中山明子さんの2005年最終レポート

第三回レポートを書いた後すぐに帰国しましたので、今回すぐ後に提出致しましたことをお許しください。今回は私の常日頃気になっている戦争のことについて 触れ、私の全レポートを終わらせていただきたいと思います。まず、私が今回の留学で一番感じたことは、どんなに文化や考え、宗教までも違う人同士でも、何 か決まるとき話し合いによってお互いにとって最良の解決方が見つかるのだということでした。今の世界を見つめたとき、悲しくもいまだに戦争の空しさや悲し さに飽きずに、軍隊を出したり、自国内の異なる宗派の間で戦っている国が見受けられることが悲しくてなりません。おそらく理性を失い、感情のみで動いてい るような行為が世界のあっちこっちで起こっています。自分の体裁のみを保つため、または自分がトップに君臨している間は利益を得ることだけに専念し、政治 自体をいい加減にしている政治家やリーダーの多さにもびっくり致します。どんな交渉や会談でも一歩でも平和的な解決に進むよう、妥協案や折衷案を考えたり と、現実改善につながるように努めるべきだと思います。世界は核の存在の脅威や人口増大でもう大変です。これからは世界の国々や人々が互いに理解しあっ て、一緒に手を携わって生きていかなくては、もう安心できる時代ではなくなってきたのかもしれません。その意味で、まず異なる文化の飛び交うキャンパスで も多くの人と仲良く楽しくやっていけるUIUCでの生活と同じく、どの国も自由に、自分の文化を愛し、他人の文化を尊重して生活していかなくてはならない 時代だと思います。自分の利益よりも自分の友達のために助け合ったりすることの方が大事だと思われるように、自国の経済や安全とともに、国家間の友好関係 に最多の努力を払い、どの国も国民のために強く、かつ弱い国とも友好であるべきだと思います。自分もまず身近からできること、援助したり、贅沢や無駄遣い をやめたりと、なにか貢献できることを始めたいと思います。

21世紀はインターネットの普及に伴い、なんでも地球規模で起こったり、世界の人々がひとつの”地球文化”をシェアしたりすることも多くなりましたが、一 方で是非祖先が残してくれた自国の伝統や文化をなくさないようにもしていきたいと思います。特に、若者は盲目的に流行を追うだけで、自分の国を愛さない、 自己主張のない大人になってほしくないです。孫子の兵法に「知己知彼、百戰不殆」という有名な言葉がありますが、文字通り己の文化や自分自身を知り、他人 のことも理解できたならば、戦わずしてうまく解決できるものだと思います。まず一人一人が自分の意見をもって、かつ理解や尊重のし合える会話ができるな ら、ますますすばらしい社会になるのだと思います。

最後に、JIC奨学金生として自分自身を、そしてJICをとても誇りに思っています。今まで私の稚拙なレポートを読んでくださった皆様や、応援をしてくださった皆様、本当に心から感謝致します。