結城一磨さんの2015年9月分奨学生レポート

JICの皆様、平素よりお世話になっております。2015年度小山八郎記念奨学生としてイリノイ大学へ留学させていただいている明治大学4年の結城一磨です。

簡単な自己紹介から失礼します。宮城県から大学へ上京してきて早くも4年が経った今、大学の方を後期から休学してこちらに留学させていただいております。地元宮城で東北の震災を経験してから色々と思うことがあり上京してきました。東京の学生生活で学んだことや2年以上職場であった浅草でも学んだことの集大成としてこの度これまで培ったものを生かす機会を頂けて非常に嬉しく思っております。詳しくはcountdownの方にも書かせていただいたのでそちらの方もよろしければご覧ください。

 

<日本のこと>

到着してはじめに驚いたのが日本の存在感の薄さでした。中国、韓国、インドなどアジアからの学生の割合が大きくなってきていると言っても、日本人は本当に一握り。今まで日本の浅草で人力車の仕事で外国人観光客と接していたからか、日本のプレゼンスが下がってきている、ということは頭でわかっていても実感・納得することができませんでした。日本にいる外国人は皆日本のことに少なからず興味があって、相手側から質問が飛んでくる会話だったのに対し、アメリカでは自分から発信しないと日本の良さを実感してもらえない、興味を示してもらえないといった壁にぶつかりました。本当の意味でのコミュニケーション能力の必要性を開始1週間ほどで実感させられました。日本の良さ、日本人の良さは人一倍浅草でも体感してきたので少しずつでもその良さを発信していけたらと思います!

 

<目標>

ここで今回の留学の最低限の目標をはっきりさせておきたいと思います。

  • 英語のコミュニケーション能力の向上
  • 人脈作り
  • 海外のビジネスの体感
  • 日本のプレゼンスの向上

 

  • フィリピンと浅草でこれまでは英語を使っていたので、ある程度は自信があった英語もこちらに来て、未熟さを痛感させられる毎日です。今回の留学でコミュニケーション能力を磨き続けたいと思います。
  • 英語を上達させるためにはアメリカの現地生と絡んだ方がいいという考えはあるとは思いますが、全米2位の留学生数を誇るイリノイ大学で世界各国の友人を作る機会を逃すわけにはいかないと考え、留学生とも積極的に交流していき世界各国に友人を作っていくつもりです。
  • 海外のビジネスを体感することが本来の大きな目標であったので軸をぶらさずに過ごしていければと思います。
  • 上述したようにこちらに来て感じた日本のプレゼンスの低さを少しでも向上できるよう尽力していければと思います。

 

<日本発信>

1.早速参加してきました、日本発信イベント。

日本館が今年になって始めた日本発信イベント、”Matsuri” festivalへ参加しました。初回にも関わらず4,000人以上の参加者が足を運んだらしく、太鼓のパフォーマンス、日本文化の体験などで楽しんでいるようでした。私自身も日本から持参した人力車衣装で訪れました。道行く現地の学生の友人に注目を浴びたのはいいものの、途中からスタッフと思われて道案内に徹したり、太鼓の演奏者ではないという説明に追われていましたが笑。

写真1

(“Maturi” Festivalにて友人に撮影された写真の一枚。)

 

2.カラオケ大会

アメリカにもカラオケがあると言うことでこれもよい日本発信だと思いエクアドル、ロシア、インド、チリ、ヨルダンなどのメンバーで訪れました。いつものメンバーのエクアドルの友人以外のメンバーは初めてのカラオケ。という中でカラオケの楽しさを終始痛感、感動していたので大成功です!現在は英語の曲のレパートリーを増やそうとその友人たちと英語版カラオケメジャーソング集を作り、密かに練習中です。

写真2

(カラオケにて。集合写真。)

<授業内容>

アメリカにてfinanceやentrepreneurshipを学び、体感したいと留学開始当初から考えていましたのでそれらを重点的にとろうと決めました。授業内容の詳細は次のレポートで総括できればと思います。春学期の履修も見越して秋学期に履修するものを以下のように決めました。

