中山輝美子さんの2005年最終レポート

ICの皆様おひさしぶりです。9ヶ月の留学生活を終え日本に帰国した中山輝美
子です。レポートの提出諸事情により大変遅くなってしまいました。すみませ
ん。留学生活も終わったということで留学経験のまとめとしてレポートを書きた
いと思います。はじめにこのような機会を当てていただいたお礼を申し上げたい
と思います。University of Illinoisというすばらしい大学に留学でき、沢山の
ことを学び、様々な経験をできたのも皆様のおかげです。すばらしい機会を与え
て頂き本当にありがとうございました。

11ヶ月前JIC総会で皆様にお目にかかり留学を身近に感じたのが懐かしいほど
昔に感じます。帰国したばかりの2003年度留学生の方にお会いし、いよいよ
これからイリノイに行くんだとドキドキワクワクしながら準備を始めました。高
校の時に留学は経験していたもののすべて自分ひとりで行うというのは未経験
で、アメリカ大使館にVISAをとりに行ったり、メールで住居探して契約まですま
せたりと、初めてのことばかりでした。

日本では上智大学の比較文化学部に通っていたということもあり、出発直前にな
り留学は自分にとって本当に必要なことなのかと悩んだこともありました。英語
を学ぶというのは留学する理由にならないと。しかし、こちらにきてからの9ヶ
月予想以上の経験をすることができ、人として一回り成長したような気がします。

留学中一緒に暮らした15人の友達と出会えたこともそのひとつです。大切な友
人を亡くしたり共同生活の難しさを実感したりと大変なことも多々ありました
が、異国の地で親元を離れて暮らしているものどうし相容れるものがあったと思
います。みなそれぞれ育ってきた環境は違います。先進国で育った私のような者
もいれば、国の奨学金を得てアフリカから出てきた人もいます。私のように無宗
教者もいれば、カトリック、ヒンズー教徒、そしてイスラム教徒もいました。ひ
とりひとり考え方も違いもめたことも沢山ありました。しかし今振り返ってみて
彼らと出会えたこと、一緒に一年間乗り切ったこと、そしてそこから学んだこと
がわたしを成長させてくれたと実感しています。

様々な経験の中で何よりもわたしを成長させてくれたなと思うものがひとつあり
ます。Johnson and JohnsonのCorporate Business Competitionに参加した経験
です。上智大学でも同じようにBusinessを専攻していたにも関わらず、このよう
なチャンスはめぐって来ませんでした。FinanceやAccountingなど違う専攻をし
ている生徒たちがあつまり、ケースを与えられ、会社から派遣されてきた方々の
前で自分たちなりの見解をプレゼンするという刺激ある経験をさせて頂きまし
た。全員が同意することができず夜中まで話し合ったり、徹夜で数字を計算した
りなど、仕事についたらこのようなことをするのであろう経験をしました。プレ
ゼン当日には分析結果の盲点をつかれたり、答えられないような質問をされた
り、自分たちの甘さも実感しました。しかしすべて良い経験であったと思いま
す。アメリカにおけるビジネスの新しい時代のビジネスマンを育てようとする体
制をすばらしいと思い、日本でももっと学生にこのようなチャンスが与えられれ
ばよいのにと思います。

一年前の今頃の私には将来の方向性が見えていませんでした。Businessをしたい
と言う思いは有ったのですが、具体的にどうしたいかなどはわかっていませんで
した。しかし、この一年間授業や授業外で様々なことを経験した結果、やっと自
信を持って言えるようになりました。わたしはマーケティングと商品戦略をした
いと。就職活動やインターン探しなどしなくてはならないことが沢山待っていま
す。この一年間で成長した自分に誇りをもって取り組んでいきたいと思います。
これもすべてJICの皆様のおかげです。本当にありがとうございました。総会
で皆様に留学を終えて成長した姿を見ていただけるのを楽しみにしています。

中山輝美子