岡沢宏美さんの2003年5月分レポート

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2003年 5月分レポート
岡沢 宏美
大阪外国語大学4年
http://sc.gaiax.com/sc/cools/maypanda
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

一年間の留学も終わりに近づき、最後のレポートを皆様にお届けすることと
なりました。

サマースクールを取るとはいえ、正規の留学期間である2セメスターを終え
た今、一年の 生活がどれほど貴重で、有意義であるか、という事を実感して
います。 一年の生活について、言葉で表すことは難しく、まして数百字でま
とめる、という事は できません。本当により抜きでしかありませんが、感謝
の気持ちを込め、数点に絞って 述べたいと思います。

思い出深いものの一つは、ガールスカウトでの活動です。ハロウィンでの仮
装、老人ホームや児童施設でのボランティア活動、活動費を集めるためのバザー
にハイキングなど、面白いことをたくさんしました。

そして、最後の活動時に、私のためにサプライズ・ バースデーパーティー
をしてもらったのには、 感動しました。日本でしていた活動を続けることが
でき、またその活動を通し、仲間と会い、様々な経験ができたことは、何物に
も代えられない大切な思い出です。

もうひとつ、きっと忘れないのは、寮での生活です。毎日毎日、大勢の人に
会い、毎晩のようにカフェテリアの夜食の甘いケーキとコーヒーを前に、数時
間のおしゃべりに興じ、寮の地下のカフェテリアで、たくさんの仲間と、どれ
ほどの時間を過ごしたのかは、想像できない程です。カフェテリアに行くと、
必ず誰か知り合いがいて、一緒に食事をしていると、そのまた友達が加わり、
自己紹介をすると仲間が増えます。食事のテーブル には、そのうちに20名
ほどの人数になることも普通でした。寮を去る最後の日まで、大勢でわい
わいと楽しく過ごしました。

日本では、実家から大学へ通っていた私にとって、キャンパスの寮に住む、
というのは とても新鮮で楽しい経験でした。ルームメイト、エレベーター、
ラウンジ、カフェテリア、 バスルームまで、寮に住むと本当に大勢の人と会
い、言葉を交わします。帰国すれば、きっと寮での生活が恋しくなると思いま
す。

勉強面でも、得がたい経験をしました。日本では学ぶ機会のなかったスピー
チや教育学、それに専攻の言語学も、様々な角度からアプローチを図っていて、
素晴らしいものでした。言語学の本場であるアメリカで、しかも著名な教授が
揃うイリノイ大の言語学科で丁寧に指導を受け、知的な刺激にあふれた日々を
送ることができたのは、留学した醍醐味です。徹夜でレポートを作成したり、
課題に追われたり、ハードではありましたが、 その分だけ身に付くものも多
いと感じます。

夢であった留学が叶えられ、期待以上に素晴らしい留学生活ができたのも、
JICの皆様のおかげです。同じ奨学生と出発前から友達になれたのも、留学
中にたくさんの サポートを頂いた事も、JICの奨学生として留学させて頂
いたからだと感謝しています。

この一年で、本当にたくさんのことを経験し、学びました。
これからも、夢に向かって 頑張っていきます。
ありがとうございました。