河手賢太郎さんの7月分奨学生レポート

2006年度奨学生7月分レポートの第1弾は河手賢太郎さんです。アメリカで学んだキリスト教の伝統を日本でも実行し、またイリノイで出会った友人とも ずっとコンタクトを保つことはとてもすばらしいことですね。これからもイリノイで出会った友人を大切にしていってください。

2007-07-report-kawate-001.JPG

IC 関係者の皆様

ご無沙汰しております

イリノイから帰ってきてからもう2カ月半経ちました。

ファイナルが終わった直後の5月第二週に日本に帰って来た私は、余韻に浸る余裕もなく、すぐに日本の大学に復学しました。授業の遅れを取り戻すのに必死で、なかなか留学全体を振り返る時間がとれませんでした。

ようやく落ち着いてきたのは6月30日のJIC総会の頃です。
帰国後も精力的に将来を模索し動き回る2006年度の奨学生の姿に元気づけられました。

次年度の奨学生のキラキラと輝く目に昨年の自分を思い出し、イリノイでの1年間がどれほど強烈に自分を変えたかを改めて実感しました。

帰国直前のファイナルに入る1週間前に、お世話になった友人に別れを告げて周りました。
忙しいなかおなじ寮のフロアに住む友人が送別会を開いてくれて、私もふくめ日中韓オリジンの約15名と共に円陣を組みお互いのファイナルの健闘を祈りました。

イリノイ大学で出会った約百数十人の友人。「もう一生会わない人もいるかもしれない。」と思うだけで悲しくなりますが、人生は旅。

縁があればまた何処かで会うことになるのでしょう。

帰国後すぐに、私は東大YMCA寮に移りました。

吉 祥寺の実家から寮に移ったのは、東大前駅の真上にあるという地の利もそうですが、イリノイでの寮生活に慣れ、帰国してからもこの寮生活で身につけた習慣を 継続したかったからです。そして何よりキリスト教的世界観に魅せられた私は信仰を保っていく拠り所が欲しかったという事情もあります。現在寮生は約20 人。賄いの方が料理をしてくれる以外は、寮内の清掃、会計、備品の調達、そして毎週ある行事の運営ほぼすべての寮生によって行われます。寮生が起居を共に し、コミュニティーを作り上げ維持していく生活は、まさしくイリノイ大学にあったFraternityです。GREEK に相当する3つのギリシャ文字はありませんが、あえて作れば、yμχαというところでしょうか(笑)。

120年の歴史をもつ東大YMCA寮は、1888年に片山哲、吉野作造、藤田逸男を含む9人により設立されました。この寮が輩出した人のなかには『夕鶴』の木下順二や森有正もいます。驚いたのは、1898年から始まった早祷日誌がいまでものこっていることです。

私はこの寮の一員として、伝統を守りつつも、イリノイのChristian Fellowshipでの活動を通して身につけたコミュニティー・ビルディングのノウハウをつかって、東大YMCA寮生の間の結束力を高めていこうと日々模索しています。

5月下旬には、イリノイでお世話になった友人BenとClaudiaが日本にやってきました。

昨年のサンクスギビングの時に実家に招待し てくれたこともあり、2人を私の家に招くことができたのは幸いでした。遠方からの友人を家に招き、地元で案内をするというのは不思議な感覚があります。井 の頭公園を歩き、伊勢谷の焼き鳥を食べ、商店街を練り歩くという、定番のコース。1年間のアーバナシャンペンでの自分と二十数年間の吉祥寺での自分とを結 びつける特別な時間でした。

また、浅草で御神輿を見て、歌舞伎座の團菊祭に行き、東大の五月祭に行きました。旬のイベントを楽しんでもらえたと思います。

2007-07-report-kawate-002.JPG

こうして奨学金申込の身上書に書いた“マニフェスト”が小さな形ではあれ実現できました。これからも決して終わらない私とアメリカとの関わりの序幕がこれでようやく降ります。
ここまでやってこられたのはすべてJICの皆様のおかげです。
どうもありがとうございました。

今後はJICの活動に積極的に関わっていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

東京大学法学部4年
河手賢太郎