川島今日子さんの2006年11月奨学生レポート

川島さんからも11月分のレポートが届きました!なかなか慣れない授業に奮闘しつつ成長していく姿は、なつかく思われますね。タップダンスやカメラマンとしてのボランティアなど見所たくさんあるので、お楽しみください。

2006-11-report-kawashima-001.JPG

JICの皆様お久しぶりです。いかがお過ごしでしょうか。早いものでイリノイに来てからもう3ヶ月半が経ち、季節も陽射しの照りつける夏から紅葉の秋へ、 そして澄んだ空気の初冬へと変わりました。この間、忙しいながらも、中身のぎっしりと詰まった充実した日々を過ごしてきました。今回はその中か ら、<housing>、<授業>、<ボランティア>、<シャンペーンでの生活と友人>についてご報告 したいと思います。

2006-11-report-kawashima-002.JPG

*Housing*

私は大学寮ではなくオンキャンパスのアパートを、他の二人の学生と借りて住んでいます。これは近年のJICの奨学生の 方々の中では珍しい選択のように思います。アパートを選んだ理由は、自炊がしたかったことと、自分のベッドルームを持ちつつも他の学生と一緒に暮らすとい う体験がしたかったことです。出発前に、Study Abroad Office HPの掲示板でアパートをシェアしたいという人を探しました。相手もアパートも見ずに、1年間の滞在先を決めるのは多少不安ではありましたが、シェアメイ トとe-mailやメッセンジャーで話し、信頼して決めました。シェアメイトは台湾系アメリカ人の学生二人なのですが、お互いの料理(中華料理・日本料 理)に興味をもって話をしたり、台湾でも人気のJ-popの話で盛り上がったり、冗談を言い合ったりと仲良く生活しています。当初は私が日本語を教え、代 わりに中国語を習うという約束をしていましたが、お互い忙しさにかまけてこの語学レッスンを忘れていたので、これから実践していこうと思います。まだ雪が 降っていないので、キャンパスを自転車で駆け抜ける毎日です!

2006-11-report-kawashima-003.JPG

*授業*

今学期は、Public Speaking、International Communication、Intro to Advertising、Community Health Organizations、Tap Danceという5つの授業を履修しました。

Public Speakingは以前の奨学生の皆さんからも推薦されている授業です。この授業では、話す内容を適切にリサーチすること、論理的で分かりやすい文章を書 くこと、聴衆に向けてスピーチを展開すること、という3つのステップを体系的学びます。今までスピーチの手法について学ぶ機会はなかったので、大変新鮮で あり、また能動的に授業に参加できる喜びがあります。毎回最も苦労するのがスピーチテーマを選ぶ段階ですが、それはアメリカ人の学生も同じようです。彼ら がどんなテーマを選ぶかも、大変興味深く、アメリカの学生の興味や問題意識を知る良い機会となっています。例えば、警察の職務質問における人種差別問題に ついて、軍隊での女性進出についてなど、日本人学生とは異なったテーマ設定が多く見られます。先日、スピーチをした後でクラスメイトからもらったコメント カードを少し緊張しつつ読んでみると、「テーマが面白い」「論理的でわかりやすい」「アイコンタクトが上手」「納得させられた!」など予想以上にたくさん 褒めてもらい、感激しました。まだ課題もありますが、スムーズで説得力のあるスピーチを目指して、残る1つのスピーチを頑張りたいと思います。

International Communicationでは、南北問題を初めとする国際社会の課題をコミュニケーションの視点から議論します。授業は進度が速く、リーディングの量も 多く、また私に基礎知識があまりないため、苦労していますが、扱う内容が大変面白いです。グループワークもあり、アメリカ人の学生達と図書館で頭を突き合 わせて議論しています。中間レポートと格闘していた時、ふと理系学部で学んできた私が今は、情報化社会と発展途上国の主権の問題について英語でペーパーを 書いているという事実に自分で驚いたものでした。今まで学ぶ機会のなかった分野を新たに身につけている実感があり、確実に視野が広がりました。

週 2回のTap Danceの授業は、リフレッシュできる楽しい時間です。初級者向けクラスとは名ばかりで、20人のクラスメイトのうち初心者は私を含めて3人だけでした ので、最初は心配でしたが、クラスメイトが本当に親切にわからないところを教えてくれます。また毎回早めに行って質問しながら自己練習をしているため、イ ンストラクターとも親しくなれました。このクラスの中でTap Danceは、様々なダンスの要素を取り入れてアメリカで生まれたダンスであり、アメリカが誇る貴重な文化だと知りました。

私の日本での 専攻は薬学と経済学ですが、イリノイ大学では、あえて専門外で興味のある分野を幅広く学びたいと考えました。現在は、今学期の授業と下記のテレビ局でのボ ランティアを通して、メディアとコミュニケーションに興味を持っています。来学期もこれに関する科目を履修する予定です。もちろん、Tap Danceも続けます!

