2007年度奨学生レポート(長谷川貴也)

先日2008年8月10日、日本に帰国し1年間の留学生活を終えました。奇しくも1年前の同じ日に、成田を出発してから、丸一年が経ちました。今後は休学していた慶應大学に復学 し、5年目の学生生活を送る予定です。帰国が遅くなり、総会で直接報告できませんでしたが、最後のレポートをお届けさせていただきます。イリノイ生活では夏に72日間かけて参加したアメリカ大陸自転車横断やJapanese Coffee Hour など、春学期は秋学期以上に様々なアクティビティに参加しました。それらを通じて半年前と比べても多くのことを学んだなぁという気がします。中でも、留学中出会った、人々の個性的な価値観を知ったことで、自分自身について考えるきっかけになりました。つたない英語は格段の進歩を遂げたとはいえまだまだ発展途上です。(ちなみに1年前はサブウェイでのサンドウィッチの注文に困り、毎回前の人と同じモノを注文していました。)

i4k-chicago.jpg

「Illini4000 for cancer 」(http://www.illini4000.org/

この夏、20人の仲間と共にアメリカ大陸を自転車で横断しました。Illini4000は今年で2年のイリノイ大学の学生組織で、ガン研究のドネーションを集めるために大陸を横断するというものです。また、各州の研究施設、病院などを訪問し、手術経験者にインタビューを行なったりもしました。様々な場でプレゼンテーションを行いながら旅を進めていくというスタイルからもわかるように、当初予想していた肉体的なチャレンジというよりもむしろ行く先々でのイベントに重点を置いたものでした。私にとっては肉体的にも相当ハードでしたが…。

参加者はイリノイ大学の学生20人で女子8人、国籍は中国、インド、スェーデン、アイルランド、ブラジルなど、フレッシュマンから院生まで多様でした。参加動機もまちまちで、メディカルスクールの学生でガン研究に興味があった人、自転車競技経験のある人等バランスを重視してメンバーは選ばれたようです。ただ、開始当初、多様というよりもタイプが違いすぎてなかなかチームがまとまりませんでした。食事のことでベジタリアンと衝突したり、自転車の実力差から不満がでたり。また急なPennsylvaniaの山では故障者がでるなどトラブルもありました。今振り返ってみてもアメリカ中部の退屈な景色の中、強風を正面から受けた一日、氷点下のイエローストーンを走った朝、熊に襲われそうになったこと。大変だったことは多くありましたが、シカゴを過ぎたあたりからチームとしても本音で話し合い修正した効果がでたのか、まとまりがでて肉体的にも精神的にも余裕がでてきたような気がします。その後はロッキー山脈へと進むにつれ旅がハードになって行きましたが無理なくこなせるようになっていった気がします。

私自身帰国後聞いて驚いたのですが、最終的には600万円のドネーションを得ることが出来ました。20人の結束も強くなり、最高の形で旅を終えることができたのではないかと思います。当初私はドネーション集めに消極的で、本当に企業がサポートしてくれるのだろうか?という思いが常につきまといました。また、英語が十分に話せないが故の失敗も多くあったものの、実際に企業や地域コミュニティとのコンタクトを経るにつれ、そういった交渉も克服していきました。金銭のサポート以外に、レンタカー会社から100万円近くのサポートを受け、全国チェーンのカフェからは莫大な数のベーグルを各支店で支給されるなど、数え切れない程の企業からサポートを受けました。各都市で、イリノイ大学のalumni associationからもサポートを受けました。オレゴンにあるNike社へのツアー, イリノイ大学、ノースウェスタン大学の大学病院訪問などはイリノイOBの好意によって実現されました。ガン研究に興味があったというよりは冒険に惹かれて参加を決意した私でしたが、各イベントで刺激を受け、アメリカという国をいろんな方向から見て、また、この国の大きさを肌で実感させられた72日間でした。各町の新聞、テレビなどのメディアに多くとりあげられ、私は唯一の交換留学生ということで取材される機会が多かったのも今となっては良い思い出です。

この旅で何を得たのか?その問いに対する明確な答えはまだわかりません。強いてあげるとすれば「厳しい環境であっても仲間に恵まれれば乗り切れる」という自信がある程度ついたことぐらいでしょうか。1つの目標に向かって全精力を注ぐことができた今回の旅はこれまで私が経験したことのない経験を多く与えてくれました。最終的には忘れたくない思い出がたくさんでき、旅が終盤にさしかかった頃には、いろいろな感情が毎日こみ上げてきました。オレゴンでNY以来の海を見たとき、「しんどかったこの旅ももう終わりか。」そう思った瞬間、メンバーと別れて1人日本に帰るのが急に寂しくなりました。

「日常生活」

Illini4000の話が長くなってしまいましたが、シャンぺーンにいる間、それ以外にも多くに経験ができました。中でも楽しかったのはコスモでのJapaneseコーヒーアワーです。JICのメンバーが中心となり多くの日本人、またその友人が協力してくれ良い思い出となりました。主に全体の進行を指揮したのは湊さんで日本食レストランに出向いてクーポンを獲得したりもしてくれました。その他、ミーティングをまとめたりするのも湊さんでした。料理を担当したのは田辺さんで本番に向けて、材料の買出し、試食パーティーなどを行なっていました。八尾君はテスト直前だったにも関わらず前日夜遅くまで料理の下ごしらえを手伝っていました。私はというと当日、勝ち残り形式のクイズで日本文化の紹介を行なったのですが、想像以上に参加者の知識が豊富で進行が思うようにいかなかったのが反省点です。春学期も終盤にさしかかった忙しい時期にも関わらず彼ら3人がうまく時間をやりくりしているのを見て、感心したのを覚えています。1つのことに取り掛かると他の事に気が回らなくなってしまう自分にとって、限られた1年という期間中にやりたいことが多くあるという状況下、彼らから時間管理について学べたのも大きな収穫です。

coffee-hour.jpg

「最後に」

留学は1年間で終わりを迎えましたが、世界に散らばるイリノイ大学の仲間とは、いつの日か必ず再会するつもりです。1年前までは無かったこのネットワークは、自分のこれからの生活に大きな刺激を与えてくれるだろうし、自分からも刺激を与えていきたいと思っています。そのためにも、JICの一員として活動していけることを楽しみにしています。最後に、素晴らしいアメリカ生活のきっかけを与えてくださったJICの皆さま、どうもありがとうございました。