鈴木博達さんの帰国後奨学生レポート

JICの皆様、いかがお過ごしでしょうか?遅くなってしまいましたが最終の留学レポートを報告させていただきます。今回は留学期間の終わりと、今になって振り返った感想を書かせていただきたいと思います。

留学期間を終えて

5月にテスト期間の終わりは同時に、イリノイ大学での留学生活の終わりでもありました。最後のテストが終わるとすぐに、1年間でたまった荷物をまとめ、小さな引越しの準備が始まりました。もっともアメリカの学生も夏休みには実家に帰るので、彼らにとっても引越しのシーズンであり、キャンパスには大量の荷物を積んだ大型車があふれていました。

5月15日にキャンパスを後にし、数日間友人の家で過ごした後、ニューヨークのニューアーク国際空港を発ち、アメリカを後にしたときには、やはり感慨深いものがありました。幸い最後の日まで携帯電話は使えたので、空港のセキュリティゾーンから友人たちに電話していたのを覚えています。

chicago.JPG

シカゴの町並み; 出発前

ヨーロッパ旅行

アメリカを後にしてからは、かねてから行ってみたかったヨーロッパをじっくり回ろうと思い、1ヶ月以上かけてヨーロッパの10カ国以上を周遊しました。実は留学に行く際、このヨーロッパ旅行のことも考えて世界一周旅行券を買っていたのです。アメリカで大量の食事に慣れていたせいで、心なしかレストランでの食事が少なめに感じました。

ヨーロッパ旅行の中で、スペインに立ち寄り、そこでは昔のルームメートと再会することができました。彼には彼の友人とバレンシアを案内してもらうことができ、家に泊めてもらったうえにパエリアまでご馳走になりました。1年学んだだけの私のスペイン語では、彼の友人や家族とはなかなか意思疎通が困難なこともありましたが、非常に楽しい時間をすごすことができると共に、やはり留学してよかったな、と感じました。

valencia.JPG
バレンシアでのルームメートとの再会

始まりとしての留学

そんなわけで私の海外での10ヶ月間(と、その後のヨーロッパでの1ヶ月間)に終わりを告げるときがやってきて、7月1日の夕方に飛行機は成田空港に到着しました。うれしく思ったことは、イリノイ大学の留学をきっかけに出会った友人と今でも交流があることです。JICの総会をはじめとして、夏休みの間に何度もイリノイ大学であった友人と会い、共にイリノイ大学を懐かしみました。また近いうちに再び、イリノイ大学の友人たちを訪れるだろうと思います。

経験を通して得たもの

10ヶ月間の留学を終えた今、その経験を振り返ると、一番変わったのは、自国文化以外に「日常」を感じることができるようになったことだろうと思います。大学への留学というものは、海外でその国の社会の一部として暮らすという点において、海外赴任や語学学校への留学などとは異なります。私は2007年にフィリピンで1ヶ月間語学学校に通いましたが、そのときには当然「外国人としてどれだけ英語が話せるようになるか」ということで評価をされました。しかしイリノイ大学にいる期間は、「文化・言語等の背景は別として、イリノイ大学の学生として、どれだけ授業内容が理解できているか」が問われました。両者のステータスの違いを考えればまったく当然のことではありますが、一時でも他の文化圏の構成員として生活したことで、「外国」というものが「非日常」ではなくなりました。

この留学を始める前から、大学生活を通して海外を旅しその土地の文化に触れてきましたが、それはあくまでも「非日常」を体験することで、その文化を外から眺めるのが目的でした。先に書いた通り、イリノイでの留学生活が終わった後、ヨーロッパを1ヶ月間強旅行しましたが、そこでもその文化に浸ったわけではなく、やはり「どんなものだろうか?」とそれを覗いていたような気がします。自国文化の外の文化に「浸かる」には、同じ土地に一定期間滞在し、その土地の人と同じように扱われることが不可欠なのでしょう。

「その土地の人と同じように扱われる」ということは、留学のような機会以外になく、それはキャリアを形成していく上で徐々に困難になっていくでしょう。旅行や出張で海外に行ってホテルに泊まる機会はこれからもきっとありますが、イリノイ大学の寮で大学の友人と雑魚寝するような機会は少ないと思うのです。この10ヶ月間はそれだけ貴重だったのだな、と今改めて実感するとともに、そのような機会を与えてくれたJICの皆様に、改めてお礼申し上げ、レポートを締めくくらせていただきたいと思います。ありがとうございました。

wisconsin.JPG
ウィスコンシン到着時の様子