永見陽子さんの2001年10月分レポート

jicmlメンバ各位,

古市 (’92-94 MS in Computer Science)です.

秋学期からJIC奨学生としてUIUCへ留学中の永見陽子さんからのレポートが
届きましたので,皆さんにフォワードします.永見さんは北海道大学農学
部応用生命科学科の3年生で,講義だけではなく実験のコースも取りたい
言って渡米されました.レポートによると,早速研究室の実験器具の管理
をするバイトをはじめたようです.

では,レポートをお楽しみ下さい.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2001年度10月分レポート
永見 陽子
nagamiyoko@excite.co.jp
北海道大学農学部3年
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

10月に入ってシャンペーンもだいぶ涼しく(寒く?)過ごしやすくなりま
した。とはいってもここ数日は夏の再来のように暑いですが。
週末のフットボールゲームまでこの陽気が続くことをみんな願っています。

8月中旬にこちらに着いたのでまだ1ヵ月半しか経ってないのですが、もう
すでに1年くらいいるような錯覚を受けています。着いてからの数日手続き
に奔走した日々などもう忘却の彼方です。

授業の履修は幸い全て希望通りにとれました。
日本では農学部の応用生命学科というバイオテクノロジー関連の勉強をし
ていたのですが、こちらには対応する学部はないので農学部の農薬のクラ
スと微生物学の実験の授業をとっています。どちらも300番台ですが、日本
で身につけた基礎知識のおかげでそう苦労することもないです。日本でも
論文等は英語で読んでいたことだし。実験は学生30人に教授1人、TA3人も
ついているし、なにより日本では洗って何度も使っていた器具も使い捨て
で贅沢な気分を味わっています。

来学期もあることだし、ということで専攻の授業は2つだけであとはお遊
び授業をとって楽しんでいます。
1つはアフリカ言語のリンガラ語で、今まで習ったことのある外国語(英
語、フランス語、イタリア語)と比較すると格段にやさしいのですが、頭
よりも筋肉に栄養の行き届いたフットボール選手がクラスにたくさんいる
のでなかなか先に進みません。
もう1つは自分の住んでいる寮(Global Crossroads)で開講されている
クラスでポストモダン映画をみてディスカッションをする、というもので
す。先週は黒澤監督の羅生門でした。ほかにも面白そうな映画 (Being A
John Malcovich、12 Monkeysなど)をみる予定なので楽しみです。

私はPAR(Pennsylvania Residence Hall)というキャンパスの南のはず
れに住んでいます。Global Crossroadsというのはこの寮Saundersの2,
3階の住人からなるコミュニティで、120人中約半分がアメリカ人、残り半
分がその他の国からの学生、という構成になっています。
テーマが国際交流なだけに様々な催し物があるし、ここに来たばかりの留
学生が多いのでみんな仲良しです。一緒に買い物したり、週末にはバーや
フラタニティのパーティに行ったり。今月はミュージカルのRENTを見に行
くのと、Six Flagsという遊園地に行く予定です。

日本ではほぼ毎日のように実験の授業があったのでこちらでもそうしよう
かと思ったのですが、そうすると土曜も授業を取らなくてはならないので
やめました。そうしたら結局週2回しか実験していなくて寂しいので(私は
実験中毒者です)、研究室でバイトを始めました。
まだ始めたばかりですが、ガラス器具を洗ったり、溶液を作ったり、実験
植物の管理など、まったく苦にならないです。Plant Biologyの研究室で
私の専攻に近いことをしているので、そのうち慣れたらもう少し研究に関
係したことも手伝わせてもらおうと思っているところです。

こっちに来て一番物足りないのはやはり食事です。
寮の食事にはすぐに飽きました。
アメリカ人の友人にアメリカの食事のまずさを責めると、
「寮の食事はアメリカ人にとってもおいしいものじゃないのよ」と言われ
ました。たまに行く韓国料理店と中華料理店の配達が涙が出るほどうれし
いです。札幌ラーメンが食べられないのがなによりも残念ですが。金曜の
お昼限定のBusey Evansという寮のSpecialty Restaurant ”Oodles”
(パスタやビーフンなど麺類が出ます)がせめてもの慰めとなっています。

あとこっちに来て懐かしく思うのが都市の雑踏です。
9月のはじめにシカゴに行ったとき、チャイナタウンの食事もうれしかった
のですが、なによりも高層ビルをみて実家に帰った気分がしました。

9月11日にテロ襲撃事件以来、愛国心の高まりやGod Bless Americaといっ
たキリスト教関連の発言にはかなりうんざりしています。この大学は全米
でもレベルの高いほうだし、外国からの学生も多いというのに、Daily
Illini(学校新聞)に「アフガンにさっさと戦争しかけろ」「無神論者は
これを機会にキリスト教に改宗すべきだ」等の投稿が寄せられるという事
実に愕然としました。(もちろんこれらの過激な意見には反論が寄せられ
ましたが。)まあこの事件がなかったにしても、ここに来た以上宗教に無
関心になるわけにはいかないことを痛感していましたが。

上記のシカゴに行ったとき、道中シンガポール人、アメリカ人、中国人の
友人といつのまにかキリスト教、神についての話題になったのです。
私は無神論者なのですが、ほかの人はみなクリスチャンだったので、キリ
スト=神という前提で討論が始まったのに面食らいました。
みんなよくしゃべる人たちだったので疲れましたが、逆にこんな議論は日
本人同士ではなかなか成立しないものなのでよい経験だったと思っていま
す。寝不足で途中休憩をとるはずだった運転手の子も議論のあまりの白熱
ぶりに一度も眠くならず、しかもシカゴ – シャンペーン間1時間40分とい
うはやさで帰ってきてしまいました。

というわけで、私は平日は勉強(ちょっと怪しいですが)、週末は遊びに
励んでおります。ただ寒くなったらこうしょっちゅう遊びに出かける気が
しなくなりそうで怖いです。車持ちの友達を大事にしないといけませんね。

それでは。

松尾郁美さんの2001年10月分レポート

jicmlメンバ各位,

古市 (’92-94 MS in Computer Science)です.

秋学期からJIC奨学生としてUIUCへ留学中の松尾郁美さんからのレポート
が届きましたので,皆さんにフォワードします.

松尾さんは一橋大学の4年生で,一橋では国際経済学(国際貿易)を専攻
されていたそうです.渡米してからの2カ月で様々なハプニングに遭遇し
ながらも,自力で問題解決して元気に留学生活を送っているようです.既
に東京のビル群がなつかしいと思っているようですが,とうもろこし畑に
囲まれて暮すという体験はめったに味わえるものではありませんから,是
非とも色々な楽しみを発見して頑張って下さい.例えば,IMPEのプログラム
に参加して汗を流すってのも1案かと思います.

http://www.campusrec.uiuc.edu

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞
2001年度10月分レポート
松尾 郁美
一橋大学経済学部
∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞

こちらに来てから今まで、ありとあらゆるハプニング続きで毎日本当に
あわただしく過ぎてしまいました。着いた二日目の夜に計三度も火災警報
のベルにたたき起こされたり、その数日後にはトルネード警報で地下室に
二時間も待機させられたり。そして三月に買ったばかりのパソコンが何故
か故障してシャープUSAに送る羽目になったり、先日のアメリカへのテロ
の影響で日本からこちらの銀行に送金が出来なくなってしまい、寮費を支
払うためにシティーバンクのATMから大量の現金を引き出してこちらの口
座に移し替えたり、とたくさんの不運に見舞われました。先週はミッドター
ムの嵐で、今はやっと落ち着いたところです。と書きたいところですが、
ミッドタームが終わってさっそくLAR からSHERMAN に引越し、もうじき着
いてから二ヶ月がたとうとしているのに未だにあわただしい毎日です。

授業はESLのほかに、統計学、経済学、スピーチコミュニケーションを
取っています。統計学は日本と違ってEXCELを使ったり、グループプロジェ
クトをしたりしています。グループプロジェクトでは先日、日曜日に午後
3時から10時まで合計7時間にも及ぶミーティングをしました。経済学
は、women in the labor market というものを取っているのですが、日本
の大学、とりわけ私の通っている大学の経済の授業では決して開講されな
いような内容であり、しかも私が卒論で書こうとしているトピックなので
とても興味深いです。しかし、驚いたのは、先生は男性、生徒も半数は男
子学生なんですね・・・。スピーチコミュニケーションはパワーポイント
などを使いながら効果的なpublic speaking を学ぶ、というもので、割り
当てられた日にそれぞれがプレゼンテーションをするのですが、私として
はかなりしんどい授業です。周りはほとんどネイティブですが、先生は私
が外国人だからといって情け容赦ありません。ネイティブと同じ物差しで
計られます。

シャンペーンは想像以上にローカルで、外界から閉ざされている感があ
ります。先日のAttack on Americaでも、2,3日はキャンパス全体が騒
然とした雰囲気に包まれていたような気がしますが、私のとっているクラ
スではESL以外まったく事件についてのディスカッションはなされなかっ
たし、ディスカッションをするより授業を休講にしてほしいと考える生徒
が多かったのにはびっくりしました。ここでは、インターナショナルス
チューデントのほうがやはり、よく世界に目を向けているのだな、という
ことを痛烈に実感しました。しかし、大学側のほうは、いち早くアメリカ
人学生や留学生を対象にしたカウンセラーを設け、学生の精神状態の安定
化を図ろうとしていたので、その辺はさすがアメリカだな、と感心しまし
た。

また、ここはローカル故にこれといって勉強を妨げるような娯楽もない
ので、勉強に集中するのには最高の環境といえます(笑)。しかし、やは
り少々、いや、大分(?)東京のビル群、ショッピング街、喧騒がなつか
しいです。

ミッドタームと引越しも終わってほっとしているのも束の間。来週はま
たプレゼン、テスト、プロジェクトに忙殺される日々となりそうです。し
かもここ数日天候が思わしくなく、雨がちなので、ともすると憂鬱になり
がちですが、休みの日などに楽しみを作るなどして、うまく気分転換をし
ようと思っています。それでは。