長谷川貴也さんの2007年10月分奨学生レポート

JIC奨学生の長谷川 貴也さんからの2007年10月分奨学生レポートをお届けします。

長谷川さんはカヌーの授業を取ったり、ミニオリ ンピックに参加したり、とイリノイ大学の環境を活かしてスポーツを楽しんでいるようです。スポーツと言えば、UIUCの広いフィールドやジムなどで気分転 換をされていた方も多いのではないでしょうか。それでは、長谷川さんの文武両道な奨学生レポートをお楽しみ下さい。


2007年度JIC奨学生として八月から留学させていただいております、慶應義塾大学経済学部4年の長谷川貴也と申します。大学1年時に訪れたアメリカで大きな衝撃を受け、彼らと同じ環境で勉強してみたいという気持ちがきっかけで留学を決意いたしました。出発前には多くのJICの方々が叱咤激励してくださり、到着後も訪問してくださった小助川さん、郡司先生を始め日本館の関係者の方々に多くのアドバイスをいただきありがとうございます。これから1年間ニュースレター、奨学生レポートという場をお借りして、こちらでの経験をお伝えしていきますのでよろしくお願いいたします。現在こちらでは、急激に寒くなり始め、未知のイリノイの冬を前に戦々恐々といった感じです。それ以外に関しては何の不安もなく、外部と遮断されたキャンパスタウンでの生活を楽しんでいます。こちらに到着後、何もわからず困ったとき、JICの過去のレポートを幾度となく、参考にさせていただきました。そのレポートを、大学内のユニオンで今書いていると思うと不思議な気分になります。8月10日に日本を離れ紹介してもらった方(友人の、知り合いのシアトル時代の隣人の兄弟)のもとで10日間シカゴでお世話になった後、シャンペーン入りしました。そこで思った以上に英語が通じないことに戸惑ったのは2ヶ月前のことです。その間今までに無い経験をしました。何から書こうか迷ってしまいますが今回は思いつくままにレポートさせていただきたいと思います。●授業について授業について

履修登録では、教授の許可を得られていたものの、ビジネスの授業がadviserに認められず、またその理由が交換留学生であるからとしか説明されず、その対応に多いに不満をもちました。ならばと開き直り、とことんリベラルアーツを満喫することにしました。その結果、どの授業も興味深いものとなり、で非常に満足しています。今学期の履修ではESL115 (academic writing), SOCW200( intro to social work), ECON102(Micro Economics), GEOG/BA 205(Business location decision making), KIN107(Canoeing) の5コース13単位を選択しました。取りたい授業は他にもあり、専攻科目である国際経済を取ろうかとも考えましたが、自分の英語力の無さに直面したため、来セメスターに回し今学期は英語の改善に重点を置くことにしました。ただレベルを抑えて履修したとはいえ、質、量ともにハードなソーシャルワーク、テキストを使わない上、教授の文字が読めない都市経済学などはかなり苦労しました。授業の理解度は科目や内容によって1割の日もあれば8割の日もありますが、徐々に聞けるようになっているという手応えがモチベーションに繋がっています。

カヌーの授業KIN105では他の授業と異なり、毎週湖に出かけたり、川に日帰り旅行に行ったりと想像以上に時間をとられましたが、人命救助、自然環境、船のデザイン などの話を交えつつ楽しく過ごすことができました。なにより仲良くなったメンバーで毎週移動中に会話できたのが良い思い出です。ESLで良かったのは多く の留学生と毎日会えるのが楽しく、ライティングの形式を学ぶ以外にも会話の時間が多く楽しみながら通っています。

