小俣日登美さんの2002年5月分レポート

jicmlメンバ各位,

古市 (’92-94 MS in Computer Science)です.

2001年の秋学期からJIC奨学生としてUIUCへ留学中の小俣 日登美さんからのレポートが届きましたので,皆さんにフォワードします.

短い留学期間中に,奨学生の皆さんは実に多くの貴重な体験をされているというのに驚かされます.小俣さんは引き続き夏学期も継続して履修されるとのこと.更に貴重な体験をされることを期待してます.

以上.

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
2002年 5月分レポート
小俣 日登美
東京大学 文学部美術史専攻 4年
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

長い長い二学期間の滞在が終わり、ほっとしたのも束の間、夏学期を取ることにした私は、あまりに密度の濃い夏学期の授業に翻弄されて、感慨にふける余裕もないのが本当のところです。八ヶ月間の滞在は、八ヶ月にこれだけの事を経験するのは不可能ではないのか、と今から思い返せば疑ってしまうほどにたくさんのことを経験しました。ほとんどの経験は、恥ずかしかったり、不快だったり、はっきり言って思い出したくないような、不満だらけのことだったりします。でも、ほとんど終わったからいえることだと思いますが、“私は確実に恵まれていた”という事です。私は、自分の環境の価値は、私の周りを取り巻く人の面白さ・人間味・優しさにあると思っています。その点において、私はイリノイで恵まれていたと思います。

私は美術史が専門で、はっきり言って「本の虫」型・数学アレルギーの完璧文系人間なので、エンジニア人間と会計人間が大半を占めるこの大学では、やや居心地の悪い思いをしていました。誰かと知り合って、専門を聞くたびに、みな首をかしげて、なんではるばる日本から美術砂漠のこの大学に来たのかと聞きました。(イリノイ州で二番目に大きい美術館は、なんとイリノイ大学付属の美術館、つまりシカゴのArt Institute位しか、大きい美術館が無い地域なのです。これで、イリノイの美術砂漠度が推して量れます。)美術史の授業に出ても、美術史専門の学生などほとんどいなくて、理系の学生などが、趣味でとっていたりする事が多くて、同じ専攻の友達と言うものは出来ませんでした。でも、逆に、美術を勉強しようという学生が少ないせいか、講義形式の授業でも、教授と生徒の距離はいつも近く、レポートも一字一句、TAでなく先生自ら直したりコメントしてくださったりしてもらえました。何よりも、英語の下手糞な外国人留学生とIndivudual Studyをしようとしてくれる美術史の先生が見つけられたのは、私にとってとても幸運なことでした。Indivudual Studyというのは、院生の学生の方から後で聞いた話では、院生でもなかなかしてもらえるものではなく、もしイリノイが美術天国大学だったら、私のような単なるExchange Studentには機会は与えられなかっただろうと思います。せっかくの個人教授でも、自分の読解力の無さや、表現力の無さや、自分が何が分かっていないのかも分かっていないアホさ加減に、本当に悔しい思いもしました。時には、“チョット、これは英語の先生にする質問でしょう”というような質問までしてしまって、それでも、一つ一つ丁寧に答えてくださる先生の温情に、本当にありがたく感じました。日本で勉強していたときは、質問することが、恥ずかしいことである、というような雰囲気がゼミ内に漂っていたのですが、わたしは、質問天国のアメリカですっかり甘やかされてしまったので、日本に帰ったら大変だと思います。

いい先生と回り逢えた事に加えて、私は生活の面でも、本当にいいルームメートがもてたことは、幸運だったと思います。朝からサルサで起きるLatinaの女の子との共同生活に疲れていた私を、Lincoln Dormで最上級の部屋の一つに、一緒に住まないと声をかけてくれたのが、台湾人のルームメートでした。彼女は、高校生のときにExchangeでアメリカの中西部に来て以来、アメリカで勉強を続けています。私が、イリノイで感じた不満、つらさ、鬱憤、もう一通りすべて経験済みなので、年下の彼女が逆に、私に教えてくれることも多くて、物事を、裏返しに、常にブラックユーモアでコーティングして客観視する彼女から、“アメリカの方法”を多少なりとも学んだ気がします。二人で、勉強の邪魔になるから、テレビは持たない、といっておきながら、私も彼女も相当なおしゃべりなので、深刻なことから、本当にくだらないことまで、夜中の三時まで話してお互い疲れきったこともありました。(次の日は、Hiしか話さなかった。)話は、紅楼夢と源氏物語の比較などという、高尚なものから、纏足した足の手入れの方法などというグロテスクな話、イリノイで食べられもしない中華料理や日本の果物の味について、涎をたらしながら語り合って更に虚しくなったり、冬の間、こもって一番つらかった時も、おしゃべりの“どうでもよさ加減”に大いに救われました。

Dormで共同生活を送っていて知り合った、アジア人の留学生の子達からも教わることがおおかったです。インドネシアの華僑の子、フィリピン人、マレーシアのムスリムの子、マレーシア、シンガポール、台湾、香港からの中国人の子達など、驚くほどに日本の文化について知っていて、ひいては私自身についても興味を持ってくれているのに、逆に自分がアジアの政治、文化について無知なのが恥ずかしかったです。豚革のパンツをはいている子に大して、インドネシアの華僑の子が“いいずぼんね、イスラム教徒に暴行されないで済むわ”という「冗談」で一斉に皆が大笑いした会話の後で、笑えない自分の無知に気づいて、必死で笑いのネタをHPの政治の特集で解決した後、更に笑えなくなってしまったりもしました。ほとんどのアジアからの留学生の子が、大変な思いをしてアメリカにやってきていることが多くて、それを考えると、私は新聞は読まないほうではなかったけれど、なんて平和ボケして甘やかされていたんだろうと、つくづく思いました。

いろいろな人と交流して、感じたのは、ここは本当に個人主義の地だ、という事です。悪く言えば一人一人が自分勝手なのですが、お互いに自分勝手なので、それが普通になっていて、逆に自分がなければ、押しつぶされてしまうのです。ここでは、自分の自信が無くさせられるようなことがたくさんあります。アメリカ人の根拠も無い自信に態度は、最初、理不尽だし、不可解だと思ったのですが、自信を持つこと、自分の目的がはっきりしていること、自分を主張して、更に常に「唯一無二のこのワタシ」をディスプレイしていることは、ここでは美徳である上に、個人主義を貫くために不可欠なものなので、それが出来なくてたじたじしていると、ますます自信をなくして、ちょっとした鬱状態になりがちです。自分のしたいことがあって、臆せずそれに突き進んでいけるならばいいのですが、そこまで自分を一つのことに没頭させる集中力はなかなか持続できるものではなくて、集中力が途切れたときに、これでいいのかな、と思い始めた瞬間に、個人主義ってなんてつらいんだろうと思います。高校時代の国語の時間に、夏目漱石が留学中に鬱で大変だった時の文章などを読んで、ちっともわけが分からなかったのですが、今は、ちっともわけが分からなくは無いと思います。それにしても、夏目漱石ほど頭がよくない凡人なのに、留学中に
かなりブルーになるというのは、不公平なものです。今年来る方々は、永井荷風のように、享楽主義に徹して(これもエネルギーが要るが)ストレスの無い楽しい留学生活を送って欲しいけれど、多分無理かもしれないので、そんなときは私にメールを下さって、愚痴ってくれても結構です。JICの先輩から、初めのころ励ましのメールや、アドバイスを頂いて、本当にありがたかったので、私も同じやり方で貢献できればと思います。