winters)

昼間のパートが他の授業と重なったため、講義は夜7時からという何とも微妙な時間帯を選択せざるを得ませんでしたが、この授業では途上国と先進国を比較分析しながら、政治と開発の関係について考察を進めています。この授業で一番面白いのは、”counter-factual”(反実仮想)について、つまり、もしこの事実が存在していなかったらどうなっていたかについてディスカッションすることで、ミレニアム開発指標がもし存在していなかったら、果たして平均寿命や就学年数に改善はみられたかどうか等を皆で考えます。経済開発だけが民主化を推進するのか、資源と独裁主義にはどのような因果関係が存在するのか、教授から次から次へと投げかけられる疑問に英語で自分なりの意見を組み立てるのには(時間帯も関係するのでしょうか…)とても苦労しています。また、ベースとして、上述のProf. CheibubのD&Dや、それとは異なる測定方法を用いたデータを使用していますが、そもそもデータの裏付けとなる個々の地域の背景知識が不足しているとひどく痛感します。そこで、毎週の課題に取り組みながら、インターネットという文明の利器を駆使して、民主化の歴史や経済状況を学んでいるところです。

PS241にも当てはまりますが、日本の大学とは違って、これらの授業は週に3回、各1時間ずつ(教授によるレクチャーが2時間、TAが進めるディスカッションが1時間)あり、授業間の間隔が大きく空かないことと、1時間という比較的短時間の中で集中して学べるというメリットがあり、効率的だと感じます。また、TAがレクチャーのカバーとして補足説明をしてくれるので、理解をさらに深めることもできます。

 

GLBL250: Development (Prof. Kate Grim-Feinberg)

さて、今学期ずば抜けて最もしんどく、同時に一番楽しんでいるのがこの(途上国)開発の授業です。現在はまだ第一段階ですが、”Third World”の民主化運動や政治腐敗の歴史のみならず、ケインズ派、古典派、新古典派などの経済学の理論や人間開発論を基に、First WorldとThird World側の考え方の相違について学びます。そもそも「開発」とは?それぞれの主義や理論は開発にどう結びついているか?そして、どういった開発援助方法がもっとも成功しやすいのか?こういった抽象的な疑問を学期末にはケーススタディを通して答えられるようになることがこの授業の目標です。

ところで私がこの授業で非常に苦労している理由は、課題の量と授業形態にあります。火曜日と木曜日の週2回の授業ですが、毎回30~40ページほどの理論と具体的な歴史の描写がぎっしりと書かれているテキストをワードファイルに纏めて、完全に理解しなければいけません。でなければ、次の授業で文字通り取り残されてしまうからです。受講生は10人ほどの少人数ということもあり、こじんまりしている分、議論がとても活発です。教授が概念の整理をするものの、基本的には常に質問や意見が飛び交う80分のディスカッションのようなもので、「今回の課題テキスト、どんな内容だったっけ」ではあっという間に置いて行かれます。当初は、学生の話すスピードに、唯一のノンネイティブである私の英語力がついていかず、明らかに議論にあまり参加できていなかったため、学生の動かす口を眺めながら、ただ「この授業をドロップして次学期に受講するべきか否か」についてひどく悩んでいた程です。しかし教授に相談したところ、「確かに言語面での心配は抱いているとは思うけど、あなたなりの視点をきちんと提供してクラスに貢献している」との言葉をいただき、それ以来は前向きに考えられるようになって、”Better than the last time”を目標にトライしています。それからは、(授業にもきちんと集中し(笑)、)以前よりも積極的にディスカッションに参加できている自分を実感でき、大量の課題にも少しは効率的に取り組めるようになりました。

自分が一番学びたい内容であったからこそ、言語がネックになっていることに悔しさを強く感じますし、教室に入る前には「よし…80分!」と気合注入が必要ですが、それでも根気強く、そして何よりも非常に楽しみながら取り組んでいます。

 

III. キャンパスでの生活

一か月もすればすぐ寒くなるだろうと思い、あまり夏物の衣服を持ってこなかったため、なんとか今まで大学で貰ったfree T-shirtsで毎日を凌いでいます。一時期は息も白くなるくらい冷え込んだものの、またすっかり夏に戻り、かと思えば急に激しい雷雨に襲われ…慌ただしい天気が続き、風邪を引いている学生がちらほら。それはさておき、最後にキャンパスライフについてご報告いたします。

 

*暮らし全般について*

出国の準備、学生団体代表としての最後の運営、大学の試験勉強、アルバイト、友人との別れなどを済ませ、最後の一瞬まで忙殺されながら日本を発ちました。そして到着したシカゴのオヘア空港。イリノイ大学までの直行バスから眺めたあたり一面のコーンフィールドと夕焼けは目に強く焼き付くほどの絶景で、長旅を癒してくれました。(後ほど地元住民にそのことを伝えると、「そんな人初めてだよ(笑)」なんて驚かれましたが…)

右も左も分からない状態で飛び込んだキャンパスですが、到着後一週間は授業がなく、毎日オリエンテーションやパーティーの連続です。インターナショナルの学生向けパーティーに行っては友達を作り、ワイワイ盛り上がっては寮に帰って、翌朝も手続きを済ませてはよく分からないイベントへ…。また、とにかく時間がたくさんあったため、台湾人と日本のカレーを求めて、あてもなくキャンパスからはるか離れた場所をさまよい、ひどく空腹状態の中、案の定帰宅困難に陥ってしまうなんてこともありました(笑)

 

(勝田)写真1

(お喋り中に、マジシャン到来。皆、釘付けです!)