●寮生活について

寮の食堂にてPAR の中にあるIntersection living learning community で暮らしています。この寮の特徴を挙げると、遠い、クーラーがなく夏暑い、1年間食堂が改装中で使えない、さらに朝7時半になると工事のドリル音が響くな ど悪い点しか思い浮かびません。それでも何故か居心地が良く寮に関しては楽しい思い出ばかりです。オーストラリア人のルームメイトは自分とタイプは全く異 なりますが、朝に弱いところは共通していて、毎日「明日は起きる!」とお互い誓いながら2人とも昼まで寝ているなんてこともたまにありますが。お互いフロ アで数少ない交換留学生ということもあり、良いコンビかもしれないと最近思います。寮での出来事イベントを挙げればきりがないので簡潔に述べさせていただ きます。実は最初は言葉が不自由なだけでなく、人種の壁を感じることが多く、フロアメイトと揉めたこともあったのですが、徐々に一体感がでてきました。ア メリカ育ちの日本人達に本当に助けられ、韓国人に励まされ、といった感じでそこからネットワークが広がっていきました。よくあんなひどい英語で友達ができ たなぁと思うのですが、これも彼らがきっかけを与えてくれたおかげです。寮では本当に出会いに恵まれていて生活の大部分を占めています。食事に関しては今 もですが、まずいまずいと言いながらアメリカ人以上の量を食べている気がします。また、深夜に韓国系のスーパーで買ってきた大量のカップ麺を韓国人達と食 べるのもひとつの楽しみです。食事に関してもどちらかというとアメリカンフードを楽しんでいるというべきかもしれません。

●Mini‐Olympic

ミニオリンピック

9月の終わり頃には、さまざまな団体が寮や国ごとにチームを作って8種目のリレー競技を行うオリンピックに日本人チー ムとして参加しました。ちなみにオリンピックと言っても種目は身体能力だけでなく作戦、チームワークが重視される競技が中心でした。(主力は韓国人でした が)軽い気持ちで参加したのですが、前日から作戦会議、代表選考など監督の力の入れようが凄まじく、真剣勝負でした。他国の気合も同様に凄まじく、アメリ カのパワーをみせつけられた気がしました。そんな中で、結果は36チームが参加したなか、final4まで勝ち残り最後は綱引きで惨敗したものの、堂々の 銅メダル獲得でした。このイベントでは初対面の人ばかりでしたが、アメリカ育ちの日本人、交換留学生、大学院生、日本語を勉強中の学生などが1つになり、 自分が日本人だということを一番意識した日でした。

●スポーツ
前述しましたオリンピックもそうですが、こちらに来たばかりの頃、スポーツが本当に心の支えとなってくれました。授業開始直後、留学生 向け、新入生向けパーティーなどのイベントがほぼ毎日開かれ、何かしらに絶えず参加する日々が続きました。正直それ自体はすごく楽しかったのですが、毎日 ひたすら自己紹介をするにに疲れ、だんだん人との出会いが面倒に感じるようになったこともあります。ですがサッカーなどスポーツを通じて出会った人たちに は英語が聞き取れなくとも、いつも以上に積極的に(悪く言えば強気)コミュニケーションが取れる自分がいることに気づきました。週末プレーしたサッカー リーグ戦、ほぼ毎日行われるcrceでのインドアサッカー、寮での卓球など、勝負に熱くなりやすい自分にとってはそういう場での出会いは貴重な出会いの場 となっています。プレーするだけでなくフットボール、女子サッカーなどカレッジスポーツの応援も大いに楽しんでいます。今年度はフットボールの調子が良 く、現時点で6勝3敗。全米ランキングにも名を連ねるなど、観ていて楽しめる試合が続いています。バスケットボールもあの神様と呼ばれたマイケルジョーダ ンの息子ジェフェリージョーダンが今年の1年生におり、これから盛り上がりそうです。カレッジスポーツだけでなく、メジャーリーグも日本人選手が活躍して いることもあり夢中になっています。スポーツ好きの私にとってシャンペーンは観る分にもプレーする分にも申し分の無い環境です。

このよう な感じで日々暮らしていますが、今の自分の不甲斐ない語学力を認識し、その点だけは危機感を保ち続けようと思います。環境が整ってまだまだ生活が楽しくな るという予感がしますが、会話が上達することでその幅も更に広くなると改めて痛感しているところです。また、ここまでの2ヶ月は様々な団体が開いてくれる イベントに参加することで楽しみを享受してきました。ですが自分で何かやりたいという気持ちが強くなっているのを感じます。これから新しく始めようと計画 していることがあるのですが、それについてはまた次回伝えたいと思います。イリノイの寒い冬に負けてはいられません。全力でぶつかり、駆け抜けていきたい と思います。

以上まとまりのない文章になってしまいましたがお許しください。これからもご支援の程よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す