【ご案内】(UIUC同窓生講師による)第3回 関学英語フォーラム-理系のための英語

 

 

JIC各位、

古市(1992-1994 MS in CS)です。

関西学院大学のUIUC同窓生の方から、以下のようなイベントの案内をいただきました。関西地区にお住まいの方はぜひともご参加くださるようご案内申し上げます。
The 3rd Kwansei Gakuin English Forum
-Science English Systems-

Date:February 17, 2007(土)13:30-16:00 (See reverse side for details)
Place:Kwansei Gakuin University Kobe-Sanda Campus
School of Science and Technology Room 201
Speakers: 13:45-16:00 Dr. Seiichi Makino (Princeton University)
Dr. Michio Tsutsui (University of Washington)
13:45-14:45 How Similar are Japanese and English Metaphors?
15:00-16:00 Thinking about Language Education for Students of Science: Lessons Learned from the Technical Japanese Program

2007-02-07-kangaku-001.jpg

Introduction of the Guest Speakers

Dr. Seiichi Makino of Princeton University’s Department of East Asian Studies is a world-class scholar in the field of linguistics and a world leader in improving Japanese language pedagogy. Professor Makino received a B.A. degree and an M.A. degree in English Literature from Waseda University. Professor Makino then entered Tokyo University and took a B.A. degree in Linguistics and an M.A. in Linguistics. In 1968, Prof. Makino earned a Ph.D. in Linguistics from the University of Illinois in Urbana-Champaign and taught at Illinois until 1991. While at Illinois, Professor Makino also participated in directing the Summer Japanese School at Middlebury College, Vermont. In 1991, Professor Makino moved to Princeton University where he became Professor of Japanese and Linguistics and the Director of the Japanese Program. Professor Makino established the Princeton Japanese Pedagogy Forum. Since 1996 he has worked at Columbia University to help create a summer master’s degree program in Japanese pedagogy. He has also helped develop ACTFL OPI standards and conducts workshops on the ACTFL OPI. Having authored over 80 articles and a dozen books in a linguistic and pedagogical areas, Professor Makino continues to inspire. Professor Makino will lecture on English and Japanese metaphor.

 

Dr. Michio Tsutsui of the University of Washington’s Department of Technical Communication is a world leader in the field of technical Japanese. He is active in promoting the use of technology for foreign language learning. Professor Tsutsui received a B.S. in Naval Engineering from Osaka University, Japan, and worked several years for IBM Japan as a systems engineer. In 1984, Prof. Tsutsui earned a Ph.D. in Linguistics from the University of Illinois in Urbana-Champaign. The next year he moved to MIT to set up the Japanese language program, which he directed until 1990. While at MIT, Professor Tsutsui also participated in the establishment of the MIT Summer School in Technical Japanese for Computer Scientists and Electrical Engineers. During this time he taught at Middlebury College and the University of California at Davis. In 1990, Professor Tsutsui moved to the University of Washington where he established the Technical Japanese Program (TJP). He has directed this one-of-a-kind program since its inception. He has authored many articles and co-authored books and created language learning software. Professor Tsutsui will discuss the history of the TJP, its purpose and how such a system might give insight to developers attempting to improve their own technical English programs for students of science and engineering.

第3回 関学英語フォーラム-理系のための英語

日時:2007年2月17日(土)13:30-16:00
会場:関西学院神戸三田キャンパス 理工学部 201教室
・挨拶 13:30-13:45
Dr. Kohei Asano(浅野考平 理工学部教授・関西学院大学副学長)

・招待講演 13:45-16:00
日英語の比喩はどれぐらい近いのか 13:45-14:45
Dr. Seiichi Makino (Princeton大学、東洋学科教授・日本語科主任)

牧野 成一: 早稲田大学にて英文学を、東京大学にて言語学を学ぶ。1964年にフルブライト給費留学生として渡米し、Illinois大学にて言語学博士号を取得。 1968年より1990年までIllinois大学にて日本語と言語学の教鞭をとり、1991年からPrinceton大学東洋学科教授として日本語・言 語学を教え、現在に至る。1978年から1989年まで夏期言語集中講座で知られているVermont州のMiddlebury夏期日本語学校の校長を勤 める。1996年より、毎夏、Columbia大学で日本語教育修士のプログラムの教務主任をしながら講義を担当している。1991年から全米外国語教育 学会 の口頭能力テストの基準作成にかかわり、そのトレーナーとしてワークショップを日・米・欧・韓で開催、2003年から3年間、全米日本語教育学会会長を務 め、教育界、学界に多大な貢献を行っている。今回の講演では、かなり異なると考えられている日本語と英語の比喩が、実際にはかなり近似している理由を人間 の認知の普遍性から考えると同時に、日本語、英語学習者にいかに比喩が学びやすいかを論じる。主著:『くりかえしの文法』(大修館)、『ウチとソトの言語 文化学 文法を文化で切る』[アルク]、A Dictionary of Basic(& Intermediate) Japanese Grammar (共に筒井通雄氏と共著)(ジャパンタイムズ)、など多数。

・理工系学生の語学教育を考える: 科学技術日本語教育の経験から 15:00-16:00
Dr. Michio Tsutsui (Washington大学、テクニカル・コミュニケーション学科准教授・科学技術日本語プログラム主任)

筒井 通雄: 大阪大学にて工学士(現船舶海洋工学科)取得後、IBM-Japanでシステムエンジニアとして勤務。その後Illinois 大学にて言語学修士・言語学博士号を取得。MIT(1985年~1990年)を中心にCalifornia大学Davis校、Middlebury大学等 で日本語と日本語言語学を教える。1991年からWashington大学に移りTechnical Japanese Program(TJP)を設立。日本語言語学、第二言語習得論、CALL、外国語教授法を研究テーマとし、 科学技術日本語の分野では世界的なリーダーとして活躍中。著書: /A Dictionary of Basic Japanese Grammar; //A Dictionary
of Intermediate Japanese Grammar/ (共に牧野成一氏と共著、ジャパンタイムズ)。編著: 「言語教育の新展開: 牧野成一古稀記念論文集」(鎌田修氏他と共編、ひつじ書房)。言語教育ソフト開発: /Language Partner; Language Evaluator/ 他 (共に共同開発)。その他、日本語、言語教育、CALL関係の論文多数。今回の講演ではTJPの歴史、その目的、そのアプローチをどのように科学技術英語 プログラムの改善につなげるかを論じる。

参加費無料 ・参加は無料です。2月9日(金)までに、氏名・所属・連絡先をご明記の上、FAXもしくはE-mail にてお申し込み下さい。 E-mail kgrikogp@kgo.kwansei.ac.jp

主催 関西学院大学理工学部/実施 関西学院大学理工学部特色GP推進委員会
問い合わせ、申込先 関西学院神戸三田キャンパス事務室 理工学部担当 岸本
〒669-1337 兵庫県三田市学園2-1 Tel 079-565-8300 Fax 079-565-9077

カテゴリーInfo