2006-11-report-kawashima-004.JPG

*ボランティア*

私は時々WILL TVというローカルテレビ局でボランティアをしています。このボランティアは佐藤さんに教えてもらいました。キャンパスにあるテレビ局で小規模ですが、私 にとってはスタジオも機材も初めて見るものばかりで面白いです。ボランティアといっても、生放送番組の制作を見せてもらうのが主です。しかし先日は、実際 にIllinois Gardenerというガーデニングに関する30分間の番組でカメラマンをやりました。私の操作するカメラの映像がライブでオンエアされているので緊張し ましたが、とても貴重な体験でした。また、11月のアメリカ中間選挙前には、Election 2006という関連番組の撮影を見る機会がありました。これは立候補者や有識者を呼んで政策について議論し、電話で視聴者からの質問も受ける番組です。ス タジオでは司会者とゲストとの議論が白熱し、コントロールルームではディレクターがスタッフにどんどん指示を出して番組を作り上げていきました。本当にエ キサイティングな制作現場を見ることができ、勉強になりました。さらに、このテレビ局の多くの仕事を学生が担っていることに驚きました。私が見せてもらっ た生番組のスタッフも、ディレクター他数人の責任者を除いては全て学生で構成されています。

もう一つ私が携わっているボランティアは、大 学のクラナートセンター(コンサート、演劇などの多目的施設)での案内係です。クラナートセンターには学生に限らず一般の方も多くいらして、バレエ「くる み割り人形」やオペラ「フィガロの結婚」など質の高いパフォーマンスを楽しんでいます。案内係にはそれぞれ座席が与えられ、無料で(!)鑑賞できるので大 変楽しめます。今では、お客さんに”Welcome!” ”Hello!”とにっこり微笑んで声をかけることも板に付いてきました。こちらもKCSAという学生組織と一般組織の連動で運営されています。

こ れらテレビ局やクラナートセンターの例に限らず、イリノイ大学では多くの組織に学生が積極的に関わっていると感じます。キャリアセンターの履歴書の書き方 に関する説明会に行けば学生がプレゼンをしてくれますし、レポートに関するアドバイスサービスも学生がやってくれます。クオッドでは、募金を呼びかけた り、Krispy Kremeのドーナツを売ってファンドレイジングをしたりする学生団体を毎日のように見かけます。学生のボランティア精神もさることながら、それをサポー トする社会や大学の体制も確立されているのだと思います。学生が様々な活動に携わる機会が用意されていて、自ら能動的に動けば多様な体験ができるのです。 この点は、私が経験してきた受動的で社会との関わりの希薄な日本の大学生活とは異なっていると感じています。

2006-11-report-kawashima-005.JPG

*シャンペーンでの生活と友人*

私は高校時代にオハイオ州で一年間ホームステイをした経験があるので、アメリカでの生活は二度目です。 シャンペーンはトウモロコシ畑の真ん中あるいはMiddle of nowhereとよく言われますが、以前私の住んでいた地域に比べるとまったく不便ではありません。徒歩圏内にお店がある!バスシステムがある!!空港も ある!!!シカゴのような大都市からは少し遠いけれど(LEXで3~4時間)、典型的な中西部の生活と充実した勉強環境を満喫しています。

し かし、ここで一番大切に感じるのは、やはり人との出会いです。今シャンペーンで私の周りにいる全ての人が、8月から今までに新しく出会った人なのだと考え ると、なんと密度の濃い時を過ごしてきたのだろうと驚かされます。親しくなった友人のうち何人かは秋学期だけの留学生で、12月末には帰ってしまうので、 とても寂しいです。過去の複数の留学経験から、離れている友人とのKeep in touchの実践は口でいう以上に難しいと感じていますが、ここで培った信頼関係は長く続けていきたいです。そして、これからの更なる出会いに期待して、 たくさんの素晴らしい人間関係を築きたいと思います。

ご報告したいことがたくさんあり、いくらでも書けてしまいそうです。冬休み にはイリノイ大学の短期留学プログラムでウィーンへ行って勉強してきますので、次回はそれも含めてご報告いたします。この貴重な留学の機会を与えて下さっ ていますJICの皆様、イリノイ大学関係者の皆様に心から感謝しております。そしていつも支えてくれている家族とたくさんの友人へ、ありがとう。
これからも、新たなチャレンジと今しかできない経験を通して成長していく姿をどうぞ見守っていただけますよう、宜しくお願いいたします。

 川島 今日子
東京大学経済学部経済学科3年

(東京大学薬学部を卒業後、経済学部へ学士入学いたしましたので、前回と所属が変わりました)