大田祥子さんの2002年1月分レポート

jicmlメンバ各位,

古市 (’92-94 MS in Computer Science)です.

秋学期からJIC奨学生としてUIUCへ留学中の大田 祥子さんからのレポートが届きましたので,皆さんにフォワードします.大田さんが今学期取る行動観察のクラスは,この機会でなくては体験できない貴重なものだと思います.日米の保育園教育の違いなどが,この成果として論文にまとめられるかもしれませんね.頑張って下さい.

これで奨学生4名の方全員の1月分レポートをお届けしました.次のレポートは3月末を予定しています,お楽しみに.

以上.

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
2002年 1月分レポート
大田 祥子
奈良女子大学大学院 2年
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

イリノイの冬を、おかげさまで風邪ひとつひかず元気に乗り切っています。これも、秋口から徐々に徐々に寒い気候に順応してきたせいでしょうか、やはりひとところに“住む”ということは、すごいことなのだなと思います。

ここChampaign-Urbanaに来た当初は右も左も分からなかったので、街が何とも無機質に映ったのですが、友人の存在、それに自分の好きな場所や気に入ったお店などが見つかりはじめると、自然と愛着も沸いてくるものです。

冬休み中は、大半をシカゴで過ごしたので、シカゴも私にとってとても愛着のある街になりました。街を散策したり、ある一日は、アメリカ人シェフに料理を習い、excitingなひとときを過ごしました。幅広い年齢層の、同じ興味関心を持った人たちが集まり、しかも食材はアジアのもの、アメリカのものと様々だったので、それらがひとつの料理に仕上がるプロセスを目にしながら、料理にとどまらず、いろいろなものを柔軟に取り入れてアレンジできるということは素晴らしいことだなと思いました。こうした食に対する関心は、ThanksgivingにESLのクラスメイトと七面鳥を焼いたのをきっかけに、さらに強まったような気がします。アメリカ人の先生にポイントを教わり、トルコ人の人に教えてもらいながら、数人で、松の実とレーズンとお米をピラフにしたスタッフィングと、レモンやトマトを使ったソースを作り、農家で直接手に入れた20ポンドもある特大の七面鳥を慣れないオーブンで4~5時間かけて調理しました。また、冬休み中には友人たちお手製の、韓国の伝統的なお正月料理や、台湾の豚料理、インド料理をいただく機会もあり、私も、日本の家庭料理を作りました。同じ釜の飯、とはよく言ったもので、一緒に食卓を囲むと、自然と温かい雰囲気が生まれるものです。

さて、先セメスターは、コースワークがハードで、必死でついていっているうちにfinalの嵐がやってきて、気がついたら終わっていたという印象です。でも、うまく一言では言い表せないながら、何かが確実に自分の中に蓄積された感がしています。先日、gradのクラスで一緒だった友人と昼食を食べながら、たわいのないおしゃべりに混じってそんな風に振り返ったり、これからのお互いのプランについて話したりしていました。

私が主に講義をとっていた、そしてこのセメスターもお世話になるHDFS(Human Development and Family Studies) の講座は、アカデミックな内容はもちろん、医療・福祉や幼児教育の現場とうまくタイアップすることで学生に基礎知識と実践力をつけさせてくれます。私はこの講座所属の学生ではないながらも、先セメスターのコースワークをベースにCarle Hospitalで実習を、ということで、現在スケジュールを調整中です。子どもを相手にする仕事なだけに、予防接種などの規約が厳しく、書類準備のためにMcKinley Health Centerにも幾度か足を運ぶ必要があり、健康体ながら通院する毎日が続いています。

そのほかには、子どもたちを対象にした行動観察のクラスを取りました。週1回のLabの日は付属の保育園に行き、保育室の2階に設けられた、まるで野球の実況席のような「特別観察ブース」に陣取って、子どもたち同士や先生とのやりとりを記録していきます。日本にいるときにもしばしば幼稚園に通って子どもたちや先生の様子を見学させていただいていたので、そのときの様子と比較しながら見学することもできそうです。ただ、自分の見たことを英文で記録していくことに限っては、普段のレポートを書くのとはまた別の難しさがあり、これからも試行錯誤が続くことになると思われます。

また、引き続きESLと、それから私の中で風化しかけていたフランス語、それに久方ぶりに茶道の稽古を再開しました。今セメスターもマイペースでコースワークに取り組むと同時に、いろいろな意味で、人と触れ合う機会が多く持てればと思っています。

今年もどうぞよろしくお願い致します。