2007年度奨学生レポート(八尾泰洋)

JICの皆様、こんにちは。2007年度小山八郎記念イリノイ大学奨学生として留学をさせて頂いた東京大学工学系研究科システム量子工学専攻の八尾泰洋です。去る5月に約一年にわたった留学を終え、帰国いたしました。帰国後はすぐに大学院での研究を開始し、毎日大学に通う日々を過ごしてまいりました。今回レポートを書くに当たって、久々に留学を振り返り、本当に素晴らしい一年間を過ごすことができたことを実感いたしました。留学では、英語能力の向上だけではなく、人生を豊かにする様々なものを得ることができました。本当にこのような留学を支援してくださった皆様には感謝しています。それとともにこれからこの奨学金がいつまでも続くように、自分ができることで支援していきたいと感じています。

n1922190_41533968_1005.jpg

・授業

僕は専門性を高めたいという意識から、Spring SemesterもComputer Scienceの授業を中心に履修をいたしました。しかしこの選択は、意外にも人の輪を広げる助けとなってくれました。2学期連続でSiebel Centerにこもる生活をした結果、同じような生活をしている同専攻の学生たちの顔見知りも増えました。地下のLaboratoryでは誰かと話をしながら課題に取り組み、Engineering専攻の学生たちの一員になれたような気がしました。Spring Semesterでの一番の進歩は、授業中の発言回数が多くなったことだと思います。授業の理解度も高まり、学生が発言をする雰囲気にも押されて、自然と気になったことを授業中に言えるようになっていきました。Spring SemesterもGPA 4.0で終えることができ、その中で培ったプログラミング能力も僕が留学で得たものの一つです。

n1907110_42988253_7993.jpg

・寮

Spring Semesterの開始時に、それまで住んでいたISRから院生寮のSherman Hallへと引っ越しました。主な理由は、留学生の友人が多く住んでいたので、楽しく過ごせるかなと感じた事でした。その考えは正解で、寮で友人たちと映画を見たり、ビリヤードをしたり、キッチンで料理を作ったり、お酒を飲んだり、本当に楽しい日々を過ごすことができました。授業や課題に関して、Siebel Centerや図書館に引きこもりがちだったので、寮に多くの友人がいることは本当に助けになったように思います。

Semesterが終了してから、同じ寮の友人たちとワシントンとニューヨークに旅行をしたこともよい思い出の一つです。

n1052590058_30034091_6854.jpg

・最後に

留学から帰ってきたのち、何人かの友人たちが日本に来てくれ、再開を果たすことができました。(一人のアメリカ人の友人とはともに富士山登頂まで果たしました。)留学して最も良かったことは世界中に友人ができたことだと感じています。その人とのつながりをこれからも大切にしていき、育んでいきたいと思います。皆様、本当にこのような留学を経験させていただいてありがとうございました。

n1052590058_30108223_4254.jpg