2008年度奨学生レポート(森本 なずな)

JICの皆様、お元気でしょうか?日本はもう桜が咲き終わってしまうころでしょう。こちらはだいぶ暖かくなり10度を下まわるような日も少なくなってきました。外に出て空気を吸うたびに春が来ているなと感じます。それと同時に日本に帰る日がどんどん近づいてくるのだと思うととても切なくなります。残りの日々を大切に、悔いが残らないように過ごしたいと思います。さて、今回のレポートでは授業、日々の生活での出来事、春休みについてご報告させていただこうと思います。
①授業について
今学期はESL115(writing)、Child Psychology、Gender and Women’s Studies in The Social Sciences(GWS260)、Sex and Gender in Popular Media(MS356)の4コースを履修しています。中でもメディアのコースは今まで取ったことなかったのでとても興味深い授業となっています。授業では毎週のテーマに沿って、週の初めの授業でフィルムを見て、ジェンダーを中心にクラスや、文化、人種についての描写を議論します。毎週使うフィルムは映画やドキュメンタリー、またYoutubeやMTVからコマーシャルやミュージックビデオといった最近の映像も取り入れられているのでとてもおもしろいです。こういうフィルムを使った授業は本当にアメリカでは進んでいるなといつもとても感心します。また、先学期のジェンダーの授業は政治を中心に学び文献も難しく、初めてジェンダーの授業を本格的にとる私にとっては本当に大変でしたが、今回のMS356では日々私たちの触れるメディアでどのようにジェンダーやその他の社会的概念がつくられて行くかを学ぶので、毎日テレビや映画を見るたびにその映像について何らかのコメントを見つけられ、とても興味深い授業となっています。アメリカ人の学生の中でもジェンダーについての意見は本当にいろいろ分かれていて毎回の授業で自分の意見にそってのコメントを発言するので、人それぞれの個性がみえる授業となっています。

②日々の生活
今学期はとてもゆったりとしたスケジュールになっているので、先学期のように毎日勉強に追われているということはありません。実を言うと、先学期のジェンダーの授業がとても大変だったので今回はジェンダーから2つもとるからあまり授業を取らないでおこうと考えたのですが、課題の量や質は先学期ほどではなく後でもう少し頑張ればよかったと後悔しました。しかし、日々ルームメイトや仲のいい友達と時間をつくり、会って話すことができるので、本当に生活をEnjoyしています。その中でもセイントパトリックのUnofficial Dayとコスモが主催者の一部となったInternational Dinner Partyはとても思い出に残りました。

s-morimoto11.jpg

そのUnofficial Dayは、3月6日の金曜日で私はお昼からテストがあったので、夜中に勉強して遅めに起きようと考えていたのですが、朝の8時には通りと隣のアパートメントからの騒ぎで起こされてしまったほど、学生はみな朝から飲んでよっていました。授業に行く道では本当にみんなといっていいほど緑のTシャツを着ていたり、緑のペインティングを顔にほどこしたりしていてお祭り騒ぎでした。私の授業はテストだったのでさすがに酔ってからくる生徒はいませんでしたが、キャンパス内には酔った生徒がたくさんいるといった状態でした。その日は特にとても暖かく半そでで十分という気候だったのでバルコニーやポーチ、いたるところでみんなパーティーをしていました。私も友達とテストのあとバーに繰り出しましたが、さすがにセイントパトリックデーにちなんだ緑のビールは飲む気がしませんでした。このような行事は日本ではないので本当に貴重な体験となりました。

International Dinnerは3月15日にYMCAで行われました。これは私の住んでいるコスモが他の組織と共同でチャリティーのために料理を振る舞い、またショーなども行われました。私たちこすものメンバーは料理を作ったりサーブするのを担当しました。私も日本料理を作らないかと誘われたので、その日は3時から買出しに行き、4時から料理を作り、5時から浴衣を着て6時にYMCAにいくという大変なスケジュールでした。悩んだ結果お好み焼きとゆかりご飯を作りましたが、大量な料理をたくさん作るのは本当に大変でした。しかしおいしかったといってもらえとても嬉しく、また久しぶりに浴衣を来てとても気分がよかったです。4月16日にはコスモでJapanese Coffee Hourがあるのでそれのためのいい経験となりました。

s-morimoto21.jpg

③春休み
3月21日から29日までの春休みは以前から仲のいい友人とNew Yorkに行きました。NYでは美術館に行ったりショッピングをしたり、ショーを見たり本当に盛りだくさんの日々を過ごしました。その中でもブロードウェーショーは本当にすばらしく、さすがだなあという感じでした。私たちはオペラ座の怪人を見たのですが、舞台の細工は一刻として同じことはないというほど考え抜かれ洗練されており、またショーの衣装は豪華で美しく見事でした。また、ワールドトレードセンターの跡地も訪れ、ビルが迫って建っているビジネス街にぽかんと広大な土地が開いており、ここで世界を大きく変えるような出来事が起こったのかと思いしばらく呆然としてしまいました。このほかにもCentral Parkから眺めるNew Yorkの町並みが美しかったり、美術館やギャラリーの芸術がすばらしかったりと心動かされることばかりでした。

これからはグループワークの発表やFinal Examが待っています。どれも早く終わらせてしまいたいことばかりですが、これら一つ一つのことを終えるごとに帰る日が近づいてきてしまいます。一日一日を大切に、アメリカで過ごせる残り少ない日々をすべて思い出に残せるように内容の濃い日々を送りたいと思います。

神戸大学4回生
森本なずな

写真解説
1、International Dinnerにて
2、Coffee Hourにて