武田麻美さんの2000年9月分レポート

JICの皆様、いかがお過ごしですか? こちら、イリノイ大学アーバナシャンペン校のほうは、日ごとに寒くなってまいりました。慣れない寒さにこれから耐えられるかどうか心配しながら、今、中間 試験に向けて勉強している最中です。渡米前は、書類等の手続きからオリエンテーションなど、また沢山の有益なアドバイスをしていただき、本当にありがとう ございました。皆様のおかげで、こちらに来てからも安心して過ごすことができています。一ヶ月はバタバタと忙しく、あっという間に過ぎましたが、この間、 レポートに書ききれない程の多くのことを経験しました。

こちらに来てから一番に感動したことは、一面に広がるトウモロコシ畑、美しいキャ ンパスなのですが…それ以上に感動したのは、大学側の留学生に対する素晴らしいケアでした。OISA(office of international student affairs)は、生活面での細かいアドバイスや大学での勉強のことなど、あらゆるトピックを取り上げ、連日オリエンテーションをしてくれました。さら に、小旅行やちょっとしたパーティ、ボランティアの機会を提供してくれたり、また定期的にカウンセリングをしてくれるなど、対応のすごさには本当に感動し ました。おかげでホームシックにかかることもありませんでした。これらの集会を通して、他の国々からの留学生達と知り合うことができました。

逆 にこちらへ来て、ショックだったのは授業登録がうまく行かなかったことでした。JICのプログラムでは、LASに所属していながらも、希望する学部から好 きな科目をとれるということだったはずです。しかしながら私の場合、実際は取りたい科目は自由にとれない状況でした。私はこちらで教育学を取るつもりで張 りきっていたのですが、初日の授業で、教授から、他の学部からの登録は認められない、受講条件を満たしていないなど、何度も警告を受け、結局クラスから去 らなければならないという苦い経験をしました。交渉次第で何とかなるという話しですが、大学側にこういったタイプの留学生の存在を認識している職員が少な く、交渉の時にかなり苦労しました。結局、理解のある教授に出会えるまで、キャンパス内をあちこち走りまわり、交渉するという時期が長く続きました。私の ような苦い経験をするJICの奨学生がでることがないようにしなければいけないと感じました。

いろいろと問題はありましたが、最終的にコ ンピューターサイエンス(CS105)、景観設計(LA101)、社会学(SOC231)、ESL(401)のクラスをとることができました。CS105 はビジネス用のパソコンのクラスです。パソコンでの宿題は戸惑うことが多く大変です。景観設計のクラスは、おもに環境デザインの勉強をします。授業は外で 行い、キャンパス中をまわりながら、説明を聞き、実際にデッサンをします。土日を利用したフィールドトリップもあり、非常に面白い授業です。社会学の授業 は、主に少年犯罪について専門に勉強します。日本とアメリカでの少年犯罪への見方の相違点などがわかり、これも興味深いです。日本にはこれだけを扱う授業 がないので、珍しいと思います。ESLは、大学院レベルなので、非常にきついです。学期末までに、リサーチペーパを提出しなければなりません。今のとこ ろ、授業についていくこと、宿題を提出することなどで、バタバタと余裕がありません。でも、日本の大学で勉強していた時よりも、かなり充実した日々を送っ ています。

最近、自転車を買いました。暇を見つけては、キャンパスめぐりをしています。天気がよければ、スケッチもしてすごしています。 キャンパスは美しく、とても気に入っています。緑の中をリスがあちこち走り回っていますし、時にはアライグマ、野ウサギを見ることもあります。休日は、教 会へ行ったり、ショッピングをしたり、ミュージカル、映画など見に行くなどして楽しみを見つけては出かけるようにしています。

英語につい ては、会話レベルでは、苦労はないのですが、やはりディスカッションのクラスとなるとかなりストレスがたまります。他の学生が何を言っているのか聞き取る ので精一杯です。もっと、参加できるように、英語力をつけていきたいと思いました。でも、こちらの大学は、留学生が多く外国人慣れしているせいか、少々英 語がおかしくても、笑われることがありません。きちんと聞いてくれます。生徒が外国人の生徒にに対して、比較的温かい態度で接してくれているように思いま す。そういった点で、この大学は留学生にとって過ごしやすい場所であると感じました。

今は、余裕がなく大変なことも多いですが、何もかもが興味深いことばかりで、全てが勉強になっています。このような機会を与えて下さったJICの皆様へ心から感謝したいと思います。これからもどうぞよろしくお願い致します。

2000年9月29日
武田 麻美(東京外国語大学3年)