 

ACE345 Financial Decision Making for Individuals and Small Business (3 credits)

アメリカ式で会計を学び、投資について学ぶ授業です。一番やることが多く毎週課題に追われていますが日本のものと比較しながら理解していくのはなかなか面白いです。

 

ACE240 Personal Financial Planning (3 credits)

文字通りfinancial planについて学ぶ授業です。前半の授業で車を買うことや家を買うことなど将来設計、家計管理を学んだりもしています。日本ではなかなかこういった機会はなく、アメリカの学生のfinanceへの関心意欲の高さも毎回痛感しています。

 

BADM199/395 Entrepreneurship and Enterprise Development (3 credits)

起業やビジネスプランの立て方などを学ぶ授業です。実際にプロジェクト単位でチームに分かれます。私はもともと音楽イベントなどにも興味があったのでArt,具体的には音楽などのイベントで地域をより活性化させようというプロジェクトに参加しています。早速ミネソタまで9月の下旬にミーティングのために訪れる予定です。

 

ENG 360 Lecture in Engineering Entrepreneurship (1 credit)

本来はlearning community しかとれない授業らしいのですが、どうしてもと言って教授に参加させてもらっています。毎週経営者、投資家など起業関連の人々が来て講演をしてくれます。大学内の起業関連イベントの情報が流れてくるので非常にありがたく参加させてもらっています。

 

PSYC 245 Industrial/Organizational (I/O) Psychology (3 credits)

リーダーシップのプログラムに関心があり調べていた時に見つけ、心理学は日本で学んだことがなく、関心がある分野でしたので履修しました。前半はリサーチ手法や分析方法などを学んでいます。過去に就職活動を少しした経験もあり、採用側の視点に立ってなぜあの時あのテストを受けさせられたのか、あの質問にはどのような意味があったのか、など講義形式ではありますが毎回学ぶことの多い授業だと感じております。

CMN101 Public Speaking.  (3 credits)

英語のプレゼンテーションに自信をつけたかったので履修しました。プレゼンテーションの手法は日本であまり学ぶ機会がなかったのでいい機会になっています。

 

<課外活動>

学業と同様、秋学期は課外活動にも力を注いでいます。留学生数の多いイリノイ大学で世界各国に友人をつくる目標も人脈作りの点で掲げました。今まで野球や人力車で体力だけは人一倍つけてきていますので、持ち前の体力を生かしフットワーク軽く色々な場所に訪れ、コミュニティーに参加しています。

さすがに皆、全米有数のパーティースクールの自覚があるらしく、年中いとまなく様々なイベントがあり、田舎ではある一方で浅草に負けないぐらいの忙しい場所という印象が強いです。

写真3

学内でもお気に入りの場所、krannert centerでのguitar festivalの様子。

 

 

浅草の人力車では神道や仏教を学ぶ機会があったのでせっかくのアメリカなのでキリスト教を学ぼうとしています。そのため、週1〜2回のBible Studyグループにも参加しています。その他では不定期にentrepreneurship系イベントへの参加、international eventsなどへの参加も心がけています。 最後に忘れていけないのは週2回以上のARCジムでのトレーニングです。健康管理には人一倍気をつけ、アメリカ太りしないよう、食事と栄養を摂取するタイミングもしっかりと管理しています。(提供されない限り自分でピザは選ばないといったルールを自分に課しています。)出国前に矢部先生からプロテインをもらって背中を押されましたので、帰国する頃までにはアメリカに留学していたことが分かる程度の体に磨きあげ、期待に答えたいと思います。

 

写真4

(全米大学最大級のジム、ARCにて。徒歩2分ほどで着くので大満足です。)

 

 

最後にはなりましたが、このような貴重な留学の機会をくださったJICの皆様に感謝を申し上げます。この留学期間の多くの人たちとの出会いは一生ものだと思います。最大限にこの機会をいかすべく、毎日を過ごさせていただいております。よろしければ今後も応援のほどよろしくお願い致します。