 

…と非常にエンジョイしているように聞こえますが実は、ネイティブスピーカーの言葉の流れるスピードに圧倒され、且つ思うように英語で表現できないなどの精神的な悩みや、wi-fiが繋がらない、大学内のバスで未知の住宅地へ迷い込むなどのトラブルも重なり、最初の数日間はとてもブルーな気分でした。図書館のソファにバタッと倒れこみ、友人らが出国前にプレゼントしてくれた「元気が出るソング集」を聴きながらただ茫然と時間を過ごしていたこともあります。

しかし一か月半が経った今は、授業、勉強、遊びにもリズムが付き、この生活に随分と慣れました。語学に関しては、自分にはまだまだ鍛錬が必要であることを認識し受け入れ、落ち込むだけでなく何が必要か、どうすれば向上するかを模索しています。例えばBCC, CNNなどのラジオを就寝前に聴いたり、TEDで興味のあるプレゼンを観たり、友人の会話で「これ使える!」なんて表現はその場で吸収して自分のものにしたりしています。おしゃべりの後に「あれは、こういう表現の方が良かったなあ…」と、1人でぶつぶつフィードバック(?)をしながら歩いていると、友達にバッタリ。「リセ、何喋っていたの?」と聞かれ、あたふた。とりあえず一通り挨拶を交わした後に、「さっきの挨拶はこう言うべきだったな~」とまたぶつぶつ。そんな繰り返しです。

 

(勝田)写真2

(友人とテニスの様子。写真フォルダを見ると、あまり写真を撮る癖がないことに気が付きました。)

 

*LLCのIntersectionについて

私はこの一年間、Living Learning Communityの一つ、Intersectionというグループに属しています。メンバーは寮の同じ建物に住んでいるので、シャワールームであれ、階の端と端であれ、どこでも挨拶を交わしたり、一緒に遊びに出掛けたり、いわゆる大きな家族のような存在です。Intersectionでは、多様性(diversity)を尊重し、ジェンダーや人種に関する問題を一緒に考え、議論する機会が多くあります。つい最近では、ラウンジで皆が集まり、トランスジェンダーをテーマに白熱したディベートが繰り広げられました。最も沸騰した議題は「身体的には男性だが、精神的には女性である学生を女子寮へ受け入れるべきか」で、一方は当本人側に立った主張を、もう片方のチームはその周囲の人間(女子寮)側の立場から意見を交わしました。もちろんオープンエンドで終わりましたが、アメリカという様々な背景を抱える人々が集まる社会で生活する上で、他人事として避けることのできない問題であることを改めて実感できた非常に刺激的な時間でした。

(勝田)写真3

(ディベートの一幕)

 

*ルームメイトについて*

実はとても心配していたのがルームメイトです。私は外に出ることも好きですが同時に、個人の時間、空間も特に必要とするタイプですので、部屋を一年中シェアするという初めての経験に耐えられるか不安でした。しかし、それも杞憂に終わり、むしろ彼女と一緒に住めて良かったと思っています。私のルームメイトは香港出身、同じく三年生でなんと私と一日違いの誕生日!性格的にも共通点が数多あり、partyも好きだけど、勉強優先という同じスタンスを持つため、日曜日は朝から部屋で静かに勉強、ご飯を食べてひたすら喋って、また勉強、食事の後はリフレッシュにジムで一緒に汗をかき、私は中国語で、彼女は日本語で「おやすみ」と言って就寝するのが習慣となっています。勉強に疲れた時は、電気を消して二人でホラー映画大会、散歩や買い物をしてお互い切磋琢磨、支え合える非常に良いルームメイトを持つことが出来ました。また、お互いの国について、特に現在起こっている香港での学生運動を話し合うことができるのも貴重な経験です。

 

他にも、JCT(Japanese Conversational Table)に参加したり、茶道や浴衣などの日本館でのイベントに顔を出したりと、課題に追われているものの、出来るだけ外に出るように心がけています。

目下、授業の理解はもちろん、アカデミックな内容をきちんとロジカルに伝えられる英語力と、人の名前と顔を一致させること(笑)が目標です。(一度会った友人とfacebook上でテニスをする約束をしたものの、想像していた友人と名前はおろか、性別さえ違うこともありました。さすがに危機感を覚えた一瞬です。)

 

早いもので一か月半が経ちましたが、まだまだもっと有意義にこの機会を活用できるようにも感じているのが正直な心境です。しかし、ここへ来た理由である軸は忘れず、この環境でしか挑戦できない境地をどんどん切り開いていきたい気持ちが日に日に強くなっていますので、今後が自分自身、楽しみです。

最後に、改めてJICの皆さま、この度は留学という私にとって大きなチケットを与えてくださり、ありがとうございます。あと残りの七か月半を思う存分楽しみ、意義のある生活にしていきたいと思っていますので、どうか温かく見守ってくださればと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

第39期JIC奨学生

勝田梨聖