砂子知香さんの2004年5月分レポート

JICメンバー各位、

大田(’01-02 LAS)です。

JIC奨学生としてUIUCへ留学中の砂子知香さんからのレポートが届きましたので、皆様にフォワード致します。砂子さんは先週、無事日本に帰国されたそうです。総会でまた留学中のいろいろなお話を聞かせていただくのが楽しみですね。1年間レポートをありがとうございました。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
2004年5月分レポート
砂子 知香
一橋大学法学部4年
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

あっという間の1年でした。今期は少し余裕を持って取り組めたのではないで
しょうか。時間が経つのも早く感じられて、今こうして最後のレポートを書い
ていることに驚いています。

私は先週、無事に帰国しました。あまり実感もなかったのですが、ようやく様々
な手続きを終え、普段の生活に戻り、落ち着いてきたところです。

留学を通して本当にたくさんの人と出会うことができました。友達もどんどん
増えて、気付けばそこに自分の居場所があるという心地よさに包まれていまし
た。日本に帰りたくないという気持ちにさせてくれたのは、この留学が自分に
とってどんなに素敵なものであったかを表しているのだと思います。勉強の大
変さはもちろん、全てが挑戦、というような毎日でした。その意味で、とても
生気を感じる毎日でした。そして、発見の毎日でした。日本を離れて初めて気
付くことがいっぱいあります。また、自分を見つめ直すきっかけにもなったと
思います。

具体的にどんな生活を送っていたかというと、朝起きてまずパソコンに向かい、
朝食を取りつつメールやインターネットをしていました。そして、授業の予習
を少しやって、いざ授業へ。なぜか私が履修していた授業は、こまめにクイズ
をしてくれたので、毎回が真剣勝負でした。午前中に1つ、2つ授業を終え、
一人で、またはお友達と昼食。このリラックスした時間が幸せです。冬の厳し
さのためか、みんな日向ぼっこが大好きで、クオッドは大賑わい。また、お昼
の楽しみの一つとして、Daily Illiniを欠かさず読んでいました。自分から行
動するためには、まず情報収集が必要です。おかげで地元のことに詳しくなり
ました。午後も1つ、2つの授業。私の場合、一日の授業がすべて終わった頃
には疲れ切っていました。でも、まだまだやることはたくさんあります。ただ、
テスト前じゃないときはお友達との時間を最優先に考えていました。お食事に
行ったり、映画に行ったり、お友達のお家ではよくパーティーをしました。夜
遅くにキャンパス内を散策したりもして、普段のがんばりにご褒美。この楽し
い時間が恋しいです。

最後に、私の留学生活の大きな支えとなったのが、ルームメートの存在です。
日本ではできない経験を、と思い、寮は二人部屋にしました。問題も何かと多
いと聞いていたのですが、私は幸運にも素敵な素敵なルームメートに出会いま
した。初めての共同生活で、気を遣うことはもちろんありましたが、一緒にご
はんを食べたり、お買い物したり、とても仲良くしてもらいました。私の英語
の先生役でもあります。そして、悲しかったとき、つらかったとき、ルームメー
トにどんなに励まされたことか。ルームメートなしでの留学生活は想像できな
いくらいです。

この1年で、本当に多くの人に出会い、支えられ、素敵な経験をいっぱいしま
した。

こんな素晴らしい機会を与えて下さったことに感謝すると共に、帰国後はこの
経験を生かしてがんばっていきたいと思います。本当にありがとうございまし
た。