鷹保倫幸郎氏著 「社会人から、米国・経営学博士へ」

社会人から、米国・経営学博士へ

平成19年8月吉日
JIC会員の皆様

盛夏の候、益々御清祥のこととお慶び申し上げます。平素はイリノイ大学日本同窓会の活動を御支援下さり有難く厚く御礼申し上げます。

さて、私達と同様にかつてイリノイ大学シャンペン・アーバナ校にて学ばれた鷹保倫幸郎氏の最新の著書をご紹介したくご案内いたします。著書は「社会人から、米国・経営学博士へ―」と題し、本年6月に鳥影社より発行されました。

鷹保氏は1960年代半ばイリノイ大学大学院(経営学修士)を経て、ニューヨーク市立大学大学院(経営学博士)を卒業。 コンピューター黎明期にあった日本 からアメリカに留学し、10年の苦学の末に博士号を取得されました。 その後はロンドン、ニューヨークのビジネスの最前線で活躍された方です。同氏の体験 に基づく貴重な比較文化・ビジネス論を経験豊富な視点で捉えた大変興味深い著書です。丸善や紀伊国屋書店にも並んでおりますので、どうぞ皆様も是非一度ご 高覧下さい。


イリノイ大学日本同窓会
会長 原 史郎

コメントを残す