近藤千鈴さん2011年5月分レポート

JICの皆様、こんにちは。2010年度奨学生の近藤千鈴です。
このレポートを書いている現在は既に学期も終わっているのですが、今学期のことを思い出しながら、第三回目のレポートをお届けしたいと思います。
まずは、今学期に履修した授業のファイナルまでの総括をお話しします。

繰り返しになりますが、今学期に履修した授業は以下の通りです。

  • AAS258 Muslims in America
  • AAS315 War, Memory, and Cinema
  • ANTH363 Anthropology of Dance/Movement
  • ART191 Experimental Photography
  • UP204 Chicago: Planning Urban Life

AAS258 Muslims in America

今 学期、非常に楽しんだ授業のひとつです。授業への参加、2回のプレゼンテーション、2回の持ち帰り試験、そして最終課題で評価が決まります。この授業で は、教授が意識的にテーマも調査方法も違う文献を、課題として取り入れているのが印象的でした。具体的には、歴史学者が書いた、奴隷貿易時代にアメリカに 連れて来られたムスリムが、新大陸での生活に適応するまでの研究、同じ奴隷貿易時代に関する文献でも、社会学者によるムスリムのアイデンティティーの問題 を扱った研究、また人類学者の9.11後の女性のムスリムの現状を調査したエスノグラフィーなどです。おかげで、授業内でムスリムに関する様々な研究を幅広く学ぶことができました。
9.11のテロは、世界中のムスリム研究の流れを完全に変えました。そういった意味で、ムスリム研究というのは、今非常にHotで、重要な分野と言えます。9.11後の文脈の中、研究の中心地とも言えるアメリカで、現地の学生と議論し、学ぶ機会が持てたということは、私にとってとても意義のあることでした。

AAS315 War, Memory, and Cinema

当初の印象通り、discussionに重点が置かれた授業でした。出席、授業中の発言、プレゼンテーション、毎回の宿題や映画に関する提出課題が評価対象です。300番台、400番台にdiscussion中 心の授業は数多くありますが、生徒の議論への参加度、また全体としてのディスカッションの充実度、という意味ではこの授業は非常に質が高かったです。基本 的に、履修している40人ほどの全ての学生が、一回の授業で少なくとも2-3回は発言の機会を与えられます(というより、発言させられます笑)。当初は、 リスニング面の不安から、議論の細かい内容が把握できず、教授に”Kondo?”と発言を促されるのを戦々恐々たる気持ちで待っていることもありました。それでも回を追うごとに、他の学生の議論に対する疑問を元々の自分の解釈に加え、授業で発言していく、という良い循環が作れたように思います。
授業で扱ったのは、広島を舞台に、戦争の記憶と忘却を描く仏映Hiroshima, Mon Amour、アルジェリア独立運動の思想的指導者であるファノンの著作と、独立戦争を基にした映画、ポルポト政権時にアメリカに逃れたカンボジア難民のその後の強制的な国外追放を扱ったドキュメンタリー等、どれも興味深いものばかりでした。

s_sentencedhomeflyer1.jpg

1.授業で観たカンボジア難民のドキュメンタリー”Sentenced Home”

ANTH363 Anthropology of Dance/Movement

今学期、唯一履修した文化人類学の授業です。評価基準は、授業の出席、課題の文献をまとめる計10回の課題、それに期末試験です。授業は、フィールドワークやエスノグラフィーといった人類学の方法論の再考から始まり、どのようにダンスなどの人の「動き」を記録するのかという問題、また教授の専門分野であるアメリカの先住民Nakotaの人々の使うPST (Plain Sign Talk)という言葉とジェスチャーが混ざり合った会話法などを学びました。2週間に一度のペースで提出する課題があるのですが、もともとの指示に加え、教授が毎回文法・内容にともに細かい添削をして返してくれるので、評価基準が分かりやすかったのは助かりました。
興 味深かったのは、ダンスや手話を初めとする身体文化が比較的研究されてこなかった背景には、西洋の二元論的な考えがある、ということです。つまり、概念や 理論の形成といった精神の活動こそが高次的で重要なものであり、それに対し身体というのは一段低い、研究対象として取るに足らないものと見なされてきたと いうことです。より概念的で抽象的な主題の方が人気がある、ということは他の授業でも感じていたことだったので、そういった従来とは違う視点から切り込む この分野は、ある意味チャレンジングでまだまだ可能性がある研究だと思いました。

ART191 Experimental Photography

今学期、予想以上に準備と課題に時間を費やした授業です。一週間にフィルム1本のペースで撮影し、暗室でフィルムを現像、最終のプリントまで行ってくる、というのが典型的な一週間の課題でしたが、十分な時間を割かないと、授業前の週末に困り果てることになりました。
カメラは主にDianaと いうトイカメラを使い、白黒写真を撮りました。プラスチック製のレンズを使い、作りは非常に原始的で単純ですが、光の加減をちゃんと調整することさえでき れば、十分良い写真を撮ることができます。この授業では、いかに写真を撮るか、ということ以上に現像段階での技術を学ぶことが重視されました。最終のプリ ントで得られるコントラストの強さや、影の部分の濃淡、明るさの違う二つの被写体などを、自分でどのように調節するかということですが、これがなかなか難 しく、半日以上暗室に籠もって作業することも度々ありました。最終の成績を決めるのは、二回のポートフォリオと生徒の自己評価のエッセイです。

s_216772_10150554525015643_690100642_17880683_972177_n.jpg

2.FollettsBookstoreの一角を借りて行った写真展

UP204 Chicago: Planning Urban Life

都市計画というものは、私にとって未知の分野だったのですが、シラバスを見てよく計画された授業だという印象を受け、受講しました。毎週のデータ解析や地図 作製ソフトを使ったちょっとした課題やレポート、ディスカッションへの参加、中間テストと学期末のレポートが評価対象です。
シ カゴをケーススタディとして、街の成立から水上・陸上輸送の要地としての発展、現在の街の原型を作った19世紀の大火後の都市の再建や、それに続く都市問 題、さらには戦後の人口流出に伴う危機をどう乗り越えたか、という街の発展において重要な契機を、時間軸に沿って学びました。さらに、シカゴを通してアメ リカの都市の抱える課題を考察することも授業の目標でした。
授業は毎回興味のある内容というわけではなく、週一回のディスカッションの授業も正直あまり助けにはなりませんでしたが、カリキュラムがよく練られしっか りしていたので、一学期の間に重要なトピックを包括的に学べたと思います。個人的にはアメリカの都市と郊外の発展、それに伴うスプロール現象、その後の衰 退と問題の顕在化までの背景が学べたことが収穫でした。

東 日本大震災に際して私は友人からのメールで第一報を受け取り、その直後はわけがわからず、ただ流れてくるニュース映像に圧倒され、驚愕し、自分の無力さを 感じるばかりでした。その後の1週間は、友人や教授を含め、会う人会う人に家族や友人は大丈夫なのかと聞かれました。海外にいると、私の他に日本人の知り 合いがいない周囲の友人にとって、私はある意味日本そのもののようで、彼らは私を通して日本のことを考え、話をしているところもあったのだと思います。彼 らの心遣いや素朴な見舞いの言葉をありがたく感じると同時に、私は幸いながら地震で被害を受けた身内や友人などはいませんでしたが、このように繰り返し聞 かれるのは、知り合いが被災された人にはつらいだろうとも思いました。
地 震の発生直後の学校新聞の記事では、募金をしようと考えている人が全体的には非常に少ないということでしたが、日本人学生が中心となって行った募金活動 や、日本館の献茶のイベントでは多くの人が集まって募金しているのを目にし、アメリカに根付くチャリティー精神を感じました。

今学期は最後の学期でもあるので、授業以外では、色々な機会を逃したくないと授業の合間をぬって、イリノイ大卒業生でもある著名な映画評論家Roger Ebertの主催する映画祭に友人と出向いたり、先学期から顔を出していた写真部の展覧会に参加したりしました。また今学期は写真の授業のために、被写体を求め当てもなくシャンペーン・アーバナ地区を歩き回ったので、町の様々な場所を発掘したように思います。
そ の一方で、授業が忙しくなればなるほど個々の友人と会って話す、ということが億劫に感じることがありました。そういう意味で寮の友人は、別段会おうと努力 しなくても顔を合わせ、一緒にご飯を食べて雑談ができる、貴重な存在でした。人と話すのは苦ではなくても、慣れてうち解けるには時間のかかる性分なので、 正直もう少し時間をかければ、もっと多くの友人と良い関係を築けた気もしますが、イリノイで特に親しくしていた友人とはこれからも連絡を取っていきたいと 思います。

授業が中心の内容になりましたが、今回のレポートは以上です。次回のレポートではファイナルや留学のまとめなどをお伝えできればと思います。

最後に、留学の間遠い日本から応援してくれた家族と友人達、そして貴重な機会を与えて下さったJICの皆様にもう一度感謝の気持ちを述べて、第三回のレポートを締めくくりたいと思います。