中根純香さんの2005年9月レポート

JICのみなさま

こんにちは。私は2003年度JIC奨学生の篠原史温と申します。
今年から奨学生のレポートをみなさまにお届けするという大役をいただきました。
さて、記念すべき第一号は中根純香さんのレポートです。
ルームメイトの素晴らしさや、スピーチの大変さなど、ちょうど2年前の私自身の経
験と似通っている部分が多くあり、非常に共感を覚えるレポートです。
それではみなさん、純香さんの秋空のようにさわやかなレポートをお楽しみくださ
い。

2005-09-report-nakane-001.JPG

JICの皆様、いかがお過ごしでしょうか。2005年度の奨学生としてイリノイ大学で勉強させていただいている中根純香です。こちらはつい最近までは日本 と変わらないくらい暑い日が続いていましたが、ここ1週間は徐々に涼しくなり秋が近づいていることを感じます。8月の半ばにシャンペーンに到着してからの 1ヶ月半は本当に密度が濃く毎日が充実していたので、何をレポートでお知らせしようかずいぶんと悩みましたが<シャンペーンでの生活全 般><授業と余暇><留学生としてイリノイ大学で勉強することの素晴らしさ>について書いていきたいと思います。

<シャンペーンでの生活全般>

私はこちらに来るまでイリノイ大学がどんなところか全くイメージが湧かずにいました。アメリカに来ること自体が初めてだった上に、アメリカ=NYという安 直な固定観念を持っていた私にとって「トウモロコシ畑に囲まれたキャンパス」は想像することが難しかったのです。しかし、到着した3日後にはすっかりシャ ンペーンを気に入ってしまいました。ただ、ILLINOISと書かれた服を着て歩いている人の多さには驚かされます。日本では考えられないことなので最初 は圧倒されましたが、私も負けずにオレンジ色のILLINOISトレーナーを着て彼らに溶け込んで(?)います。

私は現在クオッドから 数ブロックのところにあるIllini Towerというプライベートの寮に住んでいます。Illini Towerに住んでいると言うと、「あそこは寮じゃなくてホテルだよ」とよく言われますが本当にその言葉通り良くも悪くもまるでホテルのような寮です。こ の寮では3~4人が一つの部屋をシェアするというタイプなのですが、バスルームはもちろんキッチンやリビングルームまでが部屋の中に揃っているためとても 快適に生活することができます。しかし一方では全てが部屋の中に揃っているため皆部屋に閉じこもりがちになり、あまり自分の部屋以外の人との交流がないの が「アメリカの寮生活を満喫するぞ」と勢い込んでいた私にとっては物足りなくもあります。

とは言え、ルームメイトにも恵まれ寮生活はと ても充実しています。私のルームメイトはイリノイ出身の2年生2人で、二人ともとても明るく毎日賑やかです(写真)。実は私は今日テストがあり、こちらで 初めてのテストということでかなり前から2人に「どうしよう、どうしよう…」と嘆いていたのですが、今朝起きてみると洗面所の鏡に”Good luck on your test, sumika”と書かれた紙が貼ってあり、テスト前で最後の詰め込みをしなければいけないのにも関わらず、感激して胸が一杯になってしまいました。このよ うに賑やかで優しいルームメイト達のおかげであまりホームシックにもならずに充実した寮生活を送ることができています。

<授業と余暇>

「アメリカの大学生はよく勉強する」日本でよく耳にしていた言葉は本当でした。私は今学期はESLを含めて4つの授業を取っていますが、どの授業も宿題や 次回までに読まなければならない文章が多くて日本の大学とのギャップを肌で感じています。日本の大学ののんびりしたペースに慣れていた私にとってはもう一 度自分を鍛えなおす良い機会なのかな、と思って前向きに取り組むようにしています。

今受講している授業の中で一番面白いのは Public Speakingの授業です。私は日本でもサークルで英語スピーチをやっていたため最初は軽い気持ちで取ったのですが、とても密度の濃い授業だということ が分かり毎回気合を入れてスピーチの準備をしています。この授業では全部で6回スピーチをするのですが、観客が全員ネイティブスピーカーだということで緊 張感が数倍になる上に、原稿の内容(論理性など)も重視されるので原稿作りから発表前の練習まで必死になってやっています。

このように、PaperやReading assignmentに追われる毎日ですが息抜きの機会には事欠かないせいか追い詰められている感じはあまりしません。ウィークデイには友達との食事、 WIMPE(できたばかりの新しいジムです)でのダンスのレッスン、コスモポリタンハウスのコーヒーアワーなどが良い気分転換になっています。そして週末 にはフットボールを観戦したり(スタジアムがオレンジ色の服を着た人で埋め尽くされるのは圧巻でした)、皆で料理を作って持ち寄りパーティーをしたり(私 は焼きそばと杏仁豆腐をつくりなかなか好評でした)と、思い切り楽しんでいます。

中高生のころから「勉強と遊びのメリハリをつけなさ い」とはよく言われてきましたが、よく遊びよく学ぶアメリカの大学生はまさにこのメリハリのお手本のようです。この「メリハリ」は人生を豊かにするものだ と思うので、良い習慣として身につけて是非日本に持ち帰りたいと思います。

<留学生としてイリノイ大学で勉強することの素晴らしさ>

ここ1ヶ月半シャンペーンで過ごしてつくづく感じるのは「イリノイ大学は留学生にとって本当に過ごしやすい」ということです。このことはアメリカに到着し た直後に特に感じました。今年からStudy Abroad Office (留学生の為のオフィスの1つです)の主催でChicago Weekendというイベントが始まったのですが、これは参加を希望した留学生はシャンペーンに行く前にシカゴのオヘア空港に集合して4日間シカゴ観光を して皆でシャンペーンに向かうというもので、その4日間で他の国からの留学生とも仲良くなりアメリカ生活の不安も軽減されて、このイベントが始まった年に 留学できて本当にラッキーだったなと思います。その後も何かあるたびにStudy Abroad Officeの方がサポートしてくださったので到着した当初は本当に心強かったです。

そして、それぞれの授業でも自己紹介を兼ねて先生 を訪ねると「日本からの学生が受講してくれてとても嬉しい。何かできることがあれば手助けするから」というようなことをどの先生からも言われ、実際に沢山 の質問を抱えてOffice hourに行っても一つ一つ丁寧に答えてもらえるのでとても有難いです。そして、そのように好意的に受け止めてもらっていると、「期待に応えるぞ」とやる 気も湧いてきます。

最後に何よりもJICの奨学生としてイリノイ大学で学べることの素晴らしさは忘れることは出来ません。教職員の方な どに「JICを通して留学している」と話すとこの制度を知っている方も多く、改めて伝統のある奨学金なのだなと気が引き締まります。そして、他に一緒に やってきた3人の奨学生がいることもJICを通してイリノイ大学に留学することの素晴らしさの1つです。疲れている時でも他の奨学生に会うと話しているう ちになぜか大笑いになり元気を取り戻しているのは不思議ですが、本当に色々な面で支えられていることは確かです。彼女達と一緒にイリノイに来ることができ て本当に良かったな、とこの1ヶ月半を振り返ってつくづく思います。

勉強をしている合間、キャンパス内の道を歩いている時などちょっとした瞬間に「この大学に留学している自分は本当に幸せだな」と思うことが多々あります。 そしてこのような機会を与えて下さったJICの皆様には本当に感謝しています。残り8ヶ月もあっという間に過ぎていきそうですが、できるだけたくさんのこ とを吸収して帰れるように1日1日を大事に過ごしていきたいと思います。