甲田小百合さんの最終奨学生レポート

去年の夏にイリノイに行き、5月に帰国し現在は就職活動中の甲田さんから留学生活を総括する最終レポートが届きました。

2006-08-report-koda-001.JPG

皆様いつも大変お世話になっております。先日の総会で再び皆さんにお会いすることができ、とても嬉しかったです。総会に参加して、ちょうど一年前、期待と 不安でいっぱいだった自分の姿を思い出しました。そして一年がたち、留学中に達成したかった目標をすべてやり遂げ、様々な自信を胸に帰国しそれを皆さんに ご報告できたことをとても嬉しく思いました。
私は現在は希望の職業に就けるよう日々就職活動に精を入れて頑張っております。まだ結果は出ていない のですが、ようやく少し落ち着きましたので、大変遅くなってしまって恐縮なのですが、私の留学生活最後のレポートをお送りさせていただきます。前回のレ ポートでは、アメリカでの授業を通じて考えたことを中心にお話させていただきましたので、今回はクラスメイトとのシカゴ旅行やカナダへの一人旅、そして中 学校でのボランティアを通じて得たものを簡単にまとめ、私の留学生活の総括とさせていただきたいと思っています。

2006-08-report-koda-002.JPG

1、 クラスメイトとのシカゴ旅行
前回少しお伝えいたしましたが、政治学の授業でとても仲の良い友達ができました。一人はシンガポール人の女性 で、もう一人はアメリカ人の男性です。いつも授業の後は質問をし合い、レポート提出前は3人で集まって一緒に勉強をしたりした仲です。そんなわけで、日ご ろから話をする機会が多く、だんだんと授業とは関係ない時でも、映画を一緒に観たりご飯を一緒に食べたりするようになりました。私にとって、たった9ヶ月 の留学生活の中で、(住んでいたコスモ以外で)このような友達が作れたのは本当に嬉しいことで、またとても心強かったです。
そして何より嬉しかっ たのが、2人が3月の春休み期間中にシカゴに遊びに行くのに私を誘ってくれたことでした。しかも、そのアメリカ人の彼の実家に泊めてくれたのです。この機 会を通じて、実際のアメリカ人の生活の一部分を垣間見ることができ、とても貴重な経験をすることができました。その友達の実家は本当にとても大きな家で、 部屋が10部屋以上あり、暖炉もあり、地下に映画を鑑賞できる大きな部屋もあり、そしてとっても広い庭もついていました。まさにテレビによく出てくる「ア メリカの上流(中流)階級の家」といった感じでしょうか。もちろんこれはアメリカの家庭像の一部分を見られたに過ぎませんし、私はお客としての立場でしか 接することができなかったので、どこまで実際の生活が見られたのか疑問は残りますが、それでも今回の留学中host familyを持っていなかった私にとって、この旅行中彼の自宅にお邪魔させてもらえたことは、非常に良い経験となりました。
これは余談ですが、 もうすぐシャンペーンへ行かれる次期奨学生の皆さんにもし一言付け加えさせていただくならば、もし機会があればぜひhost familyを見つけてみてはいかがでしょうか?私の留学生活を振り返りますと、目標をすべて達成できとても充実していたとは思っているのですが、どれだ けアメリカ人の日常生活を知ることができたか、という点はやや疑問です。というのも、留学生という立場は、どうしても他国からの留学生と仲良くなりやすい 傾向にあり、実際のアメリカ人の生活を見るチャンスというものが意外と少なく感じたからです。せっかくアメリカにいたのに、普段のアメリカ人の暮らしに 「家族の一員」として触れられなかったのは残念だったなと思います。サークルの一つにhost familyを紹介してくれる団体があったと思いますので、ぜひお時間があれば挑戦してみてはいかがかな、と思います。
なお、写真はアメリカ人の友達のシカゴの家で撮ったものを添付いたしました。

2006-08-report-koda-003.JPG

2、恩師に会いに・・・カナダへの一人旅
4月の中旬、アメリカでの生活も残り一ヶ月となったところで、カナダのロンドンという街に行ってきました。というのも、そこに高校のALTの恩師(カナダ 人)が住んでいらっしゃるからです。彼女が2年間のJETプログラムを終えて私達の高校を去る時、「必ず高校を卒業したらカナダに遊びに行くから!!」と 言って涙ながらに別れてから早5年。ついにその約束を実現することができました。
ナイアガラの滝を見に行ったり、Canadian slangやカナダのイースターの伝統的お祝いの方法を教えてもらったり、とカナダの文化に触れる一方で、彼女が日本に来る前に通っていた大学等にも連れ ていってもらいました。自分の恩師の歴史をたどっていくことで、改めて彼女と出会えたことの偶然性と今もその交流が続いていることの継続性に感動しまし た。
そしてこれは留学中に出会った人たちとの関係にもあてはまります。いろいろな国からの様々な文化的・歴史的背景を持った人たちと出会うことができ、私の価 値観は大きく広がりました。しかし、この出会いをここで終わりにしてしまうのではなく、可能な限りその関係をずっと続けていきたいと思っています。そうす ることで、さらに私の視野が広がるだけでなく、私も彼らの価値観に何らかの形で影響を与えられるかもしれないからです。留学を通じて、国籍を問わず様々な 背景を持つ人たちと触れ合うことは、自分自身を見直す良いきっかけとなり、さらなる自己の成長を目指す良い刺激になると強く感じました。せっかく頂いた貴 重な留学経験を無駄にしないためにも、この9ヶ月間で築き上げた友情はずっと大切にしていきたいと思っています。実際、6月にアメリカで仲良くなった台湾 人の友達が日本に旅行に来ており、二日間だけでしたが、東京観光に付き添いました。私も台湾に行く機会があればぜひ彼にコーディネイトをお願いしようと 思っています(笑)。
なお、写真は恩師と行ったナイアガラの滝で撮ったものと、恩師のご家族です。

2006-08-report-koda-004.JPG

3、中学校でのボランティア
最後になりますが、留学以前から希望していた中学校でのボランティアについてお伝えしたいと思います。私は一年間を通して、毎週金曜日に地元の Urbana Middle Schoolという公立中学校に訪れ、ESLのクラスでボランティアをしていました。主な活動は、両親の仕事の事情で中国からアメリカに渡ってきた中国人 生徒の授業の補佐をするというものでした。彼の場合、新学期が始まった9月の時点で英語はほとんど理解できていませんでした。一方私はというと、大学で数 年中国語の勉強をしたことがあるとはいえ、文法と読解重視の授業だったため会話をすることはほとんど不可能。こんな状態でスタートしたボランティア活動。 9月末から、毎週金曜日は私と彼との不可思議なコミュニケーションが始まったのです。
とにかく彼は相手が誰であれ、わからないことがあれば中国語 で話しかけてきます。一方私は、彼の言うことを理解しようと努力するもののそのスピードについていけず、まったくお互いの気持ちが通じ合いません。最初の 頃は、質問しても何も答えてくれないボランティアの私にかなり幻滅していたのではないかと思います。授業の理解を助けるためにそばにいるのに、実際このボ ランティアは何の役にも立ってないじゃないか、と。事実、これは私が感じていたことでした。自分の力のなさが情けなく、どうすればいいのか途方にくれてし まったこともあります。しかし、途中で投げ出したくはありませんでしたから、わからないなりにも一生懸命相手の目を見て言葉を聞き、私もできる限り簡単な 英語と知っている限りの中国語を使い、そしてどうしてもだめなら辞書を片手に漢字を書いて筆談で会話をするようにしました。初めは、このようなやり方がど れだけ彼の助けになっているのかわかりませんでした。しかし回数を重ねていくうちに、徐々に生徒とのコミュニケーションがとれるようになり、信頼関係が生 まれていったのです。留学が終わる5月には、彼の英語力と私の中国語力が向上してきたこともあいまって、授業以外の話もできるようになりました(例えば、 日本の漫画の話や、ひらがな・かたかなの書き方など)。
この経験は日本で普通に大学に通っていたのではなかなかできなかったのではないかと思います。言葉の持つ力を改めて感じると同時に、言葉以上に、お互いのわかりあいたいという気持ちがどれだけ大切かということを学びました。
この現地の学校でのボランティアは私が留学を始める前からやりたいと思っていたことの一つでした。最終レポートでこのボランティアについて書くことができとても嬉しく思います。

2006-08-report-koda-005.JPG

以上、シカゴ旅行、カナダ旅行、中学校でのボランティアを通じて学んだこと、考えたことを簡単にまとめてみました。振り返ってみると、9ヶ月の留学生活は 本当にあっという間でしたが、そこで学んだことは計り知れません。日本について、外国の事情について、自分自身について、様々なことを考えることができま した。数回にわたってレポートを書かせていただきましたが、ここで書けたことは学んだことのほんの一部であるように思います。本当にこのような貴重な機会 を授けてくださったJICの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。今後は、この留学中に養った力、経験を生かして、仕事に 励むとともに、JICの活動に積極的に参加し、少しでも恩返しができたらというふうに考えております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

なお、余談ですが、総会のときに、甲田=卓球という形で記憶をしてくださっている方が多く、非常に嬉しかったのを覚えています(笑)。賛同してくれる方がいればの話ですが、スキー同好会と並行して卓球同好会も開けたらなぁと密かに思っております(笑)。