中山輝美子さんからの2004年9月分レポート

JICの皆様

岡沢(02-03,LAS)です。今年度奨学生の中山輝美子さんからのレポートが届きました。中山さんはコスモポリタンクラ ブというキャンパスの中にあるシェアハウスについてリポートをしてくれました。コスモポリタンは毎週パーティーがあることで有名ですね。人との出会いが多 い、楽しい生活の様子が伝わってきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2004年9月レポート
中山 輝美子
上智大学 比較文化学部 比較文化学科
international business and economics専攻 3年
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

JICの皆様こんにちは。2004年度奨学生の中山輝美子です。

レ ポート遅くなってしまって申し訳ございません。早いものでUIUCに到着してから2ヶ月が経ちました。イリノイは日に日に寒くなってきていて、まだ10月 だということを考えると少し先が思いやられます。この2ヶ月間あっといまで振り返る時間もなく過ごしてきました。たくさん報告させて頂きたいことがあり何 から書けばよいのか迷ってしまいますが、まずCosmopolitan Club Houseについてお話させて下さい。

わたしは、 2003年度留学生の中村さんの紹介を受けてCosmopolitan Club Hoseというところに住んでいます。正直決める前はすごく悩みました。他の留学生が学生寮に決めていくなか、自分も学生寮でなくて大丈夫なのだろうか と。しかし、こちらに来てそのように風に悩んだことさえもおかしく感じています。

Cosmo Houseには一つの大きな家をみんなでシェアーするという形で14人のinternational studentsが住んでいます。ヨーロッパ・南アメリカ・アフリカ・アジアと世界中から集まっており、留学生、学部生、院生と環境もバラバラ。はっきり 言って共通点を見つけることのほうが難しいくらいなのに、仲良く毎日ワイワイと生活しています。

この家の一番素敵な点は、リビングに行け ばいつも誰かがいてくれるということです。こちらに来てすぐホームシックになった時も、慰めてくれる人、連れ出してくれる人、そしてホームシックの辛さを 分かち合ってくれる人と色々。一緒に暮らし始めて一ヶ月もたたない間にすごく仲良くなりました。夜中まで語り合ったり、一緒に映画をみたり、テレビのチャ ンネル争いをしたり、誰かの誕生日にはケーキを焼いてサプライズパーティーを企画してみたり、毎日盛りだくさんです。毎週木曜日には international coffee hourと称して、決められた国の料理を振舞って、パーティーを開かれています。先週はBrazilian coffee hourで家に入りきらないほどのお客さんが集まってしまい、家の前の歩道にまで人が並ぶ反響振り。家にいるだけで毎週新しい出会いがあります。

建物自体は築100年以上なのではないかと思うほど古いのですがとても居心地の良い環境が整っています。最近の悩みはあまりにも居心地が良すぎて引きこもり気味になってしまうことです。寒くなってきたこともありなかなか外に行く決心がつきません。

第 二回レポートでは家の外のことについてお話できるように頑張って活動的になろうと思います。お伝えしたいことは沢山あるのにいざ文章にしようとすると上手 くできずに悲しくなってしまいます。私が今こちらで体験していることの10分の1でも伝わればと思っています。このようなステキな経験をさせていただいて いて感謝の気持ちでいっぱいです。残り8ヶ月間みなさまに与えていただいたこのチャンスを最大限に活用していきたいと